パソブル PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます
ページトップへ移動

Windows10 の自動起動は【5つの場所】で管理している

Last update

Windows 10 の自動起動するアプリなどは、スタートアップ、スタートアップ フォルダー、レジストリー、サービス、タスクスケジューラと、基本的にこの5つの場所で管理されています。  このページでは、自動起動が管理されている5つの場所と、それぞれの内容と設定方法を紹介しています。

スポンサーリンク
-広告リンク-

スタートアップ (システム組込)


スタートアップに登録されているものは、アプリケーションソフトやドライバーのインストールで、登録されるのが一般的です。このスタートアップは、システム構成で自動起動するようになっています。  どのようなものかは、下記項目の「スタートアップ (フォルダー登録)」では、自動起動したいアプリなどのショートカットを、手動でフォルダーに入れても起動するのに対して、予めシステムに登録して自動起動をさせます。  スタートアップの自動起動の操作は簡単で「無効/有効」の切り替えで操作します。設定管理は、タスクマネージャー、または設定の「アプリの設定」から行うことができます。 タスクマネージャーからの設定なら、タスクバー内でアイコンなど何も無い場所で右クリックし、メニューの「タスクマネージャー」をクリックします。タスクマネージャーの「スタートアップ」で設定ができます。
設定が完了すれば、次回コンピューターを起動した時に反映されます。
タスクマネージャー スタートアップ

スタートアップ (フォルダー登録)


スタートアップ フォルダーは、通常のフォルダーですので自分の好きなように、自動起動させるアプリやフォルダーなども入れる事ができます。
スタートアップ フォルダーによる、自動起動の確認はユーザー別、または全てのユーザーに分けられているので、各フォルダー毎のチェックが必要になります。  自動起動を止めるには、スタートアップに登録されているショートカットアイコンなどを削除するだけで、自動起動の停止ができます。
逆に、アプリなどを自動起動させたい場合は、スタートアップ フォルダーに登録すれば、自動起動されます。
通常システム構成のスタートアップに、自由にアプリを登録することはできません。スタートアップ フォルダーを使えば、アプリを自由に登録して、自動起動させることができます。  下図は、全てのユーザーに対して実行される スタートアップ フォルダーの開き方です。
全てのユーザーのスタートアップ フォルダー

レジストリー


スタートアップに登録されていないのに、アプリが自動起動する場合など、レジストリの自動起動に設定されたものをチェックして、不要なものがあれば、削除し自動起動を止めることができます。  レジストリーでの自動起動の設定は、全てのユーザーで自動起動する、特定のユーザーだけで自動起動するように、編集する場所が分けられています。
スパイウェアなども、スタートアップには登録情報を見せずに、レジストリだけに登録し自動起動させ、悪さをするやり方も多いようです。
  • レジストリーの自動起動の編集は、スタートアップ のような「無効|有効」ではく、値を削除する事になります。
  • 元に戻す可能性がある場合は、作業の前に「レジストリ キー」のバックアップ(エクスポート)をしておきます。
下図は、全てのユーザーに対して実行される レジストリー キー の開き方です。
自動起動 レジストリー キー の開き方です
スタートアップ レジストリの詳細ページ
Windows10 スタートアップ レジストリの場所と自動起動の設定

サービス


サービスの自動起動はログイン前に起動され、スタートアップに登録しているもはログイン後に起動します。  アプリなら、ウイルス対策ソフトやアップデートを管理するものなどが登録されています。他にも Windows を利用する上で、大切なシステム構成なども登録されています。  サービスに登録されて、自動起動しているアプリなどは、基本的に起動時にウインドが開きません。バックグランドで起動し常時稼動しています。
開かないために、通常では何が起動(稼動)しているのかわかりません。それらを管理しているのが「サービス管理ツール」です。
サービスの自動起動の設定は、以下のように4通りあります。
自動:自動起動する。
自動(遅延開始):通常の自動起動より遅れて起動する。
手動:アプリなどが必要となったときに、自動で起動する。
無効:完全に自動起動を止める。(後で任意に起動するこはできる)  自動起動を止めるには「手動」または「無効」にすればできます。
ただし、サービスに登録されているものでも、設定ができないものもあります。
サービス管理ツール

タスクスケジューラ


タスクスケジューラは、主に日時の間隔で自動で実行するときに利用されます。アプリのアップデートや、バックアップ機能などが登録されいます。  タスクスケジューラには、他にも「起動時」と「ログイン後」のスケジュールを登録することができるので、アプリなどが登録されていると、自動で起動させることができます。 タスクスケジューラの自動起動の設定は、目的の自動起動を選択して「無効化/有効化」による操作で簡単に設定ができます。 タスクスケジューラの自動起動の設定
  • スタートメニューの「Windows管理ツール」にある「タスクスケジューラ」をクリックして、タスクスケジューラを開きます。
    スタートメニューのWindows管理ツールのタスクスケジューラをクリック 
  • タスクスケジューラのメニューの「〉」をクリックして、展開していきます。
    〉 タスク スケジューラ ライブラリ
    〉 Microsoft
    Windows をクリックして展開すると、タスクスケジューラに登録されている一覧が表示されます。
    タスクスケジューラのWindows 開く 
  • 実行の種類を確認
    一覧より、目的のアプリなどの名前をクリックしします。(ここでは、Chrome で説明します。)
    「トリガー」タブをクリックして、実行の種類を確認します。下図の設定は「ログイン後」に実行する設定です。
    タスクスケジューラのトリガーを開く 
  • 実行の操作を確認
    「操作」タブをクリックします。「プログラムの開始」と表示されているので、サインイン後に、Chrmoe ブラウザが実行(自動起動)する設定です。
    タスクスケジューラのトリガーを開く 
  • 自動起動の停止と実行
    「状態」を確認して、「実行中」なら自動起動する設定です。「無効化」をクリックすると自動起動が停止します。
    「無効」になっている場合、「有効化」をクリックすると自動起動を実行します。
    タスクスケジューラのWindows 開く 
パソコンの起動が遅くなった、パソコンが不調になったなど、一度どのようなものが自動起動されているのかチェックして、自動起動の必要がないアプリや、覚えのない不審なアプリなどの自動起動を止めれば、改善されることも多いです。

スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア