パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 に無償でアップグレードする

公開日
最新更新日

マイクロソフト公式 Windows11 ダウンロードページの「Windows 11 インストール アシスタント」にあるアップグレードツールをダウンロードして実行すれば、手動で簡単に Windows11 に無償アップグレードすることができます。  このページは、Windows11に手動で無償アップグレードする方法を紹介しています。
Windows11 のアップグレードのに関する問題などは下記のページをご覧ください。

スポンサーリンク

Windows11 に無償アップグレードする方法


1. PC が Windows11 の要件を満たしているかチェックする



Windows11 の要件チェックアプリで確認する

「PC 正常性チェック」が実行済みの場合、ここは飛ばして次項へ進んでください。
Windows11 にアップグレードするパソコンが、Windows11 の要件に対応しているか、アプリを実行してチェック済みにします。 先に要件チェックを済ませておいた方が、アップグレードがスムーズに行えます。  ここでは、要件の確認の要点だけ説明していますが、詳しくは下記の別ページで詳しく紹介しているのでそちらをご覧ください。
Windows11 に対応しているか要件をチェックする方法
Windows11 の公式サイト内にある「互換性の確認」の「PC 正常性チェックのアプリのダウンロード」をクリックしてダウンロードします。
マイクロソフト Windows 11 公式サイト
Windows11 のPC 正常性と要件のチェック  インストールが完了したら、「PC 正常性チェック」を実行し、画面の「Windows 11 のご紹介」にある「今すぐチェック」をクリックすると検証が始まります。
Windows11 のPC 正常性と要件のチェックを実行  Windows11 の要件に対応していれば、「この PC は Windows 11 の要件を満たしています。」と表示されます。
Windows11 の要件を満たしている結果  「この PC は現在、Windows11 システム要件を満たしていません。」と表示されたら、Windows11 へのアップグレードはできません
Windows11 の要件を満たしていない結果

Windows11無償アップグレードの要件の概要

Microsoft 社の公表ですが、CPU と メモリ はこんな能力では Windows11 をスムーズに使用することはできません。これは Windows11 が起動できる最低要件と考えてください。例に挙げると、最低でも CPU 「i3 同等」メモリは「8GB」以上が必要、また HDD の使用は遅すぎて使いもにならないです。  マイクロソフト公式発表
CPU 1GHz以上、2コア以上の64ビット互換プロセッサ、またはSystem on a Chip
メモリ 4GB
ストレージ HDD(ハードディスク)または SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)容量 64GB 以上
ファームウェア(BIOS) UEFI セキュア ブートが必須
TPM トラステッド プラットフォーム モジュールバージョン2.0(暗号化機能)
グラフィックスカード DirectX 12 以上に対応
ディスプレイ 9インチ以上8ビットカラーの高解像度、720pディスプレイ以上

2. アップグレード ツールのダウンロード


ダウンロードページの「Windows 11 インストール アシスタント」にある「今すぐダウンロード」をクリックして、ツール(Windows11InstallationAssistant)を保存します。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11
Windows11 のインストールアシスタントのダウンロード

3. Windows11 にアップグレードする



3-1. アップグレードの実行

ダウンロードした、インストールアシスタント「Windows11InstallationAssistant」をダブルクリックします。
Windows11 のインストールアシスタントの実行  Windows 11 が画面が表示されるので、「同意してインストール」をクリックします。
Windows11 のインストールアシスタント実行の同意
要件を満たしているかチェック」をしていないと、同意が画面が表示されず「PC 正常性チェックのアプリのダウンロード」が表示され、アプリのダウンロードと実行が必要なり手間がかかります。
Windows11 インストールアシスタント PC 正常性チェックの実行の要求

3-2. Windows11 のダウウンロード

Windows11 のダウンロードが開始されるので、そのまま待ちます。
Windows11 のダウンロードの開始 

3-3. Windows11 アップグレードの準備が開始

Windows11 のダウンロードが完了し確認が終われば、インストール(アップグレード)の準備が開始されるので、そのまま待ちます。
アップグレードの準備にかかる時間は、PCの環境により異なりますが、30分以上はかかると思った方が良いです。
Windows11 のアップグレードの準備の開始
「PC を引き続き使用することは出来ますが、...」と表示されますが、トラブルが無いとも言えません。できるだけ、他の作業をしないことを推奨します。
  インストールの準備が完了したら、「Windows 11 をインストールするには、PCを再起動する必要があります」を表示されるので、「今すぐ再起動」をクリックします。
Windows11 のアップグレードの準備の完了  ・何もしなくとも「30分」後には、自動で再起動が実行されます。  「サインアウトしようとしています」表示されたら、「閉じる」をクリックします。また、クリックしなくとも強制的に再起動します。
Windows11 のサインアウトの表示

3-4. Windows11 のアップグレードのインストール

再起動後に Windows11 の起動画面が表示された後に、「更新プログラムを構成しています」を表示されます。また、環境により自動で再起動する場合もあります。
Windows11 アップグレード更新プログラムの構成  アップグレードが完了したら、ロック画面が表示されたらサインインします。
Windows11 のアップグレードのサインイン  「こんにちは」→「準備しています」と「もう少し完了です」と表示されれば、直ぐに Windows11 のデスクトプ画面が表示されます。
Windows11 のアップグレードの最終段階  Windows11 のアップグレード後の画面
これで、Windows11 のアップグレードは成功です。次にライセンス認証の確認をしてアップグレードを完了します。

3-5. ライセンス認証の確認

念のため、ライセンスの確認をしておきます。  「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。 スタートから設定アプリを開く  「ライセンス認証」をクリックします。 スタートから設定アプリを開く  ライセンス認証が表示されたら「ライセンス認証の状態」をクリックして確認します。 スタートから設定アプリを開く

3-6. Windows11 無償アップグレードの完了

Windows11 がインストールされ、ライセンスの認証がされていれば、Windows11 の無償アップグレードは完了です。 
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を開始それに伴いPCサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト