PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 Creators Update 後に、コントロールパネルの開きかたなど、幾つかの操作方法などが変更されました。
隠しメニューからコントロールパネルやコマンドプロンプトが無くなり、逆に設定ではアプリ、ゲームが追加されたり、またコントロールパネルにあった設定項目、ディスプレイやテーマの変更など幾つかなくなっているものもあります。
Windows 10 の大型アップデートにより、これからもこのような変更は発生すると思われます。コントロールパネルから無くなった項目は、今後「検索ボックス」を使ってみつけたり「設定」をチェックするなどの作業が必要になると思います。


スポンサーリンク

コントロールパネルを開く「creators update 後」

「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネル


コントロールパネルを開く「creators update 前」

「Windows」マークを右クリックし、メニューから「コントロールパネル」をクリックします。
隠しメニューからコントロールパネル

コントロールパネルを開く「共通」

検索ボックス(cortana)に「コントロールパネル」「コントロル」「こんとろる」など入力すれば「コントロールパネル」が検索結果に表示され、開くことができます。
それぞれの環境では「検索ボックス」がタスクバーにある場合やアイコンのみ、または何も表示されていないこともあるでしょう。
アイコンが無い場合でも、キーボードから簡単に「検索ボックス」を出すことができます。下記の図は主だった「検索ボックス」の出し方、または状態です。

検索フォーム(cortana)

下の図は「コントロール」を検索した結果です。
検索フォーム(cortana)


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ