パソブル PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます
ページトップへ移動

Windows10 スタートアップ・システム組込型の自動起動を止める

Last update

Windows10 を立ち上げたときに自動で起動するアプリは、スタートアップに登録されていて、アプリの設定またはタスクマネージャから自動起動の有効/無効の設定ができます。  このページは、システムに登録されたスタートアップの有効/無効の設定方法を紹介しています。
スタートアップのフォルダ登録型の自動起動は、下記のページをご覧ください。
Windows10 スタートアップ・フォルダ登録型の自動起動を止める

スポンサーリンク

-広告リンク-

スタートアップ「システム組込」の自動起動の有効/無効

システム組込型のスタートアップは、タスクマネージャー、または Windows の設定の「アプリ」から操作することができます。

タスクマネージャーでスタートアップの操作

  • タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
    タスクマネージャー 表示 
  • 「タスク マネジャー」ウインドが開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
    ※「スタートアップ」が表示されていないければ、左下にある「詳細(D)」をクリックしてください。
    タスクマネージャー 簡易表示 
  • スタートアップを無効にしたいアプリなどをクリックして選択し、下部にある「無効にする」をクリックして完了です。
    次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動起動しなくなります。
    タスクマネージャー スタートアップの無効
無効から「有効」に戻す場合は、無効になっている目的のソフトをクリックして「有効にする」をクリックします。

アプリの設定でスタートアップを操作

  • 「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
    スタートメニューからWindowsの設定を開く

  • 設定ウインドが開きますので「アプリ」をクリックします。
    Windwos の設定でアプリをクリック 
  • 「スタートアップ」をクリックします。
    スタートアップを無効にしたい、アプリなどの「オン」ボタンをクリックして「オフ」にすれば完了です。
    次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動起動しなくなります。
    Windwos の設定でアプリをクリック
無効から「有効」に戻す場合は「オフ」をクリックして「オン」に変更します。

スタートアップに無い場合

最初に、システム登録型のスタートアップに無いようなら、スタートアップ フォルダに登録されていないか確認します。
Windows10 スタートアップ・フォルダ登録型の自動起動を止める  スタートアップフォルダに無ければ、他の場所で管理されいる場合があります。自動起動の設定はスタートアップ以外にもあるので、下記のページを参考にしてください。
Windows10 の自動起動は、4つの場所で管理されている
スタートアップで自動起動するアプリの、バックグラウンドで常時実行するのを止める方法は、下記のページで紹介しています。
Windows 10 バックグラウンドアプリの有効/無効化
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア