PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 スタートアップの設定と場所

Last update

Windows10 のスタートアップの場所は「タスクマネージャーまたはアプリの設定」と「フォルダ形式のスタートアップ」で自動起動するアプリなどを管理しています。
※以前の Windows のスタートアップは「システム構成(msconfig)」にありましたが、タスクマネージャーに変更されています。末尾参照「msconfig のスタートアップは無くなった」
このページでは、スタートアップの場所と設定を紹介しています。
自動起動の設定は、スタートアップ以外の場所でも管理されています。詳しく下記のページをご覧ください。
Windows10 の自動起動は4つの管理設定のチェックが必要


スポンサーリンク

スタートアップの場所と設定


タスクマネージャーとアプリの設定する場所が違いますが、管理機能は同じもので、どちらのスタートアップを操作しても設定ができます。
スタートアップ フォルダの場所は、全ユーザー共通とユーザー固有のふたつのフォルダがあります。
  • タスクマネージャーまたはアプリの設定で管理しているスタートアップは、クリック操作で「有効/無効」の切り替えで設定します。
  • スタートアップフォルダで管理しているスタートアップは、ショートカットアイコンなどの「削除/追加」で設定します。

タスクマネージャーのスタートアップ

タスクマネージャーのスタートアップの場所

タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックします。
メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示
「タスク マネジャー」が開いたら、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
タスクマネージャー タブメニューの「スタートアップ」
※タブメニューが表示されていないければ、簡易表示になっていいるので、左下にある「詳細(D)」をクリックして詳細表示に切り替えます。
タスクマネージャー 簡易表示

タスクマネージャーのスタートアップの設定

  • スタートアップの画面内の、設定したいアプリを、クリックし選択します。
  • スタートアップ(自動起動)が有効になっていて、止める場合は「無効にする」をクリックします。
    次回コンピューターを起動した時に「無効」にしたものは、自動で起動しなくなります。
  • 「無効」から「有効」に戻す場合は、自動起動したいアプリをクリックして「有効にする」をクリックします。
    次回コンピューターを起動した時に「有効」にしたものは、自動で起動します。
タスクマネージャー スタートアップ

アプリの設定のスタートアップ

アプリの設定のスタートアップの場所

スタートメニューをクリックし、「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く
設定画面が開いたら「アプリ」をクリックします。
アプリ設定開く
「アプリ」の設定画面が表示されたら「スタートアップ」をクリックします。
Windwos の設定のスタートアップ

アプリの設定のスタートアップ設定

  • スタートアップ アプリ画面で、登録されているアプリが表示されるので、スイッチボタンをクリックして設定します。
  • スイッチボタンを「オフ」にすれば自動起動が無効になり、「オン」にすれば自動起動が有効になります。
アプリの設定のスタートアップ

フォルダ形式のスタートアップ

フォルダ形式のスタートアップの場所

フォルダ形式のスタートアップの場所は、全ユーザー共通とユーザー固有の二つで管理されています。スタートアップフォルダは隠しファイルの設定になっているので、先に隠しファイルを表示する設定をします。
隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定
全ユーザー共通のスタートアップフォルダの場所 「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • ProgramData
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
と展開し「スタートアップ」をクリックすれば、全ユーザー共通のスタートアップフォルダの場所が開きます。
全てのユーザースタートアップフォルダ
ユーザー固有のスタートアップフォルダの場所 「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • Users
  • ユーザー名のフォルダ
  • AppData
  • Roaming
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
  • プログラム(Programs)
  • と展開し「スタートアップ」をクリックすれば、ユーザー固有のスタートアップフォルダの場所が開きます。
    ユーザー固有のスタートアップフォルダ

    フォルダ形式のスタートアップの設定

    スタートアップ フォルダに、アプリのショートカットアイコンや実行ファイルを入れれば、サインイン後にアプリが自動で起動します。
    アプリの他にも、フォルダやファイルのショートカットアイコンなどの入れて、サインイン後に自動で開くことができます。
スタートアップ(自動起動)に関する設定方法などは、他にも下記のページで紹介しています。

msconfig のスタートアップは無くなった Windows 7 で、msconfig「システム構成」で設定していた「スタートアップ」が、Windows 10では「タスクマネージャー」または設定から操作するようになりました。
Windows 10 でもmsconfigにて「システム構成」を呼び出すことは出来ますが、スタートアップの設定画面には「スタートアップ項目を管理するには、タスクマネージャーの[スタートアップ]を使用して下さい。」とメッセージと、スタートアップのリンクが張ってあります。
「タスクマネージャーを開く」をクリックすると「タスクマネージャー」の「スタートアップ」が開くようになっています。
Windows 10 システム構成 スタートアップ画面
Windows 10 では「システム構成 msconfig」での「スタートアップ」の管理はなくなりました。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ