パソブル PCサポート

パソブル PCサポート



Windows10 の回復ドライブの作成方法と使い方

Last update

Windows10 の回復ドライブを作成しておくと、Windows が正常に起動しない、データーが破損して正常に動作しない、ディスクドライブに問題が発生したなど、回復ドライブを利用することで安全に修復作業ができます。  このページでは、回復ドライブの作成方法と、回復オプションを利用した修復方法の使い方を紹介しています。

スポンサーリンク

-広告リンク-

回復ドライブの作成


USBメモリの容量は、パソコンの環境によっては「16GB」の容量でも作成できますが、できるなら「32GB」以上のUSBメモリを使用してください。  USBメモリをパソコンに接続します。
パソコンが、USBメモリを認識していることを確認します。
作業中にも自動でフォーマットは実行されますが、USBメモリに問題がないか確認するためにも、一度フォーマットすることをお勧めします。
USBメモリの図  コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
コントロールパネルを開く  コントロールパネルにある「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネル システムとセキュリティ  「システムとセキュリティ」画面にある「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。
コントロールパネル セキュリティとメンテナンス  「セキュリティとメンテナンス」が表示されたら「回復」をクリックします。
コントロールパネル 回復  「高度な回復ツール」にある「回復ドライブの作成」をクリックします。
「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」をクリックします。
コントロールパネル 回復ドライブの作成  回復ドライブの作成画面が表示されるので、「次へ」をクリックします。
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」のチェックマークが付いていることを確認します、付いていなければクリックして付けてください。これにより、ドライバーや更新プログラムを加えた状態で、回復ドライブが作製されます。
回復ドライブの作成実行  「お待ちください」と表示されるので、そのまま待ちます。PCの環境により時間がかかる場合があります。
※USBメモリが接続されていなければ「USBフラッシュドライブの接続」と表示されるので、USBメモリを接続してください。
回復ドライブの作製準備  ドライブを確認し「次へ」ボタンをクリックします。
※容量が足りない場合は、USBの内容が表示されず「次へ」も、クリックできない状態になります。「キャンセル」をクリックして、別のUSBメモリを接続しやり直します。
回復ドライブ ドライブの確認  「作成」ボタンをクリックします。
回復ドライブ作製開始
回復ドライブの作製が失敗してできない
作製が失敗するなら、USBメモリを一旦外して再度接続してフォーマットします。
フォーマットが完了したら、もう一度回復ドライブの作製を実行。
それでも問題がでるようなら、USBメモリに問題がある可能性があるので、別のUSBメモリで作成します。
  「回復ドライブを作成中」の画面が表示され、ドライブのフォーマット → ユーティリティのコピー中と表示され、システムのコピーが開始されます。
※作製にはしばらく時間がかかります。
回復ドライブ作製中  「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら「完了」ボタンをクリックます。
回復ドライブ作製完了
これで、回復ドライブの作成は完了です。
次項は、回復ドライブの起動とオプションを利用した修復方法の使い方を紹介しています。

回復ドライブの使い方


回復ドライブの利用は、パソコンの起動を Windows10 ではなく、回復ドライブで起動させて使います。
回復ドライブで起動したら、メニューをクリックして修復内容を選択し操作します。

回復ドライブの起動方法


起動デバイスの順位を、USBメモリが一番最初に起動するように設定します。 
起動デバイスの順位の設定方法は、パソコンの電源を入れて直ぐに「F12」や「F2」「F9」を押して、起動設定またはBIOS設定画面を表示するなど、メーカーや機種により違うので、説明書を読んで設定してください。
回復ドライブが入っているUSBメモリの起動順位を、ハードディスクより先にすることで、回復ドライブを起動することができます。

作成した回復ドライブのUSBメモリを接続します。
準備ができましたら、USBメモリからパソコンを起動させます。
回復ドライブUSBメモリ システムイメージドライブ  「キーボードレイアウトの選択」画面が表示されるので「Microsoft IME」をクリックすれば、回復ドライブのメニューにアクセスできます。
初期化や復元などの修復操作へのアクセスは、次項をご覧ください。
回復ドライブ 起動 キーボードレイアウトの選択

回復ドライブによる修復の種類と内容「回復オプション」

「ドライブから回復する」 この機能は、Windows10 を回復ドライブのデータから初期化するこができます。
「ドライブから回復する」を使った初期化の方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。
Windows10 回復ドライブから初期化する方法「ドライブから回復する」
ドライブから回復するで初期化
「ドライブから回復する」がない!
Windows10 のバージョンによっては下図のように「ドライブから回復する」が表示されない場合があります。その場合「トラブルシューティング」をクリックし「このPCを初期状態に戻す」で初期化することができます。
回復ドライブの修復メニュー
この初期化の方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。
Windows10 「PCを初期状態に戻す」機能で初期化する方法

「トラブルシューティング」の内容は、次項をご覧ください。 回復ドライブ オプション選択 トラブルシューティングをクリック
※バージョンにより「トラブルシューティング」をクリックしたら「詳細オプション」ボタンが表示されるので、クリックして内容を表示します。
旧バージョンのトラブルシューティングの開き方 

回復ドライブの「トラブルシューティング」の内容


回復ドライブの修復の詳細オプション 
システムの復元
パソンコンを以前の状態に戻します。
「システムの復元」が有効になっていないと利用できません。
システムの復元の使い方 
イメージでシステムを修復
バックアップのイメージから、修復(復元)をします。
イメージを作製していなければ利用できません。
Windows 10 の搭載機能でシステムイメージのバックアップ 
スタートアップ修復
自動でスタートアップの不具合を修復するものですが、この作業には注意してください。
修復作業はかなり時間がかかりるので、途中で修復作業が止まってしまったと思い「強制終了」すると、最悪システムが壊れ修復できなくなる場合がありるので注意が必要です。 
コマンドプロンプト
その名のとおり「コマンドプロンプト」が立ち上がります。コマンドプロンプトを使えば、より深く修復作業ができます。
コマンドプロンプトでシステムの修復
コマンドプロンプトでブートセクターの修復
コマンドプロンプトでレジストリの修復 
スタートアップ設定
Windows10 をセーフモードで起動させる。
スタートアップ設定を実行すると、再起動され「セーフモード」が利用できます。 
以前のバージョンに戻す
Windows 10 のアップデートが原因で問題が発生した時に、パソコンをアップデート前の状態に戻す修復作業です。
この機能を利用するには、アップデートのときに作成される「以前のWindowsのバックアップ」が削除されていないことが条件です。
Windows 10 のアップデートを戻す方法   回復ドライブがあると、Windows10 が起動しないときなど、いざという時に役立ちますし安全に修復作業ができるので、作成することをお勧めします。  参考:回復オプションの説明は、Windows10 の公式ページにも紹介されています。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12415/windows-10-recovery-options
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする