PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 の「スタートアップ」の場所は「タスクマネージャー」にあります。
以前の Windows は「システム構成」にスタートアップがあり、チェックマークの有り無しで有効にしていました。
Windows 10 のスタートアップは、チェックマークではなく「有効/無効」で設定をします。無効にすれば自動起動が無効になります。


スポンサーリンク

スタートアップの開きかたと設定


スタートアップの開きかた

1.タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックします。
メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

2.「タスク マネジャー」が開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
タスクマネージャー タブメニューの「スタートアップ」
タブメニューが表示されていないければ、簡易表示になっています
左下にある「詳細(D)」をクリックして、詳細表示に切り替えます。
タスクマネージャー 簡易表示

スタートアップの設定

スタートアップの画面内の、設定したいアプリを、クリックし選択します。 スタートアップ(自動起動)が有効になっていて、無効にしたければ「無効にする」をクリックします。
次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動で起動しなくなります。

「無効」から「有効」に戻す場合は、自動起動したいアプリをクリックして「有効にする」をクリックします。
次回コンピューターを起動した時に「有効」にされたものは、自動で起動します。
タスクマネージャー スタートアップ

Windows 7 で、msconfig「システム構成」で設定していた「スタートアップ」が、Windows 10では「タスクマネージャー」または設定から操作するようになりました。

Windows 10 でもmsconfigにて「システム構成」を呼び出すことは出来ますが、スタートアップの設定画面には「スタートアップ項目を管理するには、タスクマネージャーの[スタートアップ]を使用して下さい。」とメッセージと、スタートアップのリンクが張ってあります。

「タスクマネージャーを開く」をクリックすると「タスクマネージャー」の「スタートアップ」が開くようになっています。
Windows 10 システム構成 スタートアップ画面
Windows 10 では「システム構成 msconfig」での「スタートアップ」の管理は、なくなりました。

合わせて読みたい


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ