PCサポート  


Windows10 のユーザーアカウントは、Microsoft アカウントとローカルアカウントの2種類があります。

  • Microsoftアカウント
    Microsoft社が発行したメールアドレスで Windows10 のユーザーを作成します。
    Microsoft アカウントは、OneDriveやOfficeなどのマイクロソフトが提供するオンライン(cloud)の利用や同期を利用することができます。
  • ローカルアカウント
    そのコンピューターのみ利用できる、任意のユーザー名とパスワードを設定したアカウントです。
    Microsoft のオンラインサービスが紐づけされていないだけで、パソコンの利用制限などはありません。
このカテゴリでは、ユーザーアカウントに関する設定などを紹介しています。




基本的な設定管理


ユーザーアカウントの画像の設定や画像を削除する方法

Windows10 のユーザーアカウントの画像は、ひとつのユーザーに対して複数設定して利用できます。画像の削除は、ひとつだけなら初期画像に戻し、複数設定した場合はユーザー画像の専用フォルダーから削除することができます。

ユーザーアカウントの権限の種類を変更

Windows 10 のユーザーの種類を変更する方法。 ユーザー権限は大きく分けて「管理者」「標準ユーザー」「パワーユーザー」の3つの種類があります。Windowsの設定からと、コンピューター管理から変更が可能です。

ユーザーのアカウントを Microsoft またはローカルに変更

Windows 10 で既存のユーザーのアカウントの種類を「ローカルアカウント」または「マイクロソフトアカウント」に変更するには「Windows の設定」から簡単に操作することができます。またアカウントの種類の変更を戻すこともできます。

ユーザーアカウントの設定を確認する方法

Windows10 のユーザーの設定は「Windowsの設定」または「コントロールパネル」で確認しますが、他のユーザーの設定を確認するには管理者権限が必要です。「コマンドプロンプト」を使えば管理者でなくても確認することができます。

ユーザーフォルダの場所と詳細

Windows10 のユーザーフォルダの中に何があるのか詳細を知っておくと、パソコンの不具合や新規に作成したユーザーにファイルを移動したいなど、どのファイルが必要かわかるので効率よくバックアップや移動の操作ができます。

ユーザーアカウントの「無効化/有効化」

Windows10 のユーザーのアカウント無効|有効化は、Pro または Home 版ともコマンドプロンプトから設定することができます。無効化はパスワードやファイルなどユーザーの情報を削除しないので、有効化に戻せば以前と同様に利用することができます。

ユーザーアカウント制御「UAC」を無効にする方法

Windows10 のユーザーアカウント制御(UAC)の設定の変更は、コントロールパネルから簡単に操作できます。ユーザーアカウント制御を無効にすれば、設定などのパソコンの作業をスムーズに進めることもできます。

ユーザーアカウントが表示されない

Windows 10 でサインイン画面や設定にユーザーアカウントが表示されない場合はアカウントが無効になっている可能性があります。コマンドプロンプトで有効化に戻せば、アカウントを表示させることができます。


パスワードの設定


ログインのパスワードを設定する

ユーザーアカウントのパスワードを、新規に登録する方法は、「Windows の設定」の「アカウント」で操作します。パスワードを設定すれば、起動時のサインイン、スリープなどからの復帰時にパスワードの入力を要求させることができます。

自動ログイン 起動時のパスワード入力を省略

Windows 10 の電源をいれたらすぐにパソコンを使いたい!起動時にパスワードの入力を省略して自動ログイン。設定自体は超簡単にできますが、設定時に入力するパスワードなど、注意が必要な部分がありますので、それらも含め詳しく説明

ユーザーアカウントのパスワードを変更する方法

Windows 10 のユーザー アカウントのパスワード を変更する方法は、ローカルアカウント または Microsoft アカウント とも「Windows の設定」でアカウントのサインインオプションから簡単に変更ができます。

パスワードの代わりに簡単なPINコードを使う

Windwos 10 で「PIN」を設定すると、起動時のサインイン、マイクロソフトが提供する OneDrive などで使うパスワードの代わりに、 4文字以上の「2233」のような簡単なコードの入力で、サインインができるようになります。

使用しているパスワードを忘れた時のパスワード変更方法

Windows10 で現在使用しているパスワードを忘れていても、パスワードの変更(再設定)ができる方法を紹介しています。アカウントの設定ではパスワードが解らなければば変更できませんが、コンピューターの管理やコントロールパネルでパスワードを変更することができます。

パスワードリセットディスクの作成と使い方

Windows 10 で自動ログインや PIN の使用により、パスワードを使わなくなって、忘れてしまうことも多いようです。パスワードリセットディスクを作っておくことで、パスワードを忘れても、簡単に新しいパスワードでサインインができます。


ユーザー名の設定


ローカルアカウントのユーザー名を変更する方法

Windows 10 のユーザーアカウントのユーザー名を変更する方法は、コントロールパネルにあるユーザーアカウントからできます。Pro 版ならコンピューターの管理からユーザー名を変更するこもできます。

Microsoft アカウントのユーザー名を変更する方法

Windows10 の Microsoft アカウントのユーザー名の変更は、「Windows の設定」から Microsoft アカウントのウェブサイトを開いて操作します。変更後はサインイン画面やパソコンに表示されるユーザーの名前が変更されます。

ユーザーアカウント名を変更できない

Windows10 でユーザーアカウントの名前を変更するには、通常「コントロールパネル」から操作しますが、変更できない場合は「netplwiz のユーザーアカウント設定」または「コマンドプロンプト」からでもユーザー名の変更ができます。


ユーザーの追加


ローカルアカウントを新規に作成してユーザーを追加

Windows 10 の「ローカル アカウント」または「Microsoft アカウント」のユーザーアカウントを追加作成する方法。どちらの種類のユーザーアカウントも Windows の設定のアカウントから追加作成することができます。

Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーを追加

Windows10 でマイクロソフトアカウントを新規に作成するときは「Windows の設定」の「アカウント」から直接マイクロソフトのアカウントの作成ができ、同時に Windows10 にもマイクロソフトアカウントのユーザーが追加されます。

ユーザーアカウントを追加できない

Windows10 でユーザーアカウントを「Windows の設定」や「コントロールパネル」からで追加作成できないときは、「netplwiz のユーザーアカウント設定」または「コマンドプロンプト」を使った別の方法でもユーザーの作成ができます。


ユーザーの削除


ユーザーアカウントを削除する方法

Windows 10 でユーザーアカウントを複数登録している場合、Microsoft またはローカルユーザーアカウントどちらの種類も削除することができます。「Windows の設定」からと「コントロールパネル」を利用した2つの削除方法を紹介しています。

ユーザーアカウントを削除できない

Windows 10 のユーザーアカウントが削除できない場合は、通常の削除方法以外にも「netplwiz からのユーザーアカウント設定」または「コマンドプロンプト」から簡単にユーザーアカウントの削除ができます。