パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

windows10 デスクトップの設定/使い方/問題解決

  • 通知音の消し方とサウンドの変更
    Windows10 の全ての通知音を消す方法は、コントロールパネルのハードウェアとサウンドからできます。通知音の変更もこちらからできます。アプリ毎に通知音を消す方法は「通知とアクション」から個々に設定をします。
  • 通知のポップアップを消す「ON OFF」
    Windows 10 通知を消す方法は、設定の通知をアクションから簡単に無効にできます。 初期値では通知が現れるようになっていて、この通知は「表示ON 非表示OFF」で操作ができます。他にも基本的な通知の設定もできます。
  • ウィンドウ枠の表示と色の設定
    Windows10 の初期設定では、ウィンドウ枠は影のみの表示で枠を表示する設定になっていないので、タイトル部や境界がはっきりしていません。ウィンドウ枠の表示と色の設定は個人設定から操作することができます。
  • 最近使ったものを 非表示、表示、削除する方法
    Windows10 のスタートメニュー、エクスプローラー、タスクバー、3つの場所の最近開いたものの表示設定は個人用設定から操作できます。またタスクバーの最近使ったものの表示を個別に削除することもできます。タスクバーのジャンプリストに最近使ったものを表示または非表示にする方法は、個人用設定から操作できます。また最近使ったものの表示は個別に削除することもできます。
  • タスクバーが白くなった時の戻し方
    Windows10 のアップデートなどで、タスクバーが白色になる場合があります。タスクバーを以前の黒に戻す方法は、設定の「色」から簡単に操作することができます。他にもダークモードの設定もできます。
  • 標準機能で画面録画の動画とキャプチャを撮る方法「スクリーンショット」
    Windows10 の標準機能のスクリーンショットが強化され、簡単にパソコンの画面を動画で録画するこができます。また、全画面や指定ウインド画面に加え、範囲を指定して画面をキャプチャするこもできます。
  • 画面キャプチャツール「Snipping Tool」の使い方
    Windows10 では画面キャプチャアプリ「Snipping Tool」がで標準で搭載されています。Snipping Tool でキャプチャを取れば、直ぐにキャプチャ画像が表示されペンツールで画像にスケッチを書いたり、消しゴムで部分削除などができます。
  • キャプチャと編集「切り取り&スケッチ」の使い方
    Windows10 は画面キャプチャアプリ強化版「切り取&りスケッチ」が搭載されています。従来と同様にキャプチャを取れば、キャプチャ画像の編集画面が表示され、スケッチを描く機能もかなり強化されています。
  • ズーム機能を超簡単に起動-拡大鏡の使い方と設定
    Windows 10 に搭載されているズーム機能「拡大鏡」の使い方や各設定の説明とキーボードのショートカットキー操作の紹介。拡大鏡はキーボード操作で簡単に起動できます。Ver.2004から音声読み上げ機能も追加されました。
  • ゴミ箱の設定と場所
    Windows10 のゴミ箱は、削除時に確認画面を表示させたり、ゴミ箱の容量や自動でゴミ箱を空にする期間、ゴミ箱に入れず完全に削除させるなどの設定ができます。ゴミ箱の場所は$Recycle.Binフォルダです。
  • ゴミ箱が消えたときの復元方法
    Windows 10 のゴミ箱が消えたときの「アイコンの復元方法」または非表示|表示の方法です。「ゴミ箱アイコン」が突然消えた、またはゴミ箱を消したい、コンピューターのアイコンを表示したいなど「デスクトップアイコンの設定」で操作できます。
  • 画面中央に[A] [あ]の通知が表示されない
    Windows10 文字入力の切換えをしたときに画面中央に[A] [あ]が表示されない場合、Ver.1909以前ならIMEの設定。Ver.2004以降ならIMEのダウンバージョンで表示できる場合があります。
  • OneDrive の更新の通知を消す|更新プログラムが必要です
    Windows 10 OneDrive の更新の通知を消す方法。 自動起動の無効またはアンインストールをして、「更新プログラムが必要です」の通知を消すことができます。 更新プログラムがインストールできない場合は、再インストールします。
  • 壁紙の変更と設定
    Windows 10 のデスクトップの壁紙の画像の変更や単色に変更、またはスライドショーにする方法は、個人用設定から操作します。画像のならファイルを右クリックしたメニューから直接壁紙を変更できます。
  • 壁紙の場所は【ユーザー用・Windows 標準・元画像】に分類されている
    Windows10 の壁紙の場所は、ユーザー毎の壁紙と Windows 標準の壁紙がは別の場所で保存されていて、ユーザーの壁紙は ユーザー名のフォルダ内に、デフォルトの壁紙は Windowsフォルダ内にあります。
  • 壁紙が変更できないときの確認と対処方法
    Windows10 の壁紙が変更できないときは、視覚ディスプレイの最適化の設定を確認をします。設定に問題はないが壁紙が変更できない場合は、レジストリの編集で初期値の壁紙にリセットします。
  • 便利な機能 隠しスタートメニュー
    Windows 10 では「Windows」マークを右クリックすると現れる、便利なメニューが隠れています。シャットダウンや再起動、コントロールパネル、ファイル名を指定して実行、コマンドプロンプトなどにクイックアクセスできます。Windowsを使い慣れた方には便…
  • マイコンピューターはどこ?
    Windows10 に移行したら「マイコンピューター/コンピューター」がどこにあるかわかりません。これは名前が「PC」に変更されてるためです。「コンピューターの開き方と、ショートカットアイコンを表示する方法」
  • コントロールパネルの開き方
    Windows 10 の「コントロールパネル」の開き方は、スタートメニューにある「システム ツール」から開きます。また検索ボックスに「コントロールパネル」と入力しても開けます。
  • ウィンドウ枠の幅を太くする
    Windows10 のウインドウ枠の幅は通常の設定では太くできません。Aeroテーマがある場所の既存のファイルをコピーし内容を編集して、そのファイルを追加しテーマを変更すれば太くすることができます。
  • ピン留めを管理している場所
    Windows10 でタスクバーとスタートメニューにピン留めされているショートカットアイコンは、ProgramDataとユーザーフォルダ内のAppDataに、通常では表示されない隠しフォルダ内で管理されています。
  • 残像が残るときの原因と対処方法
    Windows10 でウインドを移動したり右クリックしたメニューなどの枠や表示の残像が残るときは、リフレッシュを実行して消します。まだ残像が残る場合は、視覚効果の設定やPCの環境など原因を調べて対処します。
  • 文字やアイコンを大きくして見やすくする
    Windows 10 の画面の文字やアイコンが小さくて見づらい場合は、文字だけを大きくするなど別々に設定する方法と、画面全体の表示倍率上げて見やすくする方法があります。設定は再起動しても有効なので常に見やすい状態で利用できます。
  • ディスプレイの明るさの自動調整「自動輝度調整 オン|オフ」
    Windows 10 の画面の明るさを固定する方法。 自動輝度調整の設定を「オフ」にすることで、画面の明るさが勝手に変わらないようにすることができます。
  • クリップボード履歴でキャプチャやコピーしたものを保存
    通常のクリップボードは最後ものだけ保存されていましたが、Windows10の「クリップボード履歴」を有効にするれば、画面キャプチャやコピーした画像や文字などの保存が蓄積され、後からでも履歴画面を表示して操作することができます。
  • デスクトップアイコンが表示されない、消えた「アイコンの表示/非表示」
    Winodws 10 のデスクトップのショートカットアイコンが表示されなくなった、または突然消えたりしたなど、アイコンの表示|非表示の設定で、元に戻る場合がありあます。