PCサポート  


  • 自動起動するソフトを止めたい(スタートアップ編)
    Windows 10 のスタートアップ(自動起動)はシステムに登録する方法と、フォルダーにショートカットアイコンなど入れて登録する二つのタイプがあります。どちらとも簡単な操作でスタートアップの無効化ができます。
  • 自動起動をレジストリの編集で止める
    Windows 10 レジストリの編集で、自動起動するアプリなどを止める方法。スタートアップに登録 されていないのに自動起動する、この場合はレジストリの中から見つけることができる可能性もあります。
  • 起動時にフォルダーが勝手に開く
    Windows 10 の起動のたびに、フォルダーが勝手に開いてしまう問題の解決方法は、フォルダーオプションの設定、またはスタートアップのチェックで、フォルダーが起動時に開かなくなります。
  • スタートアップに登録して自動起動させる
    Windows 10 の起動時に、アプリなどを自動起動する方法は、スタートアップ フォルダーの中にショートカットアイコンなどを入れる簡単な作業で、スタートアップに登録したものを自動起動させることができます。スタートアップ フォルダーは、全てのユーザー用または特定のユーザーの、二通りの種類があるので使い分けることもできます。
  • サービスの自動起動を停止(無効)する方法
    Windows 10 登録されているサービスの、自動起動を無効にする方法を紹介。サービスは、通常のスタートアップに登録しているものより、早くに起動します。 サインインの前に起動し、バックグラウンドで常に起動しています。
  • 自動起動の停止は4つの場所を要チェック
    Windows10 の自動起動を止める方法は、スタートアップの無効だけではありません。スタートアップ以外にも設定の場所があり、他スタートアップ フォルダー、レジストリー、サービスで管理されています。 これら4つの自動起動の設定を解説。
  • スタートアップの設定と場所
    Windows 10 スタートアップとは、登録されている自動起動するアプリ管理している場所。以前のWindows 7 などは、システム構成[msconfig ]のスタートアップを設定していましが、Windows 10 ではタスクマネージャーから設定します。