パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 スリープの復帰が勝手に実行される原因と対処方法

Last update

Windows 10 でウイルス対策ソフトやシステムが、スリープ中にでも更新などができるようにするタスクのスケージュールで、勝手にスリープから復帰される事があります。  スリープが勝手に復帰するのを防ぐには、通常なら「電源オプション」の「スリープ解除タイマー」の設定すれば解決します。 解決しない場合は「イベントビューアー」や「コマンドプロンプト」を使って、勝手に復帰する原因を調べます。  このページでは、スリープが勝手に復帰する原因と対処法を紹介しています。
スリープに関する設定は、下記のページをご覧ください。
Windows 10 スリープの設定と使い方

スポンサーリンク

-広告リンク-

電源オプションでスリープが勝手に復帰するのを止める


Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く  設定ウインドが開きますので「システム」をクリックします。
設定ウインド「システムクリック」  「電源とスリープ」をクリックし開きます。
電源とスリープ開く  「電源の追加設定」をクリックし「電源オプション」のウインドを開きます。
設定ウインド「電源の追加設定」  お気に入りのプランで「バランス」または「省電力」か選択されている方の「プラン設定の変更」をクリックします。
プラン設定の変更を開く  「詳細な電源設定の変更」をクリックし「詳細設定」のウインドを開きます。
詳細な電源設定の変更を開く
  • 詳細設定の「スリープ」横の「+」をクリックし展開します。
  • 「スリープ解除タイマーの」横の「+」をクリックします。
  • 「設定:」横の「有効」をクリックして「無効」をクリックします
スリープ解除タイマーの有効、無効  設定が「無効」になっている事を確認し「適用」または「OK」をクリックします。
これで設定は完了です。スリープが勝手に復帰しないか様子をみます。まだ勝手に復帰するようなら原因を調べます。
スリープ解除タイマーを無効に設定


スリープが勝手に復帰する原因を調べる


イベントビューアで調べる

「Windows」ロゴを右クリックして、表示されたメニューにある「イベントビューアー」をクリックします。
イベントビューアーを開く  「Windowsログ」の( 〉)アイコンをクリックして展開し「システム」をクリックします。
Windowsログのシステムを開く  システムの表示枠の上部でイベントと日時が表示されます。イベントをクリックして選択すると、下部に詳細が表示されます。
スリープ関連のイベントは「Power-Troubleshooter」と表示されています。
勝手に復帰した日時から「Power-Troubleshooter」のイベントを探して原因を調べます。
システムのイベントから Power-Troubleshooter を探す
Power-Troubleshooter」が見つけにくい場合は「検索」から見つけることもできます。
※ イベントの詳細に「スリープ状態の解除元が不明」と表示されわからない場合は、下の「コマンドプロンプト」で調べます。
システムのイベントを検索 


コマンドプロンプトで調べる

コマンドプロンプトを「管理者」として開きます。
  • 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。
タスクバーの「検索ボックス」からひらくばあいは、「cmd」と入力した結果から「コマンドプロンプト」を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。
ユーザーアカウント制御のウインドが開きますので「はい」をクリックします。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く  コマンドプロンプトの画面に「powercfg -waketimers」と入力して「Enter」キーを押します。
スリープに関するメッセージが表示されますので、参考にして原因を調べます。
コマンドプロンプトで powercfg -waketimers を実行する 

スリープが勝手に復帰する要因


自動更新が原因?

Windows Update 自動更新の止める方法は、下記のページをご覧ください。

自動メンテナンスが原因?

「自動メンテナンス」でスリープの解除を許可しない設定をします。
「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル


コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。
システムとセキュリティをクリック  「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。
セキュリティとメンテナンスをクリック  「メンテナンス」をクリックし、展開された内容にある「メンテナンス設定の変更」をクリックします。
メンテナンス設定の変更をクリック  「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」のチェックマークを外します。
この設定で、自動メンテナンス中のスリープの解除を止めることができます。 メンテナンス設定 スリープ解除を許可しない

ネットワークが原因?(有線接続のみ)

この要因は有線接続のみで、「Wi-Fi/ブルートゥース」でのネット接続には影響ありません。ケーブル接続にて解除の許可していると、常時ネット接続された状態になるので、ノイズなどの誤信号によりスリープが勝手に復帰する可能性もあります。初期値では無効になっているPCが多いですが、念のためチェックしましょう。  ネットワークアダプターでスタンバイの解除を許可しない設定をします。
デバイスマネージャーを開く
「Windows ボタン」を右クリックしたメニューの「デバイスマネージャー」をクリックします。
windows10 デバイスマネージャーを開く  デバイスマネージャーが表示されたら「ネットワークアダプター」の「〉」アイコンをクリックし展開します。
windows10 デバイスマネージャーのネットワークアダプター  「・wireless ・Wi-Fi ・Bluetooth ・WAN」が明記されていないものが、ケーブル接続用のネットワークアダプターです。
目的のネットワークアダプターを、ダブルクリックするか、右クリックしたメニューの「プロパティ」をクリックします。
ネットワークアダプターのプロパティを開く  プロパティ画面が表示されたら。
  • 「電源の管理」タブをクリックします。
  • 「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックマークが入っていれば、クリックして外します。
  • 「OK」をクリックして完了です。
ネットワークアダプターのスリープの操作
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア