システムの復元でトラブル解消の説明を印刷する

パソコンを使っている内に問題が発生してあたりまえと考ても良いでしょう。 トラブルが起きたときは「システムの復元」機能を使って正常な状態で稼動していた状態に戻して、問題が解消される可能性があります。
システムの復元は、先にシステムの保護を有効にする必要があります。
参考:復元ポイントの作成「システムの保護を有効にする」


1. タスクバーの「検索フォーム」に「復元ポイント」と入力すると、検索結果メニューが表示されます。
「復元ポイントの作成」をクリックして作業を進めます。

Web と Windows を検索に復元ポイントと入力する

2. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開き「システムの保護」の内容が現れますので、「システムの復元」をクリックします。
Windows10 システム復元の作業

3. 「設定ファイルと設定の復元」ウィンドが開きますので「次へ」をクリックします。
設定ファイルと設定の復元ウィンドウ

4. 復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択し「次へ」をクリックします。
復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択

5.「復元ポイントの確認」ウィンドが開きますので、確認し「完了」をクリックします。
復元ポイントの確認」ウィンド

7.「いったんシステムの復元を開始したら、中断することができません。続行しますか?」の警告ウインド開きますが「はい」をクリックします。
「システムの復元の準備をしています」ウインドが開きますのでそのまま待機します。復元の容量にもよりますが、かなり時間が掛かる場合もあります。なかなか完了しないからといって、パソコンの電源を強制的に切ったりしないようしてください。
システムの復元の準備が完了しましたら、自動で再起動をし「復元作業が実行」されますので、さらにそのまま暫く待ち、ログインすれば「システムの復元」というウィンドウが表示され、システムの復元は完了です。 復元作業の実行及び完了

Notes:windows 10システムの復元でトラブル解消

システムの復元は、通常の設定であれば「保存したファイルや作成したフォルダーなど」復元作業による削除は行いませんが、ショートカットアイコンなどをデスクトップに作成したものは削除される可能性もあります。
不安であれば、復元ポイント以降に作成されたショートカットアイコンやファイルなど、別ドライブなどに保存したりして、復元作業を行う方がよいでしょう。