PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


スタートアップに登録されていないスパイウェアーの自動起動や、ウインドウズ10の起動が遅いなどの問題も解決できる場合があります。
Windows 10 の自起動時するソフトを、レジストリの編集で止めることができます。タスクマネージャーの「スタートアップ」に無いものでも、レジストリの自動起動の 設定にある場合があります。
「スタートアップ」にあるものは自動起動の「無効」「有効」を切り替える事ができますので、自動起動が必要なものを誤って停止しても簡単に戻せます。
レジストリに設定された値を削除する事になりますので、選択操作などでは元に戻せません。元に戻したい場合は作業の前に必ず「Run」キーのバックアップ(エクスポート)しておいて下さい。

※自動起動するアプリなどの停止は、他にも3つの場所でも設定管理されています。
その他の自動起動の停止方法は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

1. 「Windows」マークを右クリックするとメニュが現れますので「ファイル名を指定して実行」をクリックしウインドを開きます。
「ユーザーアカウント制御」の警告ウインドが現れますので、「はい」をクリックします。
ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合はウインドはでません。(UAC無効にする)
ファイル名を指定して実行に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
Windows10 タスクバー検索フォーム レジストリ エディタ

全てのユーザーの自動起動するソフトを止める


HKEY_LOCAL_MACHINE→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」の順で、左側にあるフォルダーアイコンの横にあるマークをクリックして、ツリーを展開していき、「Run」をクリックし選択状態にします。
目的のソフト上を右クリックし、メニューが現れますので「削除」をクリックします。

右側に明記されている名前が自動起動するソフトです。どのソフトが自動起動で必要ないのかがわかる場合は、その名前の上で右クリックし、削除をクリックします。
よくわからないときや心配な場合は、目的の名前をGoogleなどの検索エンジンで検索し、削除しようとしているものが十分理解できる状態で削除作業をしましょう。
念のため「Run」の下にある「RunOnce」も確認して、不要なものは削除します。
Windows10 レジストリーで自起動時するソフトを止める LOCAL_MACHINE

現在ログインしているユーザー専用の自動起動するソフトを止める


HKEY_CURRENT_USER→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」の順で、左側にあるフォルダーアイコンの横にあるマークをクリックして、ツリーを展開していき、「Run」をクリックし選択状態にします。
目的のソフト上を右クリックし、メニューが現れますので「削除」をクリックします。
次回コンピューターを再起動した時に削除されたものは、自動で起動しなくなります。
念のため「Run」の下にある「RunOnce」も確認して、不要なものは削除します。
Windows10 レジストリーで自起動時するソフトを止める CURRENT_USER


スパイウエアの削除の目的で、レジストリの編集にて削除をしたのに、また自動起動して悪戯しているようであれば、ウイルスに感染しているか、悪質なスパイウェアーなどのが入りこんでいる可能性があります。
早急に、ウイルス対策ソフトなどで全てのディスク領域をスキャンしたほうが良いでしょう。
自動起動するソフトの設定が「スタートアップ」「レジストリ」にも無い場合は、「サービス管理ツール」をチェックし「自動」「手動」「無効」の設定をします。

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連