PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Winodws 10 でアプリやドライバーのインストール前などに復元ポイントを作成しておくと、問題が起こった時に簡単に修復できます。

自分ではわからない原因不明のトラブルで不調になったりなど、パソコンを使っていると問題が発生してあたりまえと考ても良いでしょう。
トラブルが起きたときは、「システムの復元」を機能を使って正常な状態で稼動していた状態に戻します。
システムの復元方法は、別ページで説明しています。
Winodws10 システムの復元の使い方

それでは、復元ポイントの作成方法を説明していきます。


スポンサーリンク

※パソコンが起動しない場合「システムの復元」を利用すると問題が解決できる場合がありますので、復元の設定はしておくべきです。
最低でも下記項目「3」にある、保護が「有効」になっているか確認はしておきましょう。

コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルが開きますので「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ

システムとセキュリティが開きますので「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル

「システム」ウインドが開きますので「システムの保護」をクリックします。
システム ウインド

「システムのプロパティ」ウィンドウが開き「システムの保護」の内容が現れますので、保護したいドライブを選択し「構成」をクリックします。

「構成」の設定が行われていない場合、青枠にあるよう保護が「無効」となっています。
OSがインストールされているドライブは必ず選択してください。通常であれば「C」システムです。
システムの保護の構成

「システムの保護を有効にする」を選択して「OK」をクリックします。「システムの保護」のウインドに戻ります。
最大使用量はそのままでもかまいません。要領を制限したい場合はスライドして設定します。
システムの保護設定

「作成」をクリックして、「復元ポイントの作成」作業に進みます。
「構成」の設定が済みましたので、青枠にあるよう保護が「有効」となっているか確認します。
復元ポイントの作成

「復元ポイント」の識別のための名前を入力し、「作成」をクリックします。

「復元ポイントの作成しています」と表示されますので、暫くそのままで待ちます。
システムの容量にもよりますが時間が掛かる場合もあります。

「復元ポイントは正常に作成されました。」と表示されれば完了です。
「閉じる」をクリックして終了します。
復元ポイントの識別名入力、復元ポイントの完成


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ