パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 最近使ったものを 非表示、表示、削除する方法

最新更新日

Windows10 スタータメニュー、エクスプローラー、タスクバーのボタンを右クリックしたときに出る「最近使ったもの」を、非表示または表示する方法は、個人用設定から1つの操作で、3つの場所の表示設定が変更できます。  このページでは、最近使ったものの非表示/表示の設定方法を紹介しています。
エクスプローラーに表示される、クイックアクセス「よく使用するもの」を非表示する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 クイックアクセスを無効にして非表示にする


スポンサーリンク

最近開いたものを非表示または表示する


最近使ったものの表示の設定は、スタートメニューとタスクバーのジャンプリスト、エクスプローラー3つの場所で有効になります。ジャンプリストとは、タスクバーにピン留めしているボタンのことです。  個人用設定を開く
デスクトップ画面の何も表示されていない場所で右クリックし、メニューを開きます。
メニューにある「個人用設定」をクリックします。
デスクトップの個人用設定を開く  設定ウインドが開きますので「スタート」をクリックします。
個人用設定ウインド  表示/非表示の設定 Ver.2004以降とVer.1909以前の画面が少し違いますが操作は同じです。スイッチボタンの「オン」で表示、「オフ」で非表示。  Ver.2004以降
「スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストとエクスプローラーのクイックアクセスに最近開いた項目を表示する」の「オン/オフ」のクリックで、すぐに設定が反映されます。
オンは表示、オフは非表示
ver.2004以降の最近開いた項目の 表示 非表示  Ver.1909以前
「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」の「オン/オフ」のクリックで、すぐに設定が反映されます。
ver.1909以前の最近開いた項目の 表示 非表示

タスクバーの最近使ったものの表示を個別に削除する


目的のタスクバーのジャンプリストを右クリックして、メニューにある削除したい項目を右クリックします。  表示れたメニューの「この一覧から削除」をクリックすれば完了です。
最近開いた項目を個別に削除
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト