PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 が起動しない場合の修復方法を紹介します。修復方法は幾かありますので、内容をゆっくり読んで見てから復旧作業を行ってください。

ウインドウズを起動したら、起動画面でくるくる回ってる画面から先に進まなくなったり、起動画面で止まったまま立ち上がらない、再起動を繰る返すなど正常に起動しないときは「自動修復」機能で、正常に起動ができる場合もあります。自動修復機能といっても、結果的には手動で修復するようになります。

Windows10が突然起動しなくなった時は、前回正常に起動し使っていた環境を思い出してみてください。
今回起動する前に、ドライバーのインストール、アプリケーションソフトのインストール、新しい機器の接続など、環境が変わっていないか。
もし環境が変わっているのなら、それが原因だとも考えられます。

アップデート後に起動できない場合は、下記ページをご覧ください。
バージョンアップデート後に起動しないときの解決方法

このページで紹介する方法で「自動修復」が呼び出せない、またはドライブなどの障害が不安な場合は、Windows10 のインストール ディスクで「修復作業」を実行する事もできます。
インストール ディスクでの修復作業は、パソコンを「インストール ディスク」で起動して行ないます。
Windows 10 のインストールメディアの作成
インストールメディアで修復する方法
スポンサーリンク

自動修復を起動させる


1. 電源スイッチを入れ、起動画面が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。
この強制終了を二回続けて行います。

起動画面が表示されない、パソコン本体が起動しない場合は、パソコンが起動しない原因と対処の方法を参考にしてください。

・パソコンの電源が切れたら、再び電源を入れ再度「強制終了」をします。
・「強制終了を2回」行う事で「自動修復」を呼び出す事ができます。
強制終了のタイミングの問題もあるようなので、呼び出せない場合は、もう一度強制終了を試す。
パソコンにより下の図のような起動画面が現れないこともありますが、Windows10が起動したら「強制終了」します。
Windows10 起動
パソコンによっては「自動修復」を呼び出せないこともあるそうです。
電源ボタンの長押しではなく、電源を完全に「2回以上」切る方法だと呼び出せた報告もあります。
デスクトップなら後ろにある電源ボタンを「OFF」またはケーブルを抜く。
ノートブックならバッテリーを外して強制終了する。何れもお勧めしませんが、緊急事態と言うことで。
また、強制終了の実行はハードディスクにダメージを与える事がありますので、緊急時以外は行なわないようにしてください。
これらはあくまでも自己責任で実行してください。
心配であれば、上で説明しいている「インストール ディスクで修復作業」を実行してください。作成するには起動するパソコンが必要になります。

2. 三回目の電源スイッチを入れると、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されますので、そのまま待ちます。
パソコンの環境により、かなり時間がかかる場合もあります。
ウインドウズ10 自動修復 起動

3. 「自動修復」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション

4. 「オプションの選択」の画面が現れますので「トラブルシューティング」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング

5. 「トラブルシューティング」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング 詳細オプション

6. 「詳細オプション」の画面が現れますので目的の修復方法を選択(クリック)します。
Windows10の修復方法は、安全に作業ができる「システムの復元」を推薦します。
セーフモードの起動及び修復方法は、次項で説明します。

自動修復「システムの復元」


「システムの復元」をクリックすると復元作業のウインド開きますので作業を進めます。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション
ウインドウズ10 自動修復 システムの復元
詳しい復元の方法は、Windows 10 システムの復元をご覧ください。
「システムの復元」でも、まだ正常に起動しない場合は、項目1~5を再度実行し、下記にあるセーフモードで再起動し、サインイン後「システムの復元」を完了させ、もう一度再起動して正常に起動するか試してみます。

自動修復「セーフモードで起動」


「システムの復元」が有効でない場合やまだ正常に起動しない場合は「スタートアップ設定」で「再起動」をクリックし、再起動後に「セーフモードを有効にする」を番号で選択しWindows10の起動を試してみる。
ウインドウズ10 自動修復 セーフモード起動
セーフモードで起動ができるなら、ディスクのエラーをチェックする、またはアプリやドライバーのインストール後に問題がでたなら、それらを削除するなど修復作業を試してみる。
ディスクドライブのエラーをチェックする
アプリ(プログラム)の削除
ドライバーの削除
システムファイルの修復
高速スタートアップを無効にして試す
上記修復作業で、まだ正常に起動しない場合は Windows10 を初期状態に戻すこともできます。詳しくは、Windows10 を初期化する方法 をご覧ください。
復元、セーフモード以外の方法は、下記「詳細オプションの内容」をご覧ください。

Windows 10の修復「詳細オプション」の内容

スポンサーリンク

ウインドウズ10のアップデート(更新プログラム)後、起動に問題がでる(アップデートの失敗)はこちらをご覧ください。
更新プログラム失敗「アップデートができない」

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連