PCサポート  

パソブル



Windows 10 起動しない状態からファイル救出する

Last update

Windows 10 が正常に起動しない状態で、フォルダーやファイルなどのデータを救出(バックアップ)するには、パソコンを自動修復で起動させた後にセーフモードまたはコマンドプロンプトから行えます。
回復ドライブがあるなら、回復ドライブからでもコマンドプロンプトを利用することができます。
このページでは、Windows が起動しない状態からファイルを救出する方法を紹介しています。


スポンサーリンク


自動修復の起動


救出操作は、回復ドライブがない場合は「自動修復」で起動し「詳細オプション」より操作します。
※回復ドライブがある場合、回復ドライブからでもコマンドプロンプトが利用できます。
回復ドライブの作成方法と使い方
電源スイッチを入れ、起動画面が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。
強制終了の電源ボタンの押すタイミングは、起動画面または「くるくる回る」画面が表示されたら、電源ボタンんを長押して電源をきります。
※ パソコンによっては、Windows のロゴが表示されず、メーカのロゴや何も表示されない場合もあります。
※ パソコン本体は起動しているけど、Windows の起動画面すら表示されない場合も「強制終了」を試してみてください。

Windows10 自動修復の起動
強制終了を二回以上続けて行い、「自動修復を準備しています」と表示されれば、自動修復の起動は成功です。
自動修復が起動されると、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されますので、そのまま待ちます。
パソコンの環境により、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
ウインドウズ10 自動修復の起動
自動修復を起動できない
パソコンによっては「自動修復」を呼び出せないこともあるようです。
電源ボタンの長押しではなく、電源を完全に「2回以上」切る方法だと呼び出せた報告もあります。
デスクトップなら、後ろにある電源ボタンを「OFF」にする、または電源ケーブルを抜く。
ノートブックなら、バッテリーを外して強制終了する。何れもお勧めしませんが、緊急事態と言うことで。


ファイルやデータを救出する


救出の基本操作は、ファイルなどをコピーして別のドライブに張り付けて救出します。
Windows10 が正常に起動しない状態でのファイルの救出方法は、以下の順番のようにセーフモードから試します。
  • セーフモードで起動して通常の操作でファイルを救出する
  • コマンドプロンプトで、エクスプローラーを立ち上げてファイルを救出する
  • コマンドプロンプトで、コマンドの入力でファイルを救出する

セーフモードでファイルを救出


「詳細オプション」の画面で「スタートアップ設定」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定をクリック
「スタートアップ設定」画面が表示されますので「再起動」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定で再起動をクリック
再起動後に、再度「スタートアップ設定」が表示されます。
キーボートの「5」(セーフモードとネットワークを有効にする)を押せば、セーフモードで起動されます。
※ ネットワークを有効にする意味は、設定にもよりますが「マイクロソフト アカウント」でサインインができない場合もあるためです。
キーボードの5を押し、セーフモードを起動する
セーフモードで起動ができたなら、通常の操作でファイルをコピーして、目的の場所へ貼り付ければ救出は完了です。


スポンサーリンク

コマンドプロンプトでファイルを救出

セーフモードで起動できない場合は、コマンドプロンプトでエクスプローラーを起動するかコマンドの実行でファイルを救出します。
最初に、自動修復の「詳細オプション」ある「コマンドプロンプト」を開きます。
自動修復 コマンドプロンプトを開
コマンドプロンプト画面
自動修復 コマンドプロンプト
ここからは、好みの方法で救出操作をしてください。

エクスプローラーを立ち上げて救出

コマンドでメモ帳を開いてメニューからエクスプローラーを立ち上げ、ファイルをコピーして他のドライブなどに張り付けます。
コマンドプロンプトに「notepad」と入力してキーボードの「Enter」を押すと、メモ帳が開きます。
コマンドでメモ帳を開く
「ファイル」をクリックしたメニューの「開く」をクリックします。
コマンドのメモ帳からエクスプローラーを開く
コピー(救出)したいフォルダなどを右クリックしたメニューの「コピー」をクリックします。
コマンドのメモ帳からエクスプローラーを開く
NOTE:
ディスク情報の表示が通常とは異なっています。
通常では(:C)がメインのディスクですが、自動修復のコマンドプロンプトで開いたエクスプローラーでは、
ユーザーフォルダなど windows がインストールされているメインのディスクは「ローカルディスク(:D)」にまります。
張り付ける場所に移動します。
場所の移動が完了したら、何もないところを右クリックしたメニュー「貼り付け」をクリックすれば、コピー(救出)は完了です。
コマンドのメモ帳からエクスプローラーを開く
操作が完了したら、コマンドプロンプトに「exit」と入力しキーボードの「Enter」を押せば、オプションの選択画面に戻ります。


コマンドを実行して救出


コマンドの入力と実行で、ファイルをコピーして他のドライブなどに張り付けます。
最初に Windwos 10 がインストールされている、ディスクのボリューム名を確認します。
通常(ボリューム名 C:)にインストールされていますが、自動修復からコマンドプロンプトを立ち上げると、ボリューム名が変更されます。
コマンドプロンプトに「dir D:」と入力してキーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプト dir D:
画面に「Windows」や「Program Files (x86)」が表示されれば、「 D:」がインストールされているディスクになります。
表示されなければ「dir E:」や「dir F:」を入力して確認します。
コマンドプロンプト dir D: 実行結果
救出先のディスクのボリューム名を探します。
dir E:」や「dir F:」を入力して確認します。 コマンドプロンプト ボリューム名を探す
ファイルのコピーの実行
ここでは、例として「ユーザーフォルダー内の pasoble フォルダー」を「E:」ディスクにコピーして、救出する操作を説明しています。
コピー元のパスと、コピー先のパスを指定します。
D:¥Users¥pasoble E:¥pasoble /s/e/i」と入力して「Enter」を押します。
コマンドプロンプト xcopy
貼付けできているか確認します。
コマンドプロンプトに「dir E:」と入力して「Enter」を押します。
画面に「pasoble」と表示されていれば、救出は完了です。
コマンドプロンプト 救出の確認
操作が完了したら、コマンドプロンプトに「exit」と入力しキーボードの「Enter」を押せば、オプションの選択画面に戻ります。



スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ