パソブル PCサポート

パソブル PCサポート

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 スタートアップ 自動起動するソフトを止める

Last update

Windows10 のスタートアップ(自動起動)はシステムに登録されているものと、フォルダーにショートカットアイコンなど入れて登録する二つのタイプがあります。

  • システム登録型のスタートアップ
    タスクマネージャーまたは Windows の設定から、自動起動の「無効/有効」の操作ができます。
  • フォルダ登録型のスタートアップ
    スタートアップ フォルダの内のショートカットアイコンなどの削除や追加で、自動起動の「無効/有効」の操作ができます。 
このページは、Windowsの起動時にスタートアップに登録されたアプリなどの、自動起動を停止する方法を紹介しています。

スポンサーリンク
NOTE:
最初に、システム登録型のスタートアップを調べて目的のアプリがあれば自動起動を停止します。見当たらなければ、スタートアップ フォルダをチェックします。  どちらのスタートアップにも、自動起動するアプリなどが見当たらない場合は、他の場所で管理されいる場合があります。自動起動の設定場所はスタートアップ以外にもあるので、下記のページを参考にしてください。
Windows10 自動起動の停止は、4つの場所で管理されている

-広告リンク-

システム登録型のスタートアップを無効にして自動起動を止める

システム登録型のスタートアップは、タスクマネージャー、または Windows の設定から操作することができます。

タスクマネージャーからスタートアップを無効にする

  • タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
    タスクマネージャー 表示 
  • 「タスク マネジャー」ウインドが開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
    ※「スタートアップ」が表示されていないければ、左下にある「詳細(D)」をクリックしてください。
    タスクマネージャー 簡易表示 
  • スタートアップを無効にしたいアプリなどをクリックして選択し、下部にある「無効にする」をクリックして完了です。
    次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動起動しなくなります。
    タスクマネージャー スタートアップの無効
無効から「有効」に戻す場合は、無効になっている目的のソフトをクリックして「有効にする」をクリックします。

Windows の設定から無効にする

  • Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
    設定ウインド開く 
  • 設定ウインドが開きますので「アプリ」をクリックします。
    Windwos の設定でアプリをクリック 
  • 「スタートアップ」をクリックします。
    スタートアップを無効にしたい、アプリなどの「オン」ボタンをクリックして「オフ」にすれば完了です。
    次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動起動しなくなります。
    Windwos の設定でアプリをクリック
無効から「有効」に戻す場合は「オフ」をクリックして「オン」に変更します。

フォルダー登録型のスタートアップを無効にして自動起動を止める


フォルダー登録型のスタートアップは、スタートメニューの「スタートアップ」に登録されているものです。
  • 下の二つの図を参考にして、自動起動を止めたいアプリなどがあれば、ショートカットアイコンなどを削除します。
  • こちらのスタートアップは、全ユーザーとユーザー毎に自動起動するアプリなどの登録場所が違います。
  • スタートアップから削除されたものは、次回コンピューターを起動した時に自動で起動しなくなります。
スタートアップフォルダは隠しファイルの設定になっているので、先に隠しファイルを表示する設定をします。
隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定

全てのユーザー共通のスタートアップフォルダー

全てのユーザーで、自動起動するアプリなどを無効にします。  「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • ProgramData
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
と展開し「スタートアップ」をクリックすれば、全てのユーザー共通のスタートアップが開きます。
全てのユーザー プログラム スタートアップ 自動起動を無効にするショートカットアイコンなどを、スタートアップフォルダから削除すれば、次回の起動から停止します。

ユーザー毎でのスタートアップフォルダー

ユーザー毎に、自動起動するアプリなどを無効にします。  「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • Users
  • ユーザー名のフォルダ
  • AppData
  • Roaming
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
  • と展開し「スタートアップ」をクリックすれば、ユーザー固有のスタートアップが開きます。
    ユーザー毎 プログラム スタートアップ
    自動起動を無効にするショートカットアイコンなどを、スタートアップフォルダから削除すれば、次回の起動から停止します。
自動起動に関連した設定は他にもあります。下記を参考にしてください。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする