PCサポート  

パソブル



Windows 10 ロック画面を完全に無効化して、すばやくサインイン

Last update

Windows10 ではサインイン画面の前に「ロック画面」が表示される仕様になっているため、1ステップ余分に操作が必要になります。
ロック画面を無効にして素早くサインイン画面を表示する方法は、Home/Pro 版ともレジストリの編集で無効にすることができます。Pro 版なら「グループポリシー」の編集でも可能です。
このページでは、ロック画面を無効にする方法を紹介しています。
ロック画面を無効化した後に、サインイン画面の表示させず自動ログインする方法は、下記のページで紹介しています。
Windows10 自動ログイン起動時のパスワード入力を省略


スポンサーリンク



レジストリの編集でロック画面の無効化「Home/Pro」


レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

レジストリエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く


キー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉HKEY_LOCAL_MACHINE
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Policies
  • 〉Microsoft
と、順に展開していきます。
レジストリPoliciesのMicrosoft
新規に、キー「Personalization」を作成する。
「Windows」を右クリックして、メニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
サブメニューが表示されるので「キー(k)」をクリックします。
Personalization キーを新規に作成する
新規に作成されたキーが「新しいキー #1」という名前で作成されます。 新しいキー #1が作成される
キーの名前を「Personalization」に変更します。
これで「Personalization」のレジストリ キーが作成されました。
新規に作成したキーの名前を Personalization に変更
Personalization キーに、値「NoLockScreen」を作成する。
「Personalization」のレジストリキーを右クリックして、メニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。 サブメニューの「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
Personalization キーに、DWORD32を新規に作成
新規に作成された値が「新しい値 #1」という名前で作成されます。 新しい値 #1が作成される
値の名前を「NoLockScreen」に変更します。
新規に作成した値の名前を NoLockScreen に変更
作成した「NoLockScreen」の値を修正する。
「NoLockScreen」を右クリックして、メニューの「修正」をクリックします。
NoLockScreen の値を修正
「NoLockScreen」の値の編集画面が表示されるので「値のデーター」を「1」に変更します。
AllowCortana の値を変更
※値のデーターを「0」にすると、ロック画面が有効になります。
レジストリの編集を反映するために、パソコンを再起動します。
起動時にロック画面が表示されなければ、ロック画面の無効化は完了です。


グループポリシーの編集でロック画面の無効化「Pro」


グループポリシーエディターを開きます
「Windows」マークを右クリックするとメニュが現れますので「ファイル名を指定して実行」をクリックしウインドを開きます。
「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」をクリックします。
ユーザーアカウント制御を「通知しない」に設定されている場合は表示されません。(UAC無効にする)
ファイル名を指定して実行に「gpedit.msc」と入力し「OK」をクリックします。
Windows10 タスクバー検索ボックス グループポリシーエディター
※タスクバーの検索ボックスに「gpedit.msc」と入力して、検索結果から開くこともできます。
グループポリシーの編集
グループポリシーエディターの項目の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉コンピューターの構成
  • 〉管理用テンプレート
  • 〉コントロールパネル
と、順に展開して「個人用設定」をクリックします。
グループポリシーの個人用設定の編集を開く
「ロック画面を表示しない」を右クリックしたメニューの「編集」をクリックします。
個人用設定のロック画面を表示しないの編集を開く
「有効」をクリックしてマークを入れ「OK」をクリックして、編集画面を閉じます。
これで、グループポリシーでのロック画面の無効化の設定は完了です。
個人用設定のロック画面を表示しないを有効に設定
グループポリシーの編集を反映するために、パソコンを再起動します。
起動時にロック画面が表示されなければ、ロック画面の無効化は完了です。

Tips:
通常、パソコンを操作しなければロック画面が表示されますが、ロック画面を無効にした場合は、いきなりサインイン画面が表示されるようになります。
サインイン画面を表示させたくない場合は、ロック画面の代わりにスクリーンセーバーを表示させることもできます。
Windows10 のスクリーンセーバーの設定
一定時間後にディスプレイの電源を切る方法は、下記のページ内の「ディスプレイの電源を切る」をご覧ください。
Windows10 スリープの設定と使い方
その他ロック画面に関する設定方法


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ