PCサポート  


  • 通知のポップアップを消す「ON OFF」
    Windows 10 通知を消す方法は、設定の通知をアクションから簡単に無効にできます。 初期値では通知が現れるようになっていて、この通知は「表示ON 非表示OFF」で操作ができます。
  • デスクトップアイコンが表示されない、消えた「アイコンの表示/非表示」
    Winodws 10 のデスクトップのショートカットアイコンが表示されなくなった、または突然消えたりしたなど、アイコンの表示|非表示の設定で、元に戻る場合がありあます。
  • ディスプレイの明るさの自動調整「自動輝度調整 オン|オフ」
    Windows 10 の画面の明るさを固定する方法。 自動輝度調整の設定を「オフ」にすることで、画面の明るさが勝手に変わらないようにすることができます。
  • 便利な機能 隠しスタートメニュー
    Windows 10 では「Windows」マークを右クリックすると現れる、便利なメニューが隠れています。シャットダウンや再起動、コントロールパネル、ファイル名を指定して実行、コマンドプロンプトなどにクイックアクセスできます。Windowsを使い慣れた方には便…
  • 通知の音を消す「通知の音を変更する」
    Windows 10 の全ての通知音を消す方法は、コントロールパネルのハードウェアとサウンドからできます。通知音の変更もこちらからできます。アプリ毎に通知音を消す方法は「通知とアクション」から個々に設定をします。
  • コントロールパネルの開き方
    Windows 10 のコントロールパネルを開く方法は、バージョンによって違いますが、どちらもスタートメニューにある「システム ツール」から開けます。また検索ボックスに「コントロールパネル」と入力しても開けます。
  • 最近使ったものを 非表示、表示、削除する方法
    Windows 10 のスタータ画面及びタスクバーのジャンプリストに、最近使ったものを表示または非表示にする方法は、Windows の設定から操作します。また、最近使ったものの表示は個別に削除することもできます。
  • OneDrive の更新の通知を消す|更新プログラムが必要です
    Windows 10 OneDrive の更新の通知を消す方法。 自動起動の無効またはアンインストールをして、「更新プログラムが必要です」の通知を消すことができます。 更新プログラムがインストールできない場合は、再インストールします。
  • ゴミ箱が消えたときの復元方法
    Windows 10 のゴミ箱が消えたときの「アイコンの復元方法」または非表示|表示の方法です。「ゴミ箱アイコン」が突然消えた、またはゴミ箱を消したい、コンピューターのアイコンを表示したいなど「デスクトップアイコンの設定」で操作できます。
  • マイコンピューターはどこ?
    Windows 10 では「マイコンピューター」「コンピューター」のアイコンの名前が、Windows 8 以降から「PC」に変更されています。他にも「マイドキュメント」の「マイ」を取り除き、単に「ドキュメント」にという名前に変更され、同じくマイピクチャーやマイ…
  • ズーム機能を超簡単に起動,拡大鏡の使い方
    Windows 10 に搭載されているズーム機能「拡大鏡」の使い方と設定内容、拡大鏡をキーボードのショートカットで簡単、高速に起動する方法。
  • 壁紙の設定と変更
    Windows 10 のデスクトップの壁紙の写真を変更する。またはスライドショーにする方法は、個人用設定から操作します。壁紙が表示できない場合はレジストリを編集して修復を試してみます。
  • ゴミ箱の設定と場所
    Windows 10 のゴミ箱は、削除時に確認画面を表示させたり、ゴミ箱の容量や自動でゴミ箱を空にする期間、ゴミ箱に入れず完全に削除させるなどの設定ができます。ゴミ箱の場所は$Recycle.Binというフォルダー内にあります。
  • 文字やアイコンを大きくして見やすくする
    Windows 10 の画面の文字やアイコンが小さくて見ずらい場合は、文字だけを大きくするなど別々に設定する方法と、画面全体の表示倍率上げて見やすくする方法があります。設定は再起動しても有効なので常に見やすい状態で利用できます。
  • 標準機能で画面のキャプチャと動画を録画する方法「スクリーンショット」
    Windows10 では標準機能のスクリーンショットが強化され、全画面やウインド指定の画面コピーに加え、範囲を指定してキャプチャしたり、アプリの画面を動画で録画することもきます。キャプチャをすぐにできる操作方法を紹介!
  • クリップボード履歴でキャプチャやコピーしたものを保存
    通常のクリップボードは最後ものだけ保存されていましたが、Windows10の「クリップボード履歴」を有効にするれば、画面キャプチャやコピーした画像や文字などの保存が蓄積され、後からでも履歴画面を表示して操作することができます。
  • キャプチャ編集アプリ「切り取り領域とスケッチ」の使い方
    Windows10 は新タイプの画面キャプチャアプリ「切り取り領域とスケッチ」が搭載されています。新しいアプリは従来と同様にキャプチャを取れば、キャプチャ画像の編集画面が表示され、スケッチを描く機能もかなり強化されています。
  • 画面キャプチャツール「Snipping Tool」の使い方
    Windows10 では画面キャプチャアプリ「Snipping Tool」がで標準で搭載されています。Snipping Tool でキャプチャを取れば、直ぐにキャプチャ画像が表示されペンツールで画像にスケッチを書いたり、消しゴムで部分削除などの操作ができます。