パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 システムの復元ポイントを作成する方法

最新更新日

Winodws10 でアプリやドライバーのインストール前などに復元ポイントを作成しておくと、問題が起こった時に簡単に修復できます。 問題が起きたときは、「システムの復元」で正常な状態で動作していた状態に戻すことができます。  このページでは、復元ポイントの作成方法を紹介しています。
システムの復元やり方など、詳しい操作方法は下記のページをご覧ください。
Winodws10 システムの復元の使い方 


スポンサーリンク

システムの復元ポイントの作成


システムの復元の設定を開く


バージョン 20H2 より、システムの詳細設定の開き方が変更になったので、2004以前と20H2以降の、二通りの開き方を紹介しています。  バージョン 2004 以前 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル  コントロールパネルが開いたら「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ  システムとセキュリティが表示されたら「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル  「システム」の設定画面で「システムの保護」をクリックすれば、復元の設定が開きます。
システム ウインド  バージョン 20H2 以降 「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く  Windows の設定画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定のシステムをクリック
「詳細情報」をクリックして、詳細情報画面の「システムの保護」をクリックすれば、復元の設定が開きます。
システムのシステムの保護をクリック 

システムの復元の有効化の確認

  • 「システムのプロパティ」ウィンドウが開き「システムの保護」の内容が表示されたら、保護したいドライブを選択し「構成」をクリックします。
  • 「構成」の設定が行われていない場合、青枠にあるよう保護が「無効」となっています。
  • OSがインストールされているドライブは必ず選択してください。通常であれば「C」システムです。
システムの保護の構成  「システムの保護を有効にする」を選択して「OK」をクリックします。「システムの保護」のウインドに戻ります。
最大使用量はそのままでもかまいません。要領を制限したい場合はスライドして設定します。
システムの保護設定

復元ポイントの作成  ここでは例に、プリンターのドライバーをインストールする前に、復元ポイントを作成しています。  「作成」をクリックして、「復元ポイントの作成」作業に進みます。
「構成」の設定が済みましたので、青枠にあるよう保護が「有効」となっているか確認します。
復元ポイントの作成  「復元ポイント」の識別のための名前を入力し、「作成」をクリックします。  復元ポイントの識別名入力 「復元ポイントの作成しています」と表示されますので、暫くそのままで待ちます。
※システムの容量にもよりますが、時間が掛かる場合もあります。
復元ポイントの作成  「復元ポイントは正常に作成されました。」と表示されれば完了です。
復元ポイントの作成完成
「閉じる」をクリックして終了します。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト