PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


共有ファイルや共有フォルダーにアクセスする際に「アカウント名」と「パスワード」の要求を設定することも可能ですが、このページではパスワード無しで共有する方法を説明しています。


スポンサーリンク

ファイルの共有とは、共有したい既存のフォルダー、または共有専用のフォルダーを作製して、そのフォルダを共有設定によりネットを介して、読み込みや変更、共有フォルダーにファイルの追加などができるようになります。

デスクトップとノートパソコンを所有してファイルを共有したい、家族のパソコンとファイルのやり取りがしたいなど、同じネットワーク内に接続していれば簡単に共有ができます。

「共有ファイル フォルダー」にパスワードの保護をしていない場合、ノートブックなどを外出先でネットに接続して使用する際には、共有の解除は簡単にできますので、ネット接続の前に解除することをお勧めします。下記項目「5」を参考にしてください。

共有ができなくなった、またはできない場合はこちらをご覧ください。



共有を有効化する設定


画面右下の「通知領域」にあるネットワークアイコンを右クリックして、「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。
ネットワークアイコンを右クリックして

「ネットワークと共有センター」ウインドが開きますので「共有の詳細設定の変更」をクリックします。
「ネットワークと共有センター」ウインド

ウインドをスクロールして「すべてのネットワーク」をクリックします。
「すべてのネットワーク」をクリック

「パスワード保護共有」欄にある「パスワード保護共有を無効にする」をクリックして、黒丸が付いている事を確認し「変更の保存」をクリックし、「ネットワークと共有センター」のウインドも閉じます。
これでファイルやフォルダーを共有する準備が完了します。
「パスワード保護共有を無効にする」をクリック


共有するフォルダーの設定


共有する目的のフォルダを右クリックして、メニューにある「共有」にマウスポイント合わせ「特定のユーザ」をクリックします。
フォルダー共有「特定のユーザ」

「共有する相手を選んでください」のウインドが開きますので「矢印」をクリックし展開し「Everyone」をクリックします。

「Everyone」を選択した場合、共有設定したファイルやフォルダに誰でもアクセスができるようになります。

ここで注意が必要なのは、ノートブックを外出先でWifiなどで接続した場合、他人が共有フォルダーにアクセスできてしまうと言う事です。

ノートブックを外出先でネットに接続する場合は、共有フォルダーを右クリックし「共有の停止」をクリックして共有の設定を無効にした方が良いでしょう。

フォルダー共有「特定のユーザ」

「追加」をクリックし「共有」をクリックします。 共有の設定

「終了」をクリックすれば共有の完了です。
共有の設定完了
上記の方法で、別のフォルダーを新たに共有する事ができます。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ