PCサポート  


Windows10 に問題が発生して正常に動作しないときはシステムの復元やファイルシステムのチェックなどで修復。
正常に起動しない場合は自動修復やセーフモードなど、パソコンの状態に応じた方法で復旧作業をします。

このカテゴリでは、Windows10 搭載の修復機能の使い方や設定、ブータブルメディア(緊急用起動ディスク)の作成、正常に起動しないときの復旧に関する方法などを紹介しています。




システムの復元


システムの復元の使い方

Windows 10 の初期設定では「システムの復元」は無効です! 有効にしておくことで、PCの調子が悪い、正常に動作しなくなった、アプリやドライバーの追加でへんになったなど、以前の正常な状態に戻すことができます。

システムの復元ポイントを作成する方法

Winodws 10 が重たくなった、調子が悪くなった、正常に動作しない、アプリやドライバーの追加で不安定になったなどの問題の予防に、システムの復元を有効にし、事前に手動で復元ポイントを作製する方法。

システムの復元ができない原因と対処方法

Windows 10 のシステムの復元ができない原因には、システムの復元を有効になっていない。または復元ポイントが無い。他にも空き容量の不足や Windows10 のシステムの不具合により復元ができないことがあります。


バックアップ


完全バックアップを搭載機能で作成|復元する方法

Windows 10 搭載の標準ソフトを使って、パソコンをまるまるバックアップする方法と復元のやり方。 システムイメージと回復ドライブを作成すれば、Windowsが起動しない、正常に動作しないなど問題がおきても、安全に復元ができます。

ファイル単位で設定時間ごとに自動バックアップする方法

Windows10 ではファイル(フォルダー)単位で、設定した時間ごとに自動でバックアップを作成することができます。ここでは、バックアップする場所や時間の間隔、バックアップするフォルダー の設定など分かりやすく紹介しています。

レジストリ キーのバックアップと復元

レジストリの不具合でパソコンが正常に動作しなくなることがあります。編集前などレジストリキーをバックアップファイルを作成しておくことで、問題が起こった場合にでも簡単にレジストリを復元することができます。


ブータブルメディアの作成


回復ドライブの作成方法と使い方

Windows10 の回復ドライブを作成しておくと、Windows が正常に起動しない、データーが破損して正常に動作しない、ディスクドライブに問題が発生したなど、回復ドライブを利用することで安全に修復作業ができます。

インストールディスクの作製方法「修復、セットアップ」

Windows 10 のインストールディスク又はインストールUSBメディアを作成する方法です。 マイクロソフト公式サイトにある「Windows 10 のダウンロード」の「ツール」で、簡単にインストールディスクを作ることができます。


システムの問題修復


問題を修復する主な4つの方法

Windows10 には問題を修復するための機能が搭載されています。システムの復元、トラブルシューティングツール、ドライブのスキャン、コマンドプロンプト、自動修復機能、回復ドライブを利用してWindowsの不具合や周辺機器などの問題を解決する為に利用できます。

ディスクのチェックをする方法「ドライブのスキャンで修復」

Windows 10 にも以前のウインドウズ同様に、ディスクのドライブ チェック機能が搭載されています。このチェック機能を使うことによりファイルシステムやファイル名とデータの関連などの修復が可能です。

コマンドプロンプトでシステムファイル、イメージを修復

Windows 10 が正常に動作しない、または起動しないなどの修復を、コマンドプロンプトを使うことにより、「ドライブのスキャン」や「トラブルシューティング」で解決できない問題も、修復ができる可能性があります。

トラブルシューティングツールで問題を解決

Windows 10 のトラブルシューティングツールとは、インターネット接続、周辺機器、アプリ、 Windwos アップデート、音が出ない、プリンターなどの多くの問題を、簡単な操作で自動でチェックして、問題を解決してくれる便利なツールです。

「ファイルシステムのエラーです」の修復方法

画像や実行ファイルなどを開くときに「ファイルシステムのエラーです」と警告が表示されて、開けない問題は「ドライブのスキャン」または「コマンドプロンプト」で修復します。

調子が悪いときに別ユーザーを作成して解決する方法

Windows10 の調子が悪く、動作が重くなった、アプリが開けないなど不具合が頻繁に起こる場合、別のユーザーを作成して正常に使えるときは、必要なファイルを移動して作成したユーザーでパソコンを利用する解決方法があります。


アップデートの問題修復


アップデート後に起動しないときの修復方法

Windows 10 のアップデート後に起動しないときは、アップデートを元に戻して解決できます。 アップデートでデバイスドライバーやアプリなどが、PCの環境に対応できなかったりして、不具合が発生し正常に起動できなくなります。

アップデートを戻す方法「ダウンバージョン」

Windows 10 のアップデートによる不具合を、アップデート前に戻し解決する方法を紹介します。 アップデートより、ドライバーやアプリケーションソフトなどが対応できなかったりして、不具合が発生する場合があります。

問題が発生した更新プログラムを削除する

Windows 10 の更新プログラムで問題が発生して起動できない、または正常に動作しない場合、更新プログラムを削除することができます。更新プログラムの削除は、「Windows の設定」または「コントロールパネル」から削除できます。

アップデートで不具合が発生したときの対処方法

Windows10 のアップデートによりパソコンが正常に動作しない調子が悪い、アプリが使用できなくなった、画面が正常に表示されない、起動しなくなったなど、更新プログラムの削除やアップデートを元に戻すことで不具合を解決できる場合があります。

更新プログラム失敗「アップデートができない」

Windows10 で更新プログラムが失敗するときの対処方法は、搭載機能の「トラブルシューティングツール」、または「マイクロソフト社提供のツール」をダウンロードして対処します。またディスクの空き容量不足も原因のひとつです。


起動しないときの復旧


起動しない、起動が途中で止まるときの復旧方法

Windows10 が起動しない時の復旧方法。 パソコンを起動したら、くるくる回ってる画面から先に進まなくなったり、起動画面で止まったまま立ち上がらない、正常に起動しないときは自動修復機能で修復作業ができます。

起動しない!インストールメディアで修復する方法

インストールメディアを利用して、起動しないWindows 10 を修復する方法! パソコンをを起動すると、くるくる回ってる画面で先に進まない、起動画面から立ち上がらない、ようこそ画面から進まないなど、起動できる場合があります。

サインイン後の画面が真っ暗な時の修復方法

Windows 10 で画面が真っ暗で、マウスカーソルだけが見えるようなときは、システムの不調やプログラムのアップデートなどで、グラフィック ドライバーが正常に機能していない状態です。修復作業は、先に簡単な操作で修復を試してみて、だめならセーフモードで起動して行います。

起動しない状態からファイル救出する

Windows 10 が起動しない状態で、フォルダーやファイルなどのデーターを救出するには、パソコンを自動修復で起動さた後にセーフモードで起動して救出する方法と、コマンドプロンプトから救出する方法があります。

レジストリをコマンドプロンプトで修復

Windwos 10 が不定期で自動的に作成している、レジストリのバックアップファイルで、起動しない、正常に動作しないパソコンを、コマンドプロンプトでレジストリの復元を実行して修復をすることができます。

ブートセクターをコマンドプロンプトで修復

Windwos 10 が起動しくて、色んな修復方法を試したけどまだ起動しない。他の原因として、ブートセクター(起動に必要なプログラム)が、破損していることがあります。ブートセクターの修復は「自動修復」を起動し、コマンドプロンプトを立ち上げて操作します。

起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

Windows 10 が正常に起動しない状態からセーフモードで起動させるるには、起動時に「自動修復」機能を立ち上げてからセーフモードで起動させることができます。もし「回復ドライブ」があるのなら自動修復と同様に起動させることが可能です

ロック画面がフリーズしたときの対処方法

Windows10 でロック画面がフリーズして先に進めないときは、キーボード操作や再起動、自動修復から対処できることがあります。ロック画面がフリーズした場合は、さまざまな原因が考えられるので簡単な対処法から順に紹介していきます。


初期化


初期化する4つの方法

Windows 10 の初期化の方法は、搭載機能の「初期状態に戻す」「新たに開始」と「上書きインストール」「クリーンインストール」の4つの方法があり、 Windows 10 では一般的に「初期状態に戻す」機能のことを「初期化」と言われています。

「PCを初期状態に戻す」機能で初期化する方法

Windows 10 では、搭載機能の「PCを初期状態に戻す」を利用して「初期化(リカバリー)」をすることができます。Windows が正常に起動しない場合でも実行でき、アカウント情報そのままで追加したファイルも残すことができます。

「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する場合

Windows 10 の「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗するよくある原因は、セキュリティソフトや空き容量の不足、データー破損の問題などがあります。ここでは初期化が失敗するよくある原因と対処方法を説明しています。

『新たに開始』の修復機能で初期化する

Windows 10 の『新たに開始』のやり方を詳しく解説。 新たに開始の機能は、ユーザーの作成したファイルや、一部の Windows の設定を維持して Windows の再インストールを行う機能です。またデバイスドライバーの再構築が強化されています。

クリーンインストールする「2つの方法」

Windows 10 のクリーンインストールは、インストールメディアを起動して行う方法と、Windows が起動した状態で、インストールメディアにある実行ファイルから、インストールする2つの方法があります。

上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ

Windows 10 のクリーンインストールで、保存したデータ、インストールしたアプリやドライバー、アカウントやパソコンの環境などは削除したくない! そのような場合は「上書きインストール」で、Windows の基本システム部分だけ再インストールします。