PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


アプリケーションソフトを利用中に、突然クリックやキー操作ができなくなったり、画面が反応しなくなったり、アプリが応答しなくなることもあります。
アプリがフリーズして応答しないときは、そのアプリを強制終了すれば、windows 10 を再起動させることなく、そのまま使うことができます。

アプリケーションソフトを強制終了させると、作業中のデーターは保存されず、開くことができません。
応答しなくなる前に保存していれば、その時点までのデーターは開くことができます。
データを保存していないなど、アプリが応答しないからといって直ぐに強制終了でななく、暫くすると応答する場合もあります。
完全に応答しない場合だけ、強制終了するようにしましょう。


スポンサーリンク

応答しないアプリを強制終了する


タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

タスクマネジャーが「簡易表示」の場合

応答しない目的のアプリをクリックし選択すると、「タスクの終了」がクリックできるようになります。
「タスクの終了」をクリックすると、応答しないアプリケーションソフトが強制終了されます。
※左下にある「詳細(D)」をクリックすれば、詳細画面が表示されます。
タスクマネージャー 簡易表示 応答なしアプリのタスクの終了

タスクマネジャーが「詳細表示」の場合

詳細表示では、CPUやメモリーの状態などが表示されます。
「簡易表示」と同様に、応答しない目的のアプリをクリックし選択すると、「タスクの終了」がクリックできるようになります。
「タスクの終了」をクリックすると、応答しないアプリケーションソフトが強制終了されます。
タスクマネージャー 詳細表示 応答なしアプリのタスクの終了
特定のアプリケーションソフトが、よく応答しなくなるような場合は、アンインストールして再度インストールすることも、考えたほうが良いかもしれません。
Windows 10 プログラムの削除「アプリのアンインストール」


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ