PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10の起動が遅い、動作が重いなど、自動起動(スタートアップ)のソフトを止める事で改善される場合もあります。
ここでは「スタートアップ」に登録されている自動起動ソフトの有効/無効にする方法と、スタートメニューにある「スタートアップ フォルダー」に入っている自動起動を止める方法を紹介をします。
自動起動を止めたいソフトが、スタートアップに登録されていない時は、レジストリの設定で止めることができる場合もあります。
参考:自動起動するソフトを止めたい (レジストリ設定編)

※自動起動するアプリなどの停止は、他にも3つの場所でも設定管理されています。
その他の自動起動の停止方法は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

スタートアップに登録されているものを無効にする


1.タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

2.「タスク マネジャー」ウインドが開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
目的のソフトをクリックして選択し「無効にする」をクリックします。
次回コンピューターを再起動した時に「無効」にされたものは、自動で起動しなくなります。
無効から「有効」に戻す場合は、無効になっている目的のソフトをクリックして「有効にする」をクリックします。
タスクマネージャー スタートアップ

スタートアップ フォルダー から自動起動の無効


スタートメニューの「スタートアップ」に登録されているアプリをチェック。
下の二つの図を参考にして、自動起動を止めたいアプリなどがあれば、ショートカットアイコンなどを削除します。
こちらのスタートアップは、全ユーザーとユーザー毎に自動起動するソフトの登録場所が違います。
それぞれチェックして、不要なものは削除します。
次回コンピューターを再起動した時に削除されたものは、自動で起動しなくなります。

全てのユーザー共通で自動起動するスタートアップ

全てのユーザー プログラム スタートアップ

ユーザー毎で自動起動するスタートアップ

ユーザー毎 プログラム スタートアップ

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連