パソブル PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます
ページトップへ移動

Windows10 スタートアップ フォルダの場所と自動起動の設定方法

Last update

Windows10 のスタートアップ フォルダにて、アプリやフォルダなどの自動起動を、自由にカスタマイズするこができます。  設定も簡単で、スタートアップ フォルダにショートカットアイコンや実行ファイルの追加登録または削除により、自動起動の設定をすることができます。また、スタートアップ フォルダの場所は全ユーザーと、固有のユーザーに分けられています。   このページでは、スタートアップ フォルダの場所と、自動起動の実行や解除の方法を紹介しています。

スポンサーリンク

-広告リンク-

スタートアップ フォルダの自動起動の登録と解除


自動起動のスタートアップ フォルダは、全ユーザーに適用するものとユーザー固有のものがあります。また、それぞれフォルダの場所も違います。  スタートアップ フォルダに登録して自動起動させる、または自動起動を解除する方法は、場所が異なる以外は全ユーザー、固有のユーザーどちらとも同じ方法です。 

スタートアップ フォルダの場所


スタートアップフォルダの開き方は、ツリーの展開と、アドレスボックスに場所を指定して開く方法があります。  スタートアップフォルダは、隠しファイルになっていて通常では見えません。ツリーを展開して開くに場合は、隠しファイルを表示する設定が必要です。
隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定

全ユーザー適用のスタートアップ フォルダの場所く


ツリーを展開して開く
「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • ProgramData
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
と展開し「スタートアップ(Startup)」をクリックすれば、全てのユーザー共通のスタートアップが開きます。
全てのユーザー プログラム スタートアップ  アドレスボックスから開く
パスをコピーしてアドレスボックスに張り付けてキーボードの『Enter』を押すと、スタートアップフォルダを表示できます。
パス:%ProgramData%Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥StartUp アドレスボックスからユーザー共通のスタートアップフォルダを開く

ユーザー固有のスタートアップ フォルダの場所


ツリーを展開して開く
「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • Users
  • ユーザー名のフォルダ
  • AppData
  • Roaming
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
  • と展開し「スタートアップ」をクリックすれば、ユーザー固有のスタートアップが開きます。
    ユーザー毎 プログラム スタートアップ  アドレスボックスから開く
    現在サインインしているユーザーのスタートアップフォルダを開く場合、パスをコピーしてアドレスボックスに張り付けて、キーボードの『Enter』を押して表示させることもできます。
    パス:%AppData%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup アドレスボックスからユーザー固有のスタートアップフォルダを開く

スタートアップ フォルダに登録して自動起動


スタートアップ フォルダに登録して、サインイン後に自動起動させるには、アプリのショートカットアイコンや実行ファイル、フォルダやファイルなどのショートカットアイコンを、スタートアップ フォルダに入れるだけの簡単な操作です。  下図の設定では、サインイン後に「ドキュメント」と「メール」が自動で起動するようになります。
スタートアップに追加登録 
  • 自分以外のユーザーが登録してあり利用してる環境で、自分だけで自動起動させたい場合は、ユーザー固有のスタートアップ フォルダに登録してください。
  • 自分専用のPCや、他のユーザーにも自動起動させるなら、全ユーザー適用のスタートアップ フォルダに登録します。

スタートアップ フォルダの自動起動の解除


スタートアップ フォルダに登録した、サインイン後の自動起動を解除するには、自動起動を止めたいショートカットアイコンや実行ファイルを、スタートアップ フォルダから削除する簡単な操作です。  下図の設定では、「メール」の自動起動を解除するようになります。
スタートアップの解除
どのスタートアップ フォルダに登録したかわからない場合は、全ユーザーのスタートアップフォルダを確認して、無ければユーザー固有のフォルダをチェックします。
Tips
Windows10 システム標準のスタートアップは、任意に登録するこはできませんが、他にも自動起動させる場所が3つあるので、自由に登録してアプリなどをスタートアップさせることができます。
Windows10 スタートアップの登録ができる3つの場所と設定方法
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア