パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

windows10 復旧・修復・復元

Windows10 に問題が発生して正常に動作しないときはシステムの復元やファイルシステムのチェックなどで修復。
正常に起動しない状態なら、回復機能の立上げやセーフモードなど、問題の状況に応じた方法で復旧をします。

このカテゴリでは、Windows10 搭載の修復機能の使い方や設定、ブータブルメディア(緊急用起動ディスク)の作成、正常に起動しないときの復旧に関する方法などを紹介しています。




システムの復元


システムの復元の使い方

Windows 10 の初期設定では「システムの復元」は無効です! 有効にしておくことで、PCの調子が悪い、正常に動作しなくなった、アプリやドライバーの追加でへんになったなど、以前の正常な状態に戻すことができます。

システムの復元ポイントを作成する方法

Winodws 10 が重たくなった、調子が悪くなった、正常に動作しない、アプリやドライバーの追加で不安定になったなどの問題の予防に、システムの復元を有効にし、事前に手動で復元ポイントを作製する方法。

システムの復元ができない原因と対処方法

Windows 10 のシステムの復元ができない原因には、システムの復元を有効になっていない。または復元ポイントが無い。他にも空き容量の不足や Windows10 のシステムの不具合により復元ができないことがあります。

起動しない状態からシステムの復元を実行する

Windows10 が起動しない状態から、システムの復元の実行は「回復ドライブ」または「インストールメディア」からできます。なければ標準機能の「自動修復」を起動すれば可能です。

バックアップ


完全バックアップを搭載機能で作成|復元する方法

Windows10 搭載の標準機能でパソコンのまるまるバックアップと復元する方法。 システムイメージと回復ドライブを作成すれば Windowsが起動しない、正常に動作しない問題が発生しても安全に復元ができます。

ファイル単位で設定時間ごとに自動バックアップする方法

Windows10 ではファイル(フォルダー)単位で、設定した時間ごとに自動でバックアップを作成することができます。ここでは、バックアップする場所や時間の間隔、バックアップするフォルダー の設定など分かりやすく紹介しています。

レジストリ キーのバックアップと復元

レジストリの不具合でパソコンが正常に動作しなくなることがあります。編集前などレジストリキーをバックアップファイルを作成しておくことで、問題が起こった場合にでも簡単にレジストリを復元することができます。

レジストリの自動バックアップと復元方法

Windows10 のVer.1803以降で無効化された「レジストリの自動バックアップ」は、タスクスケジューラの設定とレジストリの編集で有効化するこができ、バックアップから復元もすることもできます。

デバイスドライバのバックアップと復元

Windows10 のデバイスドライバを管理しているフォルダをバックアップすることで、アップデートによる不具合やクリーンインストール時のドライバの供給を、バックアップから復元することができます。

起動しない状態でバックアップと再インストール

Windows 10 が起動しない状態から、再インストールのときに自動でファイルやデータをバックアップして、復元することができます。また修復機能の起動により、手動でバックアップのみの作成も可能です。

ブータブルメディアの作成


回復ドライブの作成方法と使い方

Windows10 の回復ドライブを作成しておくと、Windows が起動しない、データーが破損して正常に動作しない、ディスクドライブの問題など、回復ドライブを利用することで安全に修復作業ができます。

インストールディスクの作製方法「修復、セットアップ」

Windows 10 のインストールディスクはマイクロソフト公式サイトのWindows10 のダウンロードにある「ツール」にて、USBメモリまたはDVDディスクでインストールメディアを作成することができます。

システムの問題修復


セーフモードは再起動で立ち上げる

Windows10 では以前のような「F8」キーの操作ではセーフモードを起動できません。再起動ボタン+Shitキー、設定の回復からオプション画面を立上げて再起動でセーフモードを起動します。

問題を修復する主な4つの方法

Windows10 には問題を修復するための機能が搭載されています。システムの復元、トラブルシューティングツール、ドライブのスキャン、コマンドプロンプト、自動修復機能、回復ドライブを利用してWindowsの不具合や周辺機器などの問題を解決する為に利用できます。

「問題が発生したため…再起動」の原因を調べる

Windows10 で何だかの不具合により「問題が発生したため…再起動(ブルースクリーン)」が表示され、自動で再起動することがあります。何が原因で不具合が発生して再起動が必要になったのか調べることができます。

ディスクのチェックをする方法「ドライブのスキャンで修復」

Windows10 でのチェックディスクの実行方法は、チェックツールを使って簡単にできる方法と、コマンドプロンプトを利用する方法があります。チェックディスクではシステムやデータなどの修復ができます。

コマンドプロンプトでシステムファイル、イメージを修復

Windows10 の挙動や動作がおかしい、または起動しないなどの修復を、コマンドプロンプトの利用により「ドライブのスキャン」や「トラブルシューティング」で解決できない問題も修復ができる可能性があります。

トラブルシューティングツールで問題を解決

Windows10 のトラブルシューティングツールとは、インターネット接続、周辺機器、アプリ、 Windwos アップデート、音が出ない、プリンターなど多くの問題を自動で検査ができ問題を解決するツールです。

「ファイルシステムのエラーです」の修復方法

Windows10 で画像やファイル、データーを開くときに「ファイルシステムのエラーです」と警告が表示されて、開けない問題は「ドライブのスキャン」または「コマンドプロンプト」で修復します。

調子が悪いときに別ユーザーを作成して解決する方法

Windows10 の調子が悪く、動作が重くなった、アプリが開けないなど不具合が頻繁に起こる場合、別のユーザーを作成して正常に使えるときは、必要なファイルを移動して作成したユーザーでパソコンを利用する解決方法があります。

インストールメディアでセーフモードを起動する方法

Windows10 のインストールメディアの「このコンピュータを修復する」機能からセーフモードの起動はできまんせが、コマンドプロンプトよりセーフモードで起動をすることができます。

セーフモード「F8」キーでの起動を有効にする

Windows10 のセーフモードを「F8」キーで起動できるようにす方法は、コマンドの実行で簡単に有効にできます。設定後は Windows が起動する前にF8キーを押すとセーフモードを起動するとができます。

アップデートの問題修復


アップデート後に起動しないときの修復方法

Windows10 のアップデート後に起動しないときは、アップデートを前のバージョンに戻せば解決ができます。 アップデートでドライバーやアプリなどがPCの環境に対応できなかったりして、不具合が発生し正常に起動できなくなります。

アップデートを戻す方法「ダウンバージョン」

Windows10 のバージョンアップデートによる不具合は、以前のバージョンに戻せば解決する確率が高いです。 アップデートによりドライバーやアプリなどが対応できなかったりして、不具合が発生することがあります。

問題が発生した更新プログラムを削除する

Windows 10 の更新プログラムで問題が発生して起動できない、または正常に動作しない場合、更新プログラムを削除することができます。更新プログラムの削除は、「Windows の設定」または「コントロールパネル」から削除できます。

アップデートで不具合が発生したときの対処方法

Windows10 のアップデートによりパソコンが正常に動作しない調子が悪い、アプリが使用できなくなった、画面が正常に表示されない、起動しなくなったなど、更新プログラムの削除やアップデートを元に戻すことで不具合を解決できる場合があります。

更新プログラム失敗「アップデートができない」

Windows10 で更新プログラムが失敗するときの対処方法は、搭載機能の「トラブルシューティングツール」、または「マイクロソフト社提供のツール」をダウンロードして対処します。またディスクの空き容量不足も原因のひとつです。

アップグレードしたPCを Windows7に戻す「ダウングレード」

Windows10 にアップグレードしたら、不具合が多い、動作が重くなった、パソコンの操作性に戸惑うなど、アップグレード後1ヵ月以内であれば、Windows7 など元のOSバージョンに戻せることが出来ます。

更新プログラム適用後に起動しない時の修復方法

Windows10 の品質更新プログラムのアップデートの適用後に起動しない場合は、修復機能を立ち上げて、最新の更新プログラムをアンインストールすることで修復できます。

アップデート後に動作が重くなった

Windows10 の更新プログラムのアップデート後に、動作が重くなる原因の1つとしてアップデートによるシステムファイルの不具合の発生です。この場合、コマンドプロンプトで修復コマンドを実行して改善することがあります。

起動しないときの復旧


起動しない、起動が途中で止まるときの復旧方法

PCの電源を入れて、黒/青の画面に英語のメッセージ、起動画面で止まるならWindowsが原因。真っ暗で起動しないならデバイスに問題、Windows10 PCが起動しない時の解決方法を紹介しています。

起動しない!インストールメディアで修復する方法

Windows10 パソコンをインストールメディアで起動すれば、PCが正常に起動しないときでも、インストールメディアにある修復機能の回復オプションで、安全に修復操作をすることができます。

サインイン後の画面が真っ暗な時の修復方法

Windows10 で画面が真っ暗で、マウスポインタだけが見えるようなときはシステムの不調やプログラムのアップデートなどで、グラフィック ドライバーが正常に機能していない状態です。最初に簡単な操作で修復を試してみてだめならセーフモードを起動して修復します。

起動しない状態からファイル救出する

Windows 10 が起動しない状態で、フォルダーやファイルなどのデーターを救出するには、修復機能で起動さた後にセーフモードで起動して救出する方法と、コマンドプロンプトから救出する方法があります。

レジストリをコマンドプロンプトで修復

Windwos 10 が起動できなくても、コマンドプロンプトからレジストリエディタを立ち上て修復ができます。レジストリの自動バックアップの設定が有効なら、レジストリの復元で修復をすることもできます。

ブートセクターをコマンドプロンプトで修復

Windwos10 の起動で黒い画面に[boot]などの’英語が表示されて起動しない時は、ブートセクター(起動に必要なプログラム)が破損していることがあります。この場合、回復機能のコマンドプロンプトで修復操作ができます。

起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

Windows 10 が正常に起動しない状態からセーフモードで起動させるるには、修復機能を立ち上げてセーフモードで起動させることができます。「回復ドライブ」があるのなら同様に起動させることが可能です

ロック画面がフリーズしたときの対処方法

Windows10 でロック画面がフリーズして先に進めないときは、キーボード操作や再起動、修復機能から対処できることがあります。ロック画面がフリーズしてサインインできない時の解決法を紹介します。

起動できない状態からコマンドプロンプトを利用する方法

Windows10 が起動できない状態でコマンドプロンプトを利用するには、インストールメディア、回復ドライブ、PCの強制終了の、3つの方法からコマンドプロンプトを起動することができます。

システムの復元で起動しなくなった時の修復法

Windows10 が、システムの復元を実行して正常に起動しなくなった時は回復機能を立ち上げて、回復オプションからシステムの復元を別の復元ポイントで実行すれば、起動できるようになる場があります。

初期化


初期化する5つの方法

Windows10 のリセットは、・初期状態に戻す・新たに開始・上書きインストール・クリーンインストール・ドライブから回復の5つの初期化方法があります。ここでは要点を説明し別ページでやり方を紹介しています。

「PCを初期状態に戻す」機能で初期化する方法

Windows10 搭載機能の「このPCを初期状態に戻す」を利用して、Windows10を「初期化 リカバリ リセット」することができます。Windows が起動しない場合でも実行でき、アカウント情報そのままでファイルも残すことができます。

「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する場合

Windows 10 の「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する原因は、セキュリティソフトや空き容量の不足、初期化データーの問題などがあります。初期化が失敗する原因や対処方を紹介しています。

『新たに開始』の修復機能で初期化する

Windows 10 の『新たに開始』の初期化機能は、ユーザーの作成したファイルやユーザー情報 Windows の設定を保持して、最新の状態で初期化(再インストール)する機能です。Ver.2004対応

クリーンインストールする「2つの方法」

クリーンインストールはUSBメモリなどのインストールメディアで、Windows10が起動しない時の修復やクリアな再インストール、新規セットアップができます。実行ファイルを直接実行して修復インストールも可能です。

上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ

Windows 10 の上書きインストールは、保存したデータ、追加したアプリやドライバ、アカウント、PCの環境など削除しないまま引き継いで、Windows の基本システム部分だけを再インストールします。

回復ドライブから初期化する方法「ドライブから回復する」

Windows10 の回復ドライブで、通常の初期化とデータを完全に削除する二つの方法で初期化することができます。回復ドライブからの初期化とは、回復ドライブのデータを利用して Windows10 を初期化する仕組です。

セットアップでローカルアカウントが作成できないときの対処法

Windows10 のインストール時に「ローカルアカウントユーザー」が作成できないときは、インストール実行中にネット接続を切断するか、またはインストールの実行前にネット接続を切断すれば作成できます。