PCサポート  


windows10 システムの設定/使い方/問題解決

  • 「ファイル名を指定して実行」を開く
    Windows 10では、スタート メニューに [ファイル名を指定して実行]は表示されません。ショートカットキーまたは、Windowsマーク」を右クリックしたメニューから[ファイル名を指定して実行] を開くことがきます。キーボードから開くキーボードで「Wind…
  • 以前のウインドウズに戻す「ダウングレード」
    Windows8系列からではそれほど操作性は変わりませんので、戻すことは無いと思われますが、プリンターなど周辺機器が動作しない、必要不可欠なアプリが使用できない、またWindows7を日常使っている方は、Windows10にアップデートされたパソコンは操作性が…
  • Windows Defenderを完全に無効化する
    Windows Defende を完全に止めて無効化する方法は、レジストリの編集にで出来ます。 一時的に Defende 無効(止める)方法は、設定からリアルタイム保護の「オン/オフ」で操作できます。「Ver.1903対応」
  • 動作が重いときはパフォーマンスオプションを設定
    Windows 10 の初期設定では「視覚効果」が全て有効になっています。 視覚効果を無効にする、または効果を個々に無効にする方法は「システムの詳細設定」で設定ができます。
  • ファイルの関連付けが登録できない「関連付け できない」
    Windowos 10 通常のやり方でで関連付けができない場合、レジストリの編集で修復できる場合があります。別途2018/10/10に配信されたアップデートで関連付けに問題が発生している場合、更新プログラムを削除します。
  • ファイルの関連付けを変更「ファイルが開けない」
    Windows 10 で、ファイルを開くときにの既定のアプリを変更する方法は、ファイルの関連付の操作で設定ができます。ファイルが開けなくなった場合も、ファイルの関連付の設定を行ないます。ここで解説している操作は、ファイルのアイコンから直接既定のアプリを設定します。
  • 既定のブラウザを変更する方法
    Windows 10 の既定のブラウザを変更する方法は「既定のアプリ」にある「Web ブラウザ」で変更できます。初期設定は既定で「Edge」に設定されていますが「Internet Explorer」に変更することもできます。
  • 更新プログラム失敗「アップデートできない」ときの対処法
    Windows10 で更新プログラムが失敗するときの対処方法は、搭載機能の「トラブルシューティングツール」、または「マイクロソフト社提供のツール」をダウンロードして対処します。またディスクの空き容量不足も原因のひとつです。
  • プログラムの削除「アプリのアンインストール」
    Windows 10 でプログラムを削除する方法。 アンインストールの方法はいくつかあり、 設定から削除、コントロールパネルから削除、アプリによっては、スタートメニューから直接削除できるものもあります。
  • スリープでマウスやキーボードが反応しない
    Windows10 がスリープ状態から復帰の際に、キーボードのキーを押しても、マウスを動かしても反応がないときの解決の方法は、スリープ状態でも「USB接続機器」の電源供給ができるように設定を変更します。
  • キーボードの設定「英語、日本語、その他の言語のキーボードの追加」
    Windows10 のキーボードの設定を変更する方法は、「設定」にある「地域と言語」から変更できます。この設定から、通常つかうキーボート以外に、他国語のキーボードの追加もできます。
  • ドライバーの削除「デバイスのアンインストール」
    Windows 10 のドライバーの削除の方法はデバイスマネージャーから操作します。ドライバーの破損、不要になったドライバー、起動に問題を起こすドライバーなどを、削除することができます。起動しない場合でもコマンドプロンプトから削除できます。
  • バージョンとエディション(Home Pro)を調べる方法
    Windows10 の自動でバージョンアップが実行され、今使っている Windows 10 のバージョンがわからなくなったり、アプリのや周辺機器の対応状況調べるなど、バージョン情報でパソコンの現在のバージョンを確認することができます。
  • シャットダウンが再起動する「高速スタートアップの無効」
    Windows 10 でシャットダウンしたはずが、再起動してしまう問題の解決方法は「高速スタートアップ」が有効になっている原因があります。高速スタートアップを無効にする方法を紹介しています。
  • タブレットモードを無効または有効にする方法
    タブレットモードとデスクトップモードでは、画面のレイアウトが異ななります。タブレットでもデスクトップのレイアウトで、利用したいときなど、タブレットモードを無効にします。
  • マウスやキーボードでサスペンドから復帰できない
    Windows 10 のサスペンドからの復帰を、マウスまたはキーボードの操作で解除できない解決方法。 マウスやキーボードがUSB、ワイヤレスも含めて接続されいる場合、機種によっては初期設定でサスペンドの解除ができません。
  • Fall Creators Update ダウンロード 手動アップデート
    Windows 10 Fall Creators Update の配信は段階的に配信されますので、何時アップデートできるかわかりません。すぐに Fall Creators Update(バージョン 1709)に更新したい場合は、手動でダウンロード、アップデートができます。
  • 更新アシスタント 自動更新の無効/有効
    Windows 10 の更新アシスタントを停止させ、Windwos の自動更新を無効にする方法と、Windwos の更新プログラムを手動でアップデートする方法を、わかりやすく解説。
  • 予測候補の履歴を消す/予測変換を無効(非表示)にする
    Windows 10 の文字の入力時の、予測候補の非表示、無効化する方法と、予測候補の入力履歴を消す方法。
  • 軽くする 簡単にできる10の方法
    Windows 10 を使っていて、開いている画面の切り替りが遅い、クリックの反応が遅い、なんか動作が重いなどを、簡単な設定変更で軽くする10の方法。
  • 完全シャットダウンの方法と設定
    Windows 10 の初期値では「シャットダウン」を実行しても、完全にシャットダウンはしません。完全にシャットダウンする方法は、簡単にできますので覚えておきましょう!
  • で手書き入力する方法
    「IMEパッド‐手書き」を利用すれば、中国語「繁体」や、読み方がわからない漢字を、超簡単に入力することができます。手書きで入力する使い方を覚えておくととても便利。
  • 「応答なし」のアプリを強制終了する
    使用中のアプリケーションソフトが、突然クリックやキー操作ができなくなったりなど、アプリがフリーズして応答しないときは、そのアプリを強制終了すれば、windows 10 を再起動させることなく、そのまま使うことができます。
  • スリープの設定と使い方
    Windows 10 のスリープの設定は、「電源とスリープ」及び「電源オプション」から操作します。スリープの設定に、パソコンがスリープするまでの時間や、スリープからの復帰時にパスワードを要求する、スリープ機能を無効にするなど、様々な設定ができます。スリープとは、設定した時間内にマウスなどのパソコンの操作がない場合、開いているアプリやファイルをメモリ上に保存し、電源の供給を止め節電する機能です。
  • 『配信の最適化』の説明と設定方法
    Windows 10 では「配信の最適化」という機能があり、Windows Update に関連するファイルをパソコンに保存し、他のパソコンが自分のパソコンにアクセスして、そのファイルをダウンロードするような仕組みになっています。初期設定では「配信の最適化」は有効になっていますが「無効」にすることができます。
  • Homeの自動更新を無効にして止める
    Windows 10 Home は、自動的にプログラムの更新をダウンロードして、アップデートを実行するようになっています。自動更新を「完全に無効化」にするというより、無期限に更新を延期させるようにすることができます。
  • Cortana の設定と使い方
    Windows 10 Cortana はパソコン内のアプリや設定、ファイルの検索だけではなく、インターネット検索や天気、為替、株価、雑談などと幅広い分野で応対してくれます。 基本的な使い方は、Cortana に聞きたいことや、調べたいことなどを検索ボックスに問い合わせると、Cortana が返事を返してくれるいう簡単な使い方です。 また、音声入力以外にも、テキスト入力にも対応していますので、マイクが装備されていないパソコンでも利用が可能です。 人によっては、Cortana の機能が鬱陶しく感じたり、全く不必要なこともあります。そのような場合は Cortana を無効化することもできます。
  • Cortana を停止して無効化にする
    Cortana の無効化は、Windows 10 pro または home どちらでも、レジストリの編集で可能です。 Cortana を無効化しても、パソコンのアプリやファイルなどの従来の検索機能は使用できます。ここで紹介している方法はバージョン1903も対応済みです。
  • 『タイムライン』の使い方
    Windows 10 のタイムラインは、今日や先週など30日前までさかのぼって、Windows 10 で行なった作業や操作を簡単に検索がすることができる。また、マイクロソフトアカウントでサインインしていれば、iphone(ios) や Android のデバイスから、Edge や Office 365 で行った作業を Windows 10 パソコンに切り替えて、引継ぎ再開することもできる。
  • 『集中モード』の使い方と設定
    集中モードは、SNSの通知や様々な通知を全に非表示にしたり表示することができ、タイマーを設定して自動的に集中モードがオンになるように設定できる他、特定の人からの通知やメールは受け付ける設定も可能です。また集中モードは操作が行いやすように、画面の向って右側にあるアクションセンターに「集中モード」のボタンを設置してあります。
  • タイムラインを無効化して停止
    Windows 10 のタイムラインは過去30日間のファイルや作業内容などを簡単に見ることができます。場合によっては他人に知られてしまう事もあるとと思います。プライバシーに敏感なユーザーなら、タイムラインの機能が不安になる場合もあるでしょう。タイムラインの無効化は、Windows 10 pro または home どちらでも設定から「オフ」にするか、レジストリの編集で可能です。
  • April 2018 Update ダウンロード 手動アップデート「2019/11にサポート終了」
    Windows10 Ver.1803は、2019年11月12日にサポートが終了しました。以降セキュリティの問題や不具合などの更新が配信されなくなります。Ver.1803以前なら早急にVer.1903または1809にアップデートしてください。
  • スリープの復帰が勝手に実行される原因と対処方法
    Windows 10 でスリープが勝手に復帰するのを防ぐには、通常なら「電源オプション」の「スリープ解除タイマー」の設定すれば解決します。他にも自動で実行するタスクのスケージュールや自動更新や自動メンテナンスが原因な場合もあります。
  • キーボードの反応速度を設定する
    Windows 10 キーボードの反応速度の設定はコントロールパネルのキーボードのプロパティからから、キーリピートの間隔及び連続のカーソル移動やバックスペースキーでの削除の速度などの設定ができます。コントロールパネルの設定ではできない早さにするには、レジストリの編集で可能です。
  • マウスの速度やアイコンの変更など「マウスの詳細設定」
    Windows10 でマウスポインターの移動速度やクリックの反応速度、ポインターのアイコンの変更や軌跡の有無、マウスホイールの速度など、マウスに関する詳細な設定はコントロールパネルのマウスのプロパティで操作できます。
  • カメラやマイクが使えない場合
    Windwos 10 でカメラが起動しない、マイクが使えないときは、プライバシーの設定で、カメラまたはマイクにアクセスする許可の設定が必要です。アクセスの許可をしても、問題がある場合は「トラブルシューティングツール」を実行して問題を解決します。
  • ソフトウェアキーボードの設定と使い方
    Windows10 には、ソフトウェアキーボードを標準で搭載しています。突然キーボードが反応しなくなっても、マウスのクリック操作でキーを打つことができ、パソコンを使用することができます。
  • エクスプローラーが重い表示が遅い
    Windows10 の使用当初は問題が無かったのに、使っているうちにエクスプローラーが重くなったり動作が遅くなることもあります。エクスプローラーの履歴を消去することで、改善する場合があります。
  • デバイスドライバの自動更新を止める
    Windows 10 デバイスドライバの自動更新を止めて問題を事前に防ぐ。更新プログラムの自動更新で、更新できる「デバイスドライバ」があればそれらも自動で更新されます。デバイスドライバの更新により正常に起動しなくなるなどの問題も出ています。
  • お勧めアプリを勝手にインストールさせない
    Windows 10 がマイクロソフト ストアのお勧めアプリを勝手にインストールすることがあります。お勧めアプリを勝手にインストールささないためには、ストアの設定でアプリの自動更新をオフにすれば止めることができます。
  • pro 自動更新を一定期間停止して作業効率をUP!
    Windows 10 pro は最大35日間自動更新を停止することができます。パソコンで重要な作業をしている間に自動でアップデートが開始され、作業に支障をきたすこともあります。自動更新を一時停止しておいて余裕がある時に再度開始すれば作業の効率が図れます。
  • 設定項目一覧を表示して操作する方法
    Windows 10 の設定項目一覧は簡単な操作で表示させることができます。この設定項目一覧を使えば Windows 10 の設定方法が分からなくても、カスタマイズや設定が直ぐに見つけられるので、とても便利です。
  • ディスクの空き容量を定期的に自動で増やす方法
    Windows 10 には標準機能で、容量不足時または定期的に自動でディスクのクリーンアップを実行させる「ストレージセンサー」が搭載されています。この機能を設定しておけば容量不足によるトラブルが軽減できるようになります。
  • デバイスドライバを再インストールする方法
    ネットワークやプリンターなどの周辺機器が正常に動作しない、または調子が悪いときはデバイスドライバの更新から再インストールすることで、改善する場合があります。ドライバはデバイスマネージャーから簡単に操作できます。
  • ブルーライトをカットする機能「夜間モードの設定」
    Windows10 には、ディスプレイから強い光(ブルーライト)を減らす機能「夜間モード」が標準で搭載されています。ブルーライトの強さの調整や、時間によりブルーライトカットのオン/オフのスケジュールが設定できます。
  • 複数ディスプレイの設定方法と使い方
    Windows10 では複数のディスプレイを接続して画面を拡張して作業領域を増やしたり、同じ画面を全てのディスプレイに表示することができます。複数ディスプレイの設定では解像度やメインの切換え、タスクバーの設定などがができます。
  • 拡大縮小とレイアウトの設定方法「画面の拡大率変更」
    Windows 10 ではディスプレイの解像度はそのままで、画面の拡大をすることができます。標準搭載の「拡大縮小とレイアウト」を利用すれば、表示がぼやけたときの修正機能や倍率指定で、比較的ぼやけず拡大することができます。
  • ディスプレイに関する設定
    Windows10 のディスプレイ設定では、解像度や拡大縮小、明るさの変更、ブルーライトを軽減する夜間モード、複数ディスプレイ接続する設定などができます。このページでは、ディスプレイに関するいろいろな設定方法を紹介しています。
  • Insider Program で大型アップデートをインストールする
    Windows10 でまだ一般公開されていない大型アップデートをインストールして、バージョンアップすることができます。バージョンアップデートの方法は Windowsの設定の更新とセキュリティより Insider Program に参加すれば可能になります。
  • May 2019 Update 1903 のダウンロードと手動アップデート
    Windows 10 May 2019 Update ver.1903 はダウンロードページからの公開は終了しましがダウンロードやアップデートは可能です。インストールメディア作成するアプリを利用すれば1903をダウンロードするこができます。
  • Home でアップデートの自動更新を一定期間停止する方法
    Windows10 のアップデートの自動更新の延長は Pro 版のみの機能でしたが「Home 版 」も最大35日間アップデートを停止できるようになりました。自動アップデートの延長は「更新とセキュリティ」から簡単に操作することができます。
  • 日付や時刻が変更できないときの対処方法
    Windows10 の日付と時刻の初期設定ではタイムゾーン(各地域の時刻)の選択による日時の変更しかできない状態です。日付や時間を手動で変更するには「時刻の自動設定」をオフにすることで、できるようになります。
  • 時刻の同期が停止できないときの対処法
    Windows10 で時刻の同期を停止するには「時刻を自動的に設定する」をオフにしますが、システムの環境によりできない場合があります。通常の設定で時刻の同期ができない場合に、レジストリとサービスの設定で対処する方法を紹介しています。
  • 時刻の同期ができないときの確認と対処方法
    Windows10 で時刻の自動設定を「オン」にしても時刻の同期ができない場合は、レジストリ、サービス、NTP(時刻配信)サーバーの設定を確認し、設定に問題があれば編集設定することで対処することができます。
  • 前バージョンをダウンロードする方法
    Windows10 が公開している最新バージョンの、ひとつ前のバージョンをダウンロードする方法は、Windows10-8-7 以外のパソコンやタブレット、EdgeまたはChromeブラウザの設定をすればダウンロ―ドが可能です。
  • ISOファイルからインストールメディアを作成する方法
    Windows 10 のISOファイルから[USB]インストールメディアを作成するには、無料で使用できる有名な「ルーファス」というアプリで簡単に作成するこができます。DVDで作成する場合 Windows10 の標準機能で作成するこができます。
  • 検索の設定と表示形式の変更
    Windows10 のバージョン1903から検索ボックスと Cortana が分離され、タスクバーには Cortana のアイコンと「検索」が別々で表示されるようになり、Windows の設定にも「検索設定」が追加されました。
  • 大型アップデートを「ISOファイル」から実行する方法
    Windows10 の大型更新(バージョンアップデート)は、「ISOファイル」または「インストールメディア」から更新することもできます。アップデートの適用は、ISOファイル/メディアともに Windows が起動した状態から実行します。
  • 動画や音楽の再生時にスリープさせない設定方法
    Windows10 で動画や音楽のメディア再生時に、スリープさせたくない場合は電源オプションのマルチメディアの設定を操作することで、メディアの再生時にはスリープしないようにすることができます。
  • コンピューター名が変更できない
    Windows10 のコンピューター名の変更は、通常 Windows の設定のシステムから操作しますが、変更できない場合は「コントロールパネル」または「コマンドプロンプト」からでも、コンピューター名を変更することができます。
  • ファイルの検索ができないときの確認と解決方法
    Windows10 でファイルの検索ができない原因には、検索インデックスの不具合、初期設定では特定の場所のみ検索する設定なので存在するファイルが見つからない、検索の問題はインデックスオプションツールで解決します。
  • マウスポインターの色や大きさ変更して見やすくする
    Windows10 マウスポインターの色や大きさをとカーソルのサイズを、簡単操作の設定から変更することができます。サイズや色を自分の好みにして見やすくすることで、パソコン操作の効率も上がります。(Ver.1903以降)
  • パソコンの画面が見づらいときの設定方法
    Windows10 で高解像度ディスプレイの利用や老眼などにより画面が見ずらい場合は、画面全体の拡大表示、文字を大きく、マウスポインターを大きくしたり色の変更、カーソルの大きさを変更して見やすくすることができます。
  • 中国語入力(簡体字/繁体字)を追加する設定と使い方
    Windows10 の中国語入力は、中国大陸の「簡体字」台湾,香港,澳門の「繁体字」があります。日本語の設定はそのままで入力言語を追加するだけで、キーボードの種類に関係なく中国語を入力することができます。
  • 「Ver.1909」のダウンロードと手動アップデート November 2019 Update
    Windows10 Ver.1909 の大型アップデートは自動で配信され突然アップデートが始まり、PCの利用を中断させられ作業ができなくなりますが、好きな時に手動でアップデート、ダウンロードすることもできます。
  • 公開が終了した過去バージョンをダウンロードする
    Windows10 は最新バージョンと前バージョンのみが公開されダウンロード可能ですが、それ以前の公開終了の過去バージョンをダウンロードするには「Rufus」というアプリを利用することでダウンロードできます。
  • バージョンアップデートをメディアツールで実行する方法
    Windows10 のインストールメディアやISOファイルをダウンロードする「メディアツール」でもバージョンアップデートを実行することができます。アップデートができないときなど利用するのもよいでしょう