パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 既定の保存先の場所を変更する

公開日

Windows10 のドキュメント、写真、音楽、ビデオなど、既定では(C:)ローカルディスクに保存されますが、保存先を(D:)や(E:)など別のディスクに、変更することができます。ディスクドライブの空き容量が少なくなってきた時に、この機能は便利です。  このページでは、ピクチャなど既定の保存先の場所を、変更する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

既定の保存場所を別のディスクに変更する

ディスクの空き容量が足りなくて、ファイルや写真が既定のフォルダに保存できないときは、既定の保存場所を変更することで解決できます。
ユーザーフォルダー内にある、ドキュメントや写真などの既定の保存場所や、フォルダの内容は下記のページで詳しく紹介しています。
Windows10 ユーザーフォルダの場所と詳細
既定の保存先の場所の変更は、「設定」の「システム(記憶域)」にて操作します。  1,スタートメニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  2.「システム」をクリックします。
設定が開きシステムを開く  3.システムの項目の「記憶域」をクリックします。
システムの記憶域を開く  4.記憶域の設定項目の「新しいコンテンツの保存先を変更する」をクリックすると、保存先を変更する画面が表示されます。
既定の保存先を変更する設定画面を開く 

既定の保存先の変更を設定

ここでは、変更先を「ローカルディスク(D:)」として説明していますが、(E:)や(F:)など表示されているなら、どれも使用できます。  1. 既定の保存場所を変更する名前の、選択ボックスをクリックします。
既定の保存先を変更する場所の選択  2. 保存場所にする「例:ローカルディスク(D:)」をクリックします。
既定の保存先を変更するローカルディスクの選択  3. 選択されているローカルディスク(D:)を確認して、「適用」をクリックすれば完了です。
既定の保存先を変更するローカルディスクを適用  既定の保存先を変更するとどうなる
保存先の変更後には、選択したローカルディスクに新しいくフォルダが作成されます。
既定の保存先を変更するとフォルダが作成される
上図は「ピクチャ フォルダ」を変更した解説図です。
ピクチャフォルダは、ユーザーフォルダの中にあうので、「パソブル」というユーザーフォルダが新たに作成され、その中にピクチャフォルダが作成される仕組みになっています。
  既定の保存先が変更されたので、保存するときには下図のように「ローカルディスク(D:)」のフォルダが開くようになります。
保存する場合、新しい既定の保存先が開かれる  以前保存したファイルはどうなる
以前に保存したファイルなどは、変更した保存先には移動せず、従来の既定の保存先にそのまま保存されています。  エクスプローラーに表示されている、「ドキュメント」や「ピクチャ」などをクリックすれば、従来の保存先が開きます。  エクスプローラーでは従来の保存先が開く

既定の保存先を元に戻す

既定の保存先を元に戻すには、保存先を「ローカルディスク(C:)」に選択し「適用」をクリックすれば、従来の既定の保存先に変更します。
変更した既定の保存先を戻す
Point:
既定の保存先を戻したり再変更しても、作成したフォルダは削除されません
既定の保存先を元に戻したり、再度保存先を変更しても、変更により既に新しく作成されたフォルダやファイルは、そのまま残っています。  新しく保存するために別の、ローカルディスクに作成された、フォルダを削除することもできます。但し、必要なファイルを移動した後に削除するようにしてください。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト