PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 の初期設定では「システムの復元」は無効になっています。

アプリや周辺機器のドライバーのインストール、システムの不具合など、自分ではわからない原因不明のトラブルで、突然パソコンが不調になったりする事があります。
システムの復元は、パソコンの問題が起きたとや調子がわるいとききなど、正常な状態で動作していたときに戻して修復します。

何時の状態に復元されるかは、通常システムが自動で定期的に「復元ポイント」作成しますので、復元時に日時で選択することができます。
また「復元ポイントは」手動でを作成することもできます。
システムの復元ポイントを作成する方法

それでは、システムの復元の有効化と使い方を説明していきます。


スポンサーリンク

※「復元ポイント」とは、定期的に自動でシステムの状態を復元用にバックアップする、または手動でバックアップした日時を「復元ポイント」といいます。
※システムの復元は「システムの保護」が、有効になっていなければ利用できません。

システムの復元を有効にする


コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルが開きますので「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ

「システムとセキュリティ」画面が表示されたら「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル

「システム」画面が表示されたら「システムの保護」をクリックします。
システム ウインド

「システムのプロパティ」ウィンドウが開き「システムの保護」の内容が現れますので、保護したいドライブを選択し「構成」をクリックします。

「構成」の設定が行われていない場合、青枠にあるよう保護が「無効」となっています。
Windows がインストールされているドライブは、必ず選択してください。
通常であれば「C」システムです。
システムの保護の構成

「システムの保護を有効にする」を選択して「OK」をクリックして、システムの復元を有効にします。
要領を設定したい場合は、スライドして調整します。
システムの保護設定
これで、システムの復元の有効化は完了です。

システムの復元


コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルが開きますので「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ

「システムとセキュリティ」画面が表示されたら「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル

「システム」画面が表示されたら「システムの保護」をクリックします。
システム ウインド

「システムのプロパティ」が開き「システムの保護」の内容が表示されますので、「システムの復元」をクリックします。
Windows10 システム復元の作業

「システムファイルと設定の復元」画面が表示されますので「次へ」をクリックします。
設定ファイルと設定の復元ウィンドウ

復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択し「次へ」をクリックします。
復元したい説明(識別名)又は日付から復元したいポイントを選択

「復元ポイントの確認」画面が表示されたら、確認し「完了」をクリックします。
復元ポイントの確認」ウィンド

「いったんシステムの復元を開始したら、中断することができません。続行しますか?」の警告ウインド開きますが「はい」をクリックします。

「システムの復元の準備をしています」表示されますので、そのまま待ちます。
復元の容量にもよりますが、かなり時間が掛かる場合もあります。
なかなか完了しないからといって、パソコンの電源を強制的に切ったりしないようにしてください。

システムの復元の準備が完了しましたら、自動で再起動をし「復元作業が実行」されます。
そのまま暫く待ち、ログインすれば「システムの復元」というウィンドウが表示され、
システムの復元は完了です。 復元作業の実行及び完了



スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ