PCサポート  

パソブル



Windows 10 のスリープの設定は、「電源とスリープ」及び「電源オプション」から操作します。
スリープの設定に、パソコンがスリープするまでの時間や、スリープからの復帰時にパスワードを要求する、スリープ機能を無効にするなど、様々な設定ができます。


スポンサーリンク

スリープとは、設定した時間内にマウスなどのパソコンの操作がない場合、開いているアプリやファイルをメモリ上に保存し、電源の供給を止め節電する機能です。
パソコンの電源を切れば起動が必要になり、デスクトップにアクセスするまで時間がかかりますが、スリープの場合は復帰するだけなので、素早くデスクトップにアクセスができます。


スリープの設定画面の開き方


1.Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く

2.設定ウインドが開きますので「システム」をクリックします。
設定ウインド「システムクリック」

3.「電源とスリープ」をクリックし開きます。
電源とスリープ開く


スリープの設定


スリープするまでの時間の設定

この設定は、どれだけの時間パソコンの操作がなければ、スリープさせるかの時間を設定します。
設定には二種類あり、個々に時間の設定ができ「なし」に設定すれば、その項目のスリープはされなくなります。

ディスプレイの電源を切る

「画面」にある「次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る」にある、選択メニューから時間を設定します。
※ノートパソコンやタブレットを利用の場合は、(バッテリー駆動時)と(電源に接続時)の二つの選択メニューが表示されていますので、それぞれ時間の設定をしてください。
この設定は、ディスプレイの出力をオフにする。或は、ノートパソコンなどではディスプレイの電源を切る設定です。 スクリーンセーバーは別設定です。スクリーンセーバーの設定はこちらをご覧ください。
ディスプレイの電源を切るまでの時間を設定

コンピューターをスリープ状態にする

「スリープ」にある「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」にある、選択メニューから時間を設定します。
※「画面」と同様に、ノートパソコンやタブレットを利用の場合は、(バッテリー駆動時)と(電源に接続時)の二つの選択メニューが表示されていますので、それぞれ時間の設定をしてください。
この設定は、ハードディスクやファンなどの電源を切る設定です。
パソコンがスリープするまでの時間を設定

パソコンをスリープさせない「無効化」

パソコンをスリープさせないようにするには、上記の「画面」及び「スリープ」の時間を「なし」に設定すれば、スリープは無効化されます。


スリープから復帰時のパスワード操作


1.スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

2.設定画面が開きますので「アカウント」をクリックします。
設定 アカウント設定開く

3.左側メニューの「サインインオプション」をクリックします。
「サインインを求める」にある「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるまでの時間」の選択メニューをクリックします。
どちらか選択すれば、スリープのパスワード操作は完了します。

スリープからの復帰時にパスワードを入力を省略する

「ロックしない」を選択すると、スリープからの復帰すると直ぐにデスクトップ画面が表示されます。

スリープからの復帰時にパスワードの入力を要求する

「PCのスリープを解除する時間」を選択すると、スリープからの復帰時にロック画面が現れ、サインイン画面でパスワードを入力した後に、デスクトップ画面が表示されます。
スリープからの復帰でパスワードを省略するかしないか


スポンサーリンク

強制的にスリープ状態にする


スタートメニューの、電源アイコンをクリックすれば、電源メニューが現れます。
電源メニューにある「スリープ」をクリックすれば、即座にパソコンがスリープ状態になります。
※電源メニューに「スリープ」が無い場合は下記をご覧ください。
スタートメニューからスリープの実行

電源メニューにスリープが無い

1.上述の「スリープの設定画面」にある「電源の追加設定」をクリックします。
電源の追加設定をクリックして電源オプションを開く

2.「電源オプション」画面が現れますので、「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
電源オプションの電源ボタンの動作を選択するをクリック

3.「システム設定」画面が表示されますので、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックすることで、「シャットダウン設定」の操作が可能になります。
「シャットダウン設定」の「スリープ」をクリックしてチェックマーク入れ、「変更の保存」をクリックすれば完了です。
スタートメニューにスリープを表示


スリープから復帰する方法


電源ボタンまたはスリープボタンからの復帰

電源ボタンの操作から復帰をするには、電源ボタン素早く1回押すだけです。
ノートパソコンや一体型パソコンなどでは、スリープボタンが搭載さてりうものもあります。その場合はスリープボタンを押して復帰します。

デスクトップパソコンなどで、マウスやキーボードがUSBに接続されているような場合は、スリープから復帰したときにマウスやキーボートが反応しないことがあります。
この問題は、スリープ中にUSBからの給電を止める設定になっているためです。
スリープから復帰したときにマウスやキーボートが反応しない場合は、下記のページをご覧ください。
スリープでマウスやキーボートが反応しない


スリープのトラブル


スリープが勝手に復帰する

スリープが勝手に復帰する原因は、設定や誤操作、アプリケーションプログラムの関係などがあります。
例えば、ウイルス対策ソフトが定期的にパソコンをチェックしたり、スリープ中でもアプリが実行されたり、Windwos の自動メンテナンスが開始されたなど、スリープが勝手に復帰することがあります。
スリープの復帰が勝手に実行される原因

スリープが復帰しない

マウスやキーボードの操作でスリープが復帰しないのは、上述の「スリープから復帰する方法」をご覧ください。
電源ボタンやスリープボタンを押してもスリープから復帰しない場合は、パソコンを強制終了する必要があります。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ