パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

windows10 OSセットアップの設定/使い方/問題解決

  • Windows 11 に手動でアップグレードする方法
    Windows10 を Windows11 に手動でアップグレードする方法は、ISOファイルの Setup を実行すれば簡単にできます。またライセンス認証もなく無償で Windows11 にアップグレードすることができます。
  • 公開が終了した過去バージョンをダウンロードする
    Windows10 は最新バージョンと前バージョンのみが公開されダウンロード可能ですが、それ以前の公開終了の過去バージョンをダウンロードするには「Rufus」というアプリを利用することでダウンロードできます。
  • 公開前の Windows 11 に無償でアップグレードする
    Windows10 を、一般公開前の Windows11 に無償でアップグレードする方法は、インサイダープログラムに参加すれば可能で、Windows11 にアップグレードしても10日以内であれば Windows10 に戻すこともできます。
  • 上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ
    Windows 10 の上書きインストールは、保存したデータ、追加したアプリやドライバ、アカウント、PCの環境など削除しないまま引き継いで、Windows の基本システム部分だけを再インストールします。
  • 21H1 May 2021 update ダウンロードと手動アップデート
    Windows10 の大型アップデート「Ver. 21H1 May 2021 Update」が2021年5月19日に公開され一般提供が開始されました。Ver.2021 は機能の改善やセキュリティの強化、安定性をメインとした、小規模な機能更新アップデートで構成されています。
  • インストールディスクの作製方法「修復、セットアップ」
    Windows 10 のインストールディスクはマイクロソフト公式サイトのWindows10 のダウンロードにある「ツール」にて、USBメモリまたはDVDディスクでインストールメディアを作成することができます。
  • October 2020 update ダウンロードと手動アップデート 20H2
    Windows10 Ver.2004 の提供は、2021年5月19日に提供が終了しましたが、アプリを利用することで Ver.2004 October 2020 update のダウンロードをし、アップデートやクリーンインストールすることが可能です。
  • Ver.1909 のダウンロードと手動アップデート November 2019 Update
    Windows10 Ver.1909 の提供は、2020年5月28日に提供が終了しましたが、アプリを利用することで Ver.1909 のダウンロードしてアップデートやクリーンインストールが可能です。但し1909のサポートは2021/5/11で終了しています。
  • 更新プログラムの失敗でアップデートできないときの対処法
    Windows10 で更新プログラムが失敗するときの対処方法は、搭載機能の「トラブルシューティングツール」、または「マイクロソフト社提供のツール」をダウンロードして対処します。またディスクの空き容量不足も原因のひとつです。
  • クリーンインストールする 2つの方法
    クリーンインストールはUSBメモリなどのインストールメディアで、Windows10が起動しない時の修復やクリアな再インストール、新規セットアップができます。実行ファイルを直接実行して修復インストールも可能です。
  • ISOファイルからインストールメディアを作成する方法
    Windows10 のISOファイルから[USB]インストールメディアを作成するには、無料で使用できる有名な「ルーファス」というアプリで簡単に作成するこができます。DVDで作成する場合 Windows10 の標準機能で作成するこができます。
  • May 2019 Update 1903 のダウンロードと手動アップデート
    Windows 10 ver.1903 May 2019 Update の提供およびサポートは終了しましが、インストールメディア作成するアプリを利用すれば「1903」のダウンロードやアップデート、インストールすることは可能です。
  • Ver. 1809 October 2018 Update のダウンロード
    Windows 10 October 2018 Update 1809 の公開は終了しましがダウンロードは可能です。アプリを利用してVer.1809をダウンロードしてインストールが可能です。但し1809のサポートは2020年11月10に終了しています。
  • 「PCを初期状態に戻す」機能で初期化する方法
    Windows10 搭載機能の「このPCを初期状態に戻す」を利用して、Windows10を「初期化 リカバリ リセット」することができます。Windows が起動しない場合でも実行でき、アカウント情報そのままでファイルも残すことができます。
  • 回復ドライブから初期化する方法【ドライブから回復】
    Windows10 の回復ドライブで、通常の初期化とデータを完全に削除する二つの方法で初期化することができます。回復ドライブからの初期化とは、回復ドライブのデータを利用して Windows10 を初期化する仕組です。
  • 「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する
    Windows 10 の「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する原因は、セキュリティソフトや空き容量の不足、初期化データーの問題などがあります。初期化が失敗する原因や対処方を紹介しています。
  • 2004 May 2020 Update のダウンロードと手動アップデート
    Windows10 Ver.2004 May 2000 Update のバージョンアップデートは2020年10月21日に提供が終了しましたが、Microsoftの公式ページ、またはアプリを利用することで「Ver2004」のダウンロードとアップデートが可能です。
  • インストールでローカルアカウントが作成できない時の対処法
    Windows10 のインストール時に「ローカルアカウントユーザー」が作成できないときは、インストール実行中にネット接続を切断するか、またはインストールの実行前にネット接続を切断すれば作成できます。
  • プロダクトキーの確認と表示されないときの対処法
    Windows10 のプロダクトキーの確認は、コマンドプロンプトやPowerShellを利用しますが、表示されないことが結構あります。この場合、メモ帳で作成する簡単なスクリプトでプロダクトキーの確認ができます。
  • クリーンインストールでのパーティションとフォーマット
    Windows10 のクリーンインストール(セットアップ)での、ディスクドライブのフォーマットやパーティションの削除と再構築、ディスクの分割をする方法を図解で詳しく紹介しています。
  • クリーンインストールができない ディスクエラーの対処法
    Windows10 のクリーンインストールが「MBR/GPT ディスクのみにWindowsをインストール…」のエラーでできないときは、コマンドプロンプトでディスクをクリアにして再設定すれば解決できます。
  • インストールメディアがブートできない時の対処法「USB/DVD対応」
    Windows10 のクリーンインストールで使用する「インストールメディアがブートできない」ときは、修復オプションを立上げて、デバイスの使用またはコマンドプロンプトから起動させることができます。
  • 前バージョンをダウンロードする方法
    Windows10 が公開している最新バージョンの、ひとつ前のバージョンをダウンロードする方法は、Windows10-8-7 以外のパソコンやタブレット、EdgeまたはChromeブラウザの設定をすればダウンロ―ドが可能です。
  • アップグレードしたPCを Windows7 に戻す「ダウングレード」
    Windows10 にアップグレードしたら、不具合が多い、動作が重くなった、パソコンの操作性に戸惑うなど、アップグレード後1ヵ月以内であれば、Windows7 など元のOSバージョンに戻せることが出来ます。
  • 大型アップデートを「ISOファイル」から実行する方法
    Windows10 の大型更新(バージョンアップデート)は、「ISOファイル」または「インストールメディア」から更新することもできます。アップデートの適用は、ISOファイル/メディアともに Windows が起動した状態から実行します。
  • Fall Creators Update ダウンロード 手動アップデート
    Windows 10 Fall Creators Update の配信は段階的に配信されますので、何時アップデートできるかわかりません。すぐに Fall Creators Update(バージョン 1709)に更新したい場合は、手動でダウンロード、アップデートができます。