PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 を起動したら、起動画面でくるくる回ってる画面から先に進まない、起動画面で止まったまま立ち上がらない、再起動を繰り返すなど、
Windows 10 が正常に起動しないときは「自動修復」機能を使用して、正常に起動ができるよう修復します。
自動修復機能といっても、結果的には手動で修復する作業になります。


スポンサーリンク


状況の確認
少し長くなりますが、先に読んでください。

何もしていないのに「自動修復」画面になって起動しない。
この場合、「再起動」をクリックしてください。正常に起動ができるなら問題はありません。

起動はするが、画面が真っ暗でマウスカーソルだけ見えている。
サインイン後の画面が真っ暗な時の修復方法をご覧ください。

Windows のアップデート後に正常に起動しない。
バージョン(大型)アップデート後に、起動しないときは元のバージョンに戻す。
バージョンアップデートを、元のバージョンに戻す

通常の更新プログラムのアップデート後に、起動しないときはそれらを削除。
問題が発生した更新プログラムを削除する

パソコンの電源をつけたままにしていると、スリープ中でも設定をしていなければ、Windows 10 は自動でアップデートします。
例えば、パソコンを見ると何もしていないのに、再起動され起動が途中で止まっている。

スリープ中に自動アップデートを止めるには、自動メンテナンスを無効にする。
スリープの復帰が勝手に実行される原因

Windows 10 の起動画面すらでない、パソコン本体が起動しない。
パソコンが起動しない原因と対処の方法をご覧ください。

前回正常に起動したときと環境が異なっている。
Windows 10 が突然起動しなくなった時は、前回正常に起動したときの環境を、思い出してみてください。

ドライバーのインストール、アプリケーションソフトのインストール、新しい機器の接続など、環境が変わっていないか。
もし環境が変わっているのなら、それらが原因で起動しないとも考えられます。

その場合は、周辺機器の接続を外して起動してみる、
またはセーフモードで起動して、最後にインストールしたものを「アンインストール」して、正常に起動するか試します。

起動しない原因がわからない
Windows 10 が起動しないときの修復方法は、いくつかあります。
どのような修復方法(順序)が良いか、
先ずは「システムの復元」が有効になっているのであれば、システムの復元から修復します。

システムの復元が有効になっていない、復元でも修復できない、バックアップのイメージもない場合、
セーフモードで起動して、ドライブのエラーチェックやトラブルシューティングツールなどで修復をします。

セーフモードで起動できない、セーフモードからも修復できない場合は「コマンドプロンプト」で修復を試します。

セーフモードも起動できない、コマンドプロンプトからも修復できない状況なら、「初期化」を考える必要もあります。

初期化も失敗する状況なら、起動しない状態でバックアップして、クリーンインストールするのも一つの方法です。


スポンサーリンク


自動修復を起動させる


ここで紹介している方法で「自動修復」が起動しない、またはディスクドライブなどの障害が不安な場合は、Windows10 のインストール ディスクを作成して「修復作業」を実行する事もできます。ただしこの方法では、セーフモードの起動または初期化の実行はできません。
インストール ディスクでの修復作業は、パソコンを「インストール ディスク」で起動して行ないます。これらの方法は、別ページで解説しています。
Windows 10 のインストールメディアの作成
インストールメディアで修復する方法


自動修復を起動する前に!
パソコンに接続されているキーボードとマウス以外の、修復作業に必要としない周辺機器は外しておきます。

1. 電源スイッチを入れ、起動画面が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。
この強制終了を二回以上続けて行い、「自動修復を準備しています」と表示されれば、強制終了の操作を止めます。


強制終了の電源ボタンの押すタイミングは、起動画面または「くるくる回る」画面が表示されたら、電源ボタンんを長押して電源をきります。
※ パソコン本体は起動しているが、Windows の起動画面すら表示されない場合も「強制終了」を試してみてください。
Windows10 起動
パソコンによっては、メーカのロゴなどが表示され異なる起動画面が表示されることもあります。

2. 自動修復が起動されると、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されますので、そのまま待ちます。
パソコンの環境により、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
ウインドウズ10 自動修復 起動

自動修復を起動できない
パソコンによっては「自動修復」を呼び出せないこともあるようです。
電源ボタンの長押しではなく、電源を完全に「2回以上」切る方法だと呼び出せた報告もあります。
デスクトップなら、後ろにある電源ボタンを「OFF」にする、または電源ケーブルを抜く。
ノートブックなら、バッテリーを外して強制終了する。何れもお勧めしませんが、緊急事態と言うことで。
また、強制終了の実行はディスクドライブにダメージを与える事がないとも言えませんので、緊急時以外は行なわないように、してください。
これらはあくまでも自己責任で、実行してください。
心配であれば、上記で説明しいている「インストール ディスクで修復作業」をで修復してください。ただし、インストール ディスクを作成するには、正常に起動するパソコンが必要になります。

3. 「自動修復」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション

4. 「オプションの選択」の画面が現れますので「トラブルシューティング」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング

5. 「トラブルシューティング」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング 詳細オプションを開く

6. 「詳細オプション」の画面が現れますので目的の修復方法を選択(クリック)します。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング 詳細オプション
Windows 10 の修復方法は、安全に作業ができる「システムの復元」を推薦しますが、システムの復元が設定されていないとできません。
他にも「セーフモードを起動」して、安全に修復作業をする方法もありますので、システムの復元ができない場合は、そちらをご覧ください。

システムの復元で修復


「詳細オプション」で「システムの復元」をクリックすると復元作業のウインド開きますので作業を進めます。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション

1. 「システムファイルと設定の復元」ウィンドが開きますので「次へ」をクリックします。
設定ファイルと設定の復元ウィンドウ

2. 復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択し「次へ」をクリックします。
復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択

3.「復元ポイントの確認」ウィンドが開きますので、確認し「完了」をクリックします。
復元ポイントの確認」ウィンド

4.「いったんシステムの復元を開始したら、中断することができません。続行しますか?」の警告ウインド開きますが「はい」をクリックします。
「システムの復元の準備をしています」が開きますのでそのまま待機します。復元の容量にもよりますが、かなり時間が掛かる場合もあります。
なかなか完了しないからといって、パソコンの電源を強制的に切ったりしないようにしてください。

5.システムの復元の準備が完了しましたら、自動で再起動をし「復元作業が実行」されますので、さらにそのまま暫く待ち、ログインすれば「システムの復元」というウィンドウが表示され、システムの復元は完了です。
復元作業の実行及び完了
「システムの復元」でも、まだ正常に起動しない場合は、項目1~5を再度実行し、下記にあるセーフモードで再起動し、サインイン後「システムの復元」を完了させ、もう一度再起動して正常に起動するか試してみます。

セーフモードで起動して修復


セーフモードで起動する前に、パソコンに接続されているキーボードとマウス以外の周辺機器は外しておきます。

1. 詳細オプション → オプションの選択 → トラブルシューティング 「詳細オプション」の画面で「スタートアップ設定」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定をクリック

2. 「スタートアップ設定」画面が表示されますので「再起動」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定で再起動をクリック

3. 再起動後に、再度「スタートアップ設定」が表示されます。
キーボートの「5」(セーフモードとネットワークを有効にする)を押せば、セーフモードで起動されます。
※ ネットワークを有効にする意味は、設定にもよりますが「マイクロソフト アカウント」でサインインができない場合もあるためです。
キーボードの5を押し、セーフモードを起動する

セーフモードでの修復は、以下の方法があります。

全ての修復方法を一度にするのではなく、一つの修復作業が終了すれば再起動して、正常に起動するか確認する。
まだ、正常に起動しないのであれば、別の方法で修復して、正常に起動するか確認するといったように、修復作業を進めていくのがよいでしょう。

下記の解説ページは別画面で開きます

セーフモードで起動できない場合は「コマンドプロンプト」でシステムファイルの修復を試します。


スポンサーリンク

Windows 10 を初期状態に戻す


初期状態に戻す初期化は、Windows 10 を最初にインストールした時点に戻します。
いろんな方法を試してみたが、まだ正常に起動しない場合は「トラブルシューティング」画面で「このPCを初期状態に戻す」を選択すれば、Windows10 を初期化することもできます。

初期状態に戻すと、任意で入れたアプリや Windows の設定は削除されます。作成したファイルなどは、削除しないように設定ができます。
ただしこの修復方法は、最終手段と考えたほうが良いでしょう。

初期化の詳しい説明は、
Windows10 の初期化の説明と初期化状態に戻す方法をご覧ください。
自動修復 初期化
初期化も失敗する状況なら、事項の「起動しない状態からバックアップとクリーンインストール」を参考にしてください。

「新たに開始」で初期化

Windows 10 のバージョン1703で導入された、初期化機能の「新たに開始」はこちをご覧ください。
「新たに開始」の機能は、ユーザーの作成したファイルや、Windows の設定を維持して、Windows の再インストールを行い、バージョンアップデートされた状態で、初期状態に戻します。ただし「新たに開始」の初期化は、Windows 10 が正常に起動できなければ利用できません。
※セーフモードでの起動では「新たに開始」の利用できません。

その他の修復方法は、末尾の「詳細オプションの内容」をご覧ください。


起動しない状態からバックアップとクリーンインストール


初期化も失敗する状況なら、Windows 10 をバックアップとクリーンインストールするのも一つの方法です。
クリーンインストールもできないようなら、ハードディスクやパソコン本体が物理的に故障している可能性があります。

バックアップを取るクリーンインストールの方法は、ディスクをフォーマットしないので、空き容量があれば自動で以前のフォルダーやファイルが、保存(バックアップ)されます。
保存されたバックアップで、ファイルなどを復元することも可能です。

別途、コマンドプロンプトから、手動でバックアップを取ることもできます。

詳しいインストール方法は、
Windows10 起動しない状態でバックアップとクリーンインストール

Windows 10の修復「詳細オプション」の内容



スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ