パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 標準アプリ「フォト」で動画編集をする

Last update

Windows10 の標準搭載アプリの「フォト」の動画編集機能「ビデオエディター」で、動画のトリミング(切取り結合)、文字入れ(テロップ作成)、エフェクト/3D効果、音楽の追加など無料で動画編集ができます。  このページでは Windows10 の動画編集機能を紹介しています。
Windows10 の標準機能で画面を録画するする方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 の標準機能で画面録画の動画とキャプチャを撮る方法

スポンサーリンク

-広告リンク-

Windows10 の標準機能で動画の編集をする


Windows10 の標準アプリで、画像観覧「フォト」に統合されている、動画編集機能の「ビデオエディタ」があります。この機能を利用すれば動画の編集ができます。
また、動画編集機能の開き方は、「フォト/ビデオエディター」と「ファイル」からの2つの方法があり、基本的な操作や動画編集の種類によっては編集操作が異なるので、それらも含めて紹介していきます。 

動画編集機能の開き方と基本操作

スタートメニューの「ビデオエディター」または「フォト」から動画編集を開くか、動画ファイルから「フォト」を開いて、動画を編集する方法があります。 

スタートメニューから開く

スタートメニューの「ビデオエディター」または「フォト」から、動画編集をすることができます。  スタートメニューを開き「ビデオエディター」または「フォト」をクリックします。
スタートメニューからフォト(ビデオエディター)を開く  「フォト」をクリックして開いた場合
「さらに表示」をクリックして「ビデオエディター」をクリックすれば、「ビデオエディター」が表示されます。
フォトからビデオエディターを開く  「ビデオエディター」動画編集の準備をする
新規に動画を編集するか、編集済みの動画(プロジェクト)を再編集するか、二通りの準備があります。
  • 新規に動画を編集する場合は、「新しいビデオプロジェクト」のタイルをクリックするか、メニューの「新しいビデオ」をクリックし「新しいプロジェクト」をクリックします。
  • 編集済みの動画を追加で編集する場合は、プロジェクトをクリックします。
ビデオエディター新しいビデオ プロジェクトを作成  「新しいビデオプロジェクト」で新規に動画を編集する場合
「新しいビデオ」をクリックした場合、「ビデオの名前の指定」が表示されるので、好きな名前を入力して「OK」をクリックします。
ビデオエディター新しいビデオ プロジェクトの名前
ビデオの名前の指定について
「スキップ」をクリックしても編集はできますが、「名前」を指定していれば、再度編集するときに見つけやすくなります。  プロジェクト(編集ファイルは)自動で作成されます。ここでの「ビデオの名前の指定」は保存ではなく、プロジェクトファイルに名前を付ける操作です。名前の指定は後で行うこともできますが(末尾参照)、複製になるのでプロジェクトが2つできることになります。
「プロジェクトライブラリ」の「追加」をクリックしたメニューの「このPCから」をクリックすると、エクスプローラーが表示されるので、目的の動画ファイルをクリックして開きます。
ビデオエディター動画ファイルの選択  「プロジェクトライブラリ」に表示された動画をクリックしたまま、「ストリートボード」の空ボックスまで移動して入れます。
ビデオエディター動画編集の準備  「ストリートボード」の、メニューの「編集名」をクリックして、動画の編集を開始できます。
ビデオエディター動画編集メニュー
その他、ボックス内の動画を右クリックした、動画の編集メニューからも操作することができます。
ビデオエディター右クリックの動画編集メニュー

動画ファイルから開く

動画ファイルから「フォト」を開く意味は、再生が目的ですが「動画編集メニュー」があるので、そこから編集をすることもできます。  動画ファイルを右クリックしたメニューの「プログラムから開く」にマウスポインターを合わせると、サブメニューが表示されるの「フォト」をクリックします。
動画ファイルからフォトを開く  動画ファイルから開いた場合の基本操作
メニューの「編集と作成」をクリックすれば、動画編集の項目が表示されるので、ここから操作します。
フォトから動画編集の基本操作
ビデオエディターを開く場合は、「テキスト入りビデオの作成」をクリックして、「新しいビデオプロジェクト(新規の動画編集)」を作成することができます。
「新しいビデオプロジェクト」を作成方法は、
上述の「新しいビデオプロジェクトで新規に動画を編集する場合」をご覧ください。

動画のトリミング(切り取り)と結合

トリミングの編集は、スタートメニューから「ビデオエディター」と、動画ファイルから「フォト」を開いて操作する方法があります。
  • 動画の一場面だけのトリミング(切り取り)なら、動画ファイルから「フォト」を開いて編集するのが簡単です。 
  • 動画の複数の場面を切り取り、トリミングした動画を結合するなら「ビデオエディター」にて編集します。
動画ファイルから「フォト」を開きトリミング
ノブ「〇」を移動して、切り取る部分を選択します。再生「▷」アイコンをクリックすれば、切り取った範囲を確認することができます。
フォトで動画編集トリミング操作  「ビデオエディター」でトリミングと結合 ビデオエディターでは、動画の複数の場面や別動画をトリミングするこが可能で、切り取った動画を結合することができます。  ノブを移動して、切り取る部分を選択します。「再生」アイコンをクリックすれば、切り取った範囲を確認することができます。
トリミング操作が終了したら「完了」をクリックします。
ビデオエディター動画編集トリミング操作  追加のトリミング
既にトリミング済みの横の、空ボックスに「プロジェクト ライブラリ」から最初に操作したときと同じようにドラッグします。
ビデオエディタートリミングの追加  別動画を切取り結合する
「プロジェクト ライブラリ」に別の動画を追加して、別動画をトリミングして結合することも可能です。
別の動画の編集準備  このように、「ストリートボード」に動画を入れて新たにトリミングして行けば、複数のトリミングした動画を結合することができます。

動画の一部をスローモーションにする

スローモーションの編集は、動画ファイルから「フォト」を開いて操作する必要があります。ビデオエディターでは編集できません。  スローモーションの編集画面
元の速度でスローモーションの編集 さらにスロー」では、クリックしたまま左右2つのノブ「〇」を移動して、スローモーションにする部分を選択します。同時にトリミングの編集も可能です。
さらにスローでスローモーションの編集

動画に文字入れ テロップの作成

動画の複数の場面に文字を入れて、テロップを作成することができます。  デロップの作成
文字のデザインや表示する場面の指定、表示時間、表示位置を編集することができます。
ビデオエディター文字表示の長さを設定  テロップは、複数の場面で追加するこも可能です。
ビデオエディター追加編集の準備

動画に紙ふぶきや3Dのエフェクト効果の追加

ビデオエディターでは、複数のエフェクト効果と3D アニメーション画像の素材が提供されています。それらを使用して簡単にエフェクト効果の追加ができます。  エフェクト効果の追加
ビデオエディターでは、複製のエフェクト効果の素材が準備されています。
ビデオエディターのエフェクト効果の選択  エフェクト効果のを選択し、表示する場面の指定、効果のサイズ、表示時間、表示位置や開始位置など様々な編集ができます。
ビデオエディターのエフェクト効果の追加  3Dアニメーション画像の追加
ビデオエディターでは、複製の3Dアニメーション画像の素材が準備されています。
ビデオエディター3D画像の追加  3Dアニメーション画像は、表示する場面の指定、効果のサイズ、表示時間、表示位置や開始位置など様々な編集ができます。
ビデオエディター3D画像の編集する  効果の追加は、エフェクト効果や3Dアニメーションを複製の場面で、混合して追加することができます。

その他の編集機能「フィルター」「モーション」

ビデオエディターでは、他にも「フィルター」動画を白黒やセピア色にしたり、「モーション」左右上下に拡大させる動画編集機能があります。
しかし、これらの機能は動画の一場面に追加する編集ができず、全体に適用されるので使い道がないと思います。参考までに、編集画面を紹介しておきます。
ビデオエディターのフィルターとモーション機能

ビデオエディターが無い/動画編集機能が利用できない


Windows10 の動画編集機能のビデオエディターは新しく「Microsoft フォト」に統合するかたちで提供され、更新されていない「フォト」には搭載されていません。
「ビデオエディター」がない、または文字入れの編集ができないなど、「フォト」を更新することで利用できるようになります。 

「Microsoft フォト」を更新する方法


「Microsoft フォト」は マイクロソフト ストア で管理されいるアプリです。アプリの更新は初期値で自動になっていますが、更新されない場合は手動で更新するこができます。  スタートメニューの「Microsoft Store」をクリックします。
マイクロソフトストアを開く  「Microsoft Store」が表示されたら「…」ボタンをクリックし、メニューの「ダウンロードと更新」をクリックします。
マイクロソフトストア アプリダウウンロードと更新  「ダウンロードと更新」が表示され、暫くすると更新の確認が開始されるのでそのまま待ちます。開始されない場合は「最新情報を取得する」をクリックします。
利用可能な更新プログラムの表示が増えていきます。
マイクロソフト ストア 更新の確認  更新の確認が終了したら、「Microsoft フォト」を探し、「↓」ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まるのでそのまま待ちます。
ダウンロードが済めば、インストールが開始されるのでそのまま待ち終了すれば、「フォト」の更新は完了です。
マイクロソフト フォトのアップデートとインストール  スタートメニューに「ビデオエディター(新規)」が追加されていいれば完了です。無ければ、パソコンを再起動して確認してください。
スタートメニューにビデオエディターが新規で作成  ※古いパソコンやグラフィックボードの使用で、動画編集機能が対応できない状況では、「フォト」を更新しても利用できない可能性があります。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア