パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 プロダクトキーの確認と表示されないときの対処法

Last update

Windows10 のプロダクトキーは、通常コマンドプロンプト、または PowerShell で確認ができます。ただしデジタル認証済などでは、プロダクトキーが表示されずに、確認できないことがあります。この場合、メモ帳で作成する簡単なスクリプトの実行で、プロダクトキーの確認ができます。  このページでは、プロダクトキーの確認と、表示されない時の対処法を紹介しています。

スポンサーリンク

-広告リンク-

プロダクトキーの確認


コマンドプロンプトでプロダクトキーの確認

コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く

コマンドプロンプトに、
wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey
と入力して、キーボードの「Enter」を押すとプロダクトキーが表示されます。
コマンドプロンプトでプロダクトキーの確認
コピーした文字を、コマンドプロンプト上で右クリックすれば、貼り付けることができます。

PowerShellでプロダクトキーの確認

PowerShellに、
powershell "(Get-WmiObject -query 'select * from SoftwareLicensingService').OA3xOriginalProductKey"
と入力して、キーボードの「Enter」を押すとプロダクトキーが表示されます。
PowerShellでプロダクトキーの確認
コピーした文字を、PowerShell上で右クリックすれば、貼り付けることができます。
Windows10 のプロダクトキーは、以前はコマンドで確認できていたのですが、現在ではプロダクトキーの確認ができないことがあり、特にデジタル認証されているPCで多く経験しています。このことは、プロダクトキー漏洩の安全性を確保するためだと思われます。  プロダクトキーが表示されない場合は、次項の対処法へ進んでください。

プロダクトキーが表示されないときの対処法


プロダクトキーの確認ができない場合は、メモ帳にコードを貼付けスクリプトとして保存して、実行するだけでプロダクトキーを表示させることができます。  プロダクトキーの確認スクリプトは、たくさん公開されていますが、間違ったプロダクトキーを表示するものも多いので、既に検証済みのスクリプトを紹介しています。
スクリプトについて
ここで作成するスクリプトは、VBScript(ブイ・ビー・スクリプト)と言い、マイクロソフトが開発した Windows 上で動く、メモ帳などで作成する簡単なプログラミングです。
  • ノートパッドを開いて、スクリプト作成の準備をします。
    メモ帳はスタートメニューの「Windows アクセサリ」から、開くことができます。
    スタートメニューからメモ帳を開く 
  • スクリプトのソースコードを取得します。
    下記の GitHubを開けば、プロダクトキー確認のソースコードが表示されます。
    https://gist.github.com/craigtp/dda7d0fce891a087a962d29be960f1da GitHub とは、米国の会社でソフトウェア開発のプラットフォームのサイトです。プログラムのソースコードなど、8千万件以上のプロジェクトが共有ホスティングされています。 「GetWindowsProductKey.vbs」ページが開いたら、「Raw」をクリックします。画面にソースコードのみが表示されます。
    プロダクトキー確認スクリプトのソースコード 
  • ソースコードをコピー。抜け防止のためキーボードで操作します。
    ソースコードの画面上で、キーボードの「Ctrl」と「A」を押して、全て選択します。
    次に、キーボードの「Ctrl」と「C」押して、コピーします。
    プロダクトキー確認スクリプトのソースコードをコピーする 
  • ソースコードをメモ帳に貼付けます。
    メモ帳をクリックし、最前面(アクティブ)にして、キーボードの「Ctrl」と「V」をクリックして貼付けます。
    プロダクトキー確認スクリプトのソースコードをメモ帳に貼り付ける 
  • スクリプトを作成します。
    「ファイル」をクリックして「名前を付けて保存」をクリックします。
    テキスト文章(*.txt)の端にある「∨」ボタンをクリックして、「すべてのファイル」を選択します。
    プロダクトキー確認スクリプト作成の準備  ファイル名に、「key.vbs」と入力して「保存」をクリックします。key.vbs の「key」の部分は英数字であれば、好きな名前に変更しても問題ありません。
    プロダクトキー確認スクリプト作成
    これで、プロダクトキーの確認スクリプトの作成は完了です。 
  • スクリプトを実行して、プロダクトキーの確認をする。
    メモ帳で作成したスクリプト(key.vbs)を、ダブルクリックすると、プロダクトキーなどの情報画面が表示されます。
    プロダクトキー確認スクリプトを実行
    画面の「Installed Key」に表示されているのが、プロダクトキーです。  「はい」をクリックすると、画面に表示されている内容を、デスクトップに WindowsKeyInfo の名前で、テキストファイルを作成するこができます。
    必要がなければ「いいえ」をクリックします。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア