PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 では一般的に「PCを初期状態に戻す」機能のことを「初期化」と言われていますが、他にも搭載機能の「新たに開始」とインストールメディアを利用して「上書きインストール」「クリーンインストール」で初期化する方法があります。

パソコン本体が初期化する前と同じ状態なら、これらの方法で初期化しても、再認証する必要もありません。

このページでは、それぞれの特徴や違い、初期化するとどうなるかなどを説明をし、詳しい操作方法については別ページで解説するようにしています。


スポンサーリンク


PCを初期状態に戻す


Windows10 の搭載機能の「PCを初期状態に戻す」で初期化するとは、再インストールに近いですが Windows をインストールした時点に戻すものではなく、現在使用している windows 10 の環境を初期状態に戻す機能です。
※以前のバージョンに戻したり、メーカのリカバリー機能などを利用した出荷状態にするものではありません。

詳細ページ
「PCを初期状態に戻す」機能で初期化する方法

ユーザーアカウント

ユーザー情報は変更、削除されません。ユーザーアカウント名、パスワードは初期化後も同じです。

設定

「Windows の設定」や「コントロールパネル」などで、任意で設定したものは全て初期値に戻ります。

ファイル

作成したファイルは「個人用のファイルを保持する」か「全て削除する」かの選択する設定があり、削除せずに残せることもできます。
初期状態に戻すが実行される

アプリ

自分で追加したアプリやパソコンメーカーが提供している、最初から入っているアプリは全て削除されます。また Windows 10 に最初から入っているアプリも一部削除されることもあります。

削除されるアプリは、初期化のオプション設定中に確認するこごができます。
初期化の完了後ではデスクトップに、削除されたアプリというファイルが作成され、それを見て確認することもできる。
削除されるアプリの確認

実行環境

「PCを初期状態に戻す」実行環境は Windows10 が正常に起動しない状況でも、利用することができます。

Windows10 が起動している状況から「PCを初期状態に戻す」
回復 初期状態に戻す

Windows10 が起動しない状況から「PCを初期状態に戻す」
自動修復で「PCを初期状態に戻す」


新たに開始


Windows10 の搭載機能の「新たに開始」で初期化するとは、「PCを初期状態に戻す」とほぼ同じですが追加したファイルの削除はできません。また Windows の設定の維持や、バージョンアップデートの維持、他にもデバイスドライバーの再構築の強化されたと報告されています。

「新たに開始」も再インストールに近いですが Windows をインストールした時点に戻すものではなく、現在使用している windows 10 の環境を初期状態に戻す機能です。
※以前のバージョンに戻したり、メーカのリカバリー機能などを利用した出荷状態にするものではありません。

詳細ページ
『新たに開始』の修復機能で初期化する

ユーザーアカウント

ユーザー情報は変更、削除されません。ユーザーアカウント名、パスワードは初期化後も同じです。

設定

「Windows の設定」や「コントロールパネル」などの設定は維持されますが、一部の設定は初期値に戻されます。
初期化完了後は確認する必要があります。

ファイル

追加したファイルは削除されずに残ります。
「PCを初期状態に戻す」では、削除するしないが選択できましたが、新たに開始ではできません。

アプリ

「PCを初期状態に戻す」と同様に、自分で追加したアプリやパソコンメーカーが提供している、最初から入っているアプリは全て削除されます。また Windows 10 に最初から入っているアプリも一部削除されることもあります。

削除されるアプリは、初期化のオプション設定中に確認するこごができます。
初期化の完了後ではデスクトップに、削除されたアプリというファイルが作成され、それを見て確認することもできる。

実行環境

「新たに開始」の実行環境は Windows10 が正常に起動している状態でないと利用できません。
新たに開始画面の「開始する」をクリック


上書きインストール


「上書きインストール」は、追加したファイル、インストールしたアプリやドライバー、ユーザーアカウントやパソコンの環境などはそのままで、Windows の基本システム部分だけ再インストールすることができます。。

また、上書きインストールでは追加したファイルやアプリ、設定を削除することもできるので、「PCを初期状態に戻す」や「新たに開始」と同じような初期化ができます。
搭載機能で初期化が失敗するときは、上書きインストールを実行するのもひとつの方法です。

「上書きインストール」は Windows10 の搭載機能ではないので、別途インストールメディアの作成が必要です。

詳細ページ
上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ

ユーザーアカウント

ユーザーの情報(アカウント名、パスワード)はそのまま使用できます。

設定

「Windows の設定」や「コントロールパネル」などの設定は基本的に維持されますが、上書きインストール完了後は確認するほうが良いでしょう。

ファイル

追加したファイルは削除しないで残すことができます。追加したファイルを削除する場合は、追加したアプリも削除されるようになります。

アプリ

Windows10 に最初からインストールされているアプリは一部削除さる場合もありますが、自分で追加したアプリは削除されずに残すことができます。
アプリの削除をする場合は、追加したファイルを削除しないか、設定やアプリもファイルも全て削除する選択ができます。
個人用ファイルとアプリを引き継ぐ

実行環境

「上書きインストール」の実行環境は Windows10 が正常に起動している状態でないと利用できません。
上書きインストールのSetup


クリーンインストール


クリーンインストールとは、ユーザーアカウント、ファイルやアプリなど全てのデーター削除して、Windows10 を完全に初期化します。
クリーンインストールで完全に初期化しても、パソコン本体のハードが変更されていなければ、Windows10 の再認証は必要ありません。

クリーンインストールにも、パソコンの全てのデーターを削除して初期化する方法と、追加したファイルやアプリなどを残す方法があります。
ただし、ファイルやアプリを残す方法は Windows10 が正常に起動した状態で実行する必要。これは上述の「上書きインストール」になります。

「クリーンインストール」も Windows10 の搭載機能ではないので、別途インストールメディアの作成が必要です。

こちらでは、完全に初期化する場合の内容を説明しています。

詳細ページ
「インストールメディアの起動からクリーンインストール」をご覧ください。
クリーンインストールする「2つの方法」

ユーザーアカウント

ユーザーの情報(アカウント名、パスワード)は全て削除されます。
マイクロソフトアカウントまたはローカルアカウントでも、再度同じアカウントの情報を設定しても問題ありません。

設定

「Windows の設定」や「コントロールパネル」などの設定は、すべて初期値または削除されます。キーボードの設定なども再設定します。
クリーンインストールの基本設定

ファイル

追加したファイルは全て削除されます。

アプリ

Windows10 に最初からインストールされているアプリは削除され、再度自動的にインストールされますが、一部インストールされないものもあります。
自分で追加したアプリは全て削除されます。

完全な初期化では、インストールするドライブのデーターをフォーマット(削除)しますので、ファイルやアプリも削除されます。
クリーンインストールのフォーマット

実行環境

「クリーンインストール」の実行環境は、インストールメディアから起動しますので Windows10 が正常に起動しない場合でも実行できます。
インストールメディアの起動


スポンサーリンク


このページのURLLをコピーする


その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ