PCサポート  

パソブル



Windows 10 ユーザーアカウントの「無効化/有効化」

Last update

Windows10 のユーザーのアカウントの無効 有効化は、Pro または Home 版ともコマンドプロンプトから設定することができます。
Pro 版なら、コンピューターの管理から設定することも可能です。


スポンサーリンク

ユーザーアカウントを無効化にすると、そのユーザーは Windows10 にサインインできず利用できなくなります。
また、無効化はパスワードやファイルなどユーザーの情報を削除しないので、有効化に戻せば以前と同様に利用することができます。
一時的にパソコンの使用を止めたり、このユーザーは使わないけど削除したくない場合などに便利な機能です。
このページでは、ユーザーアカウントの無効化/有効化の設定方法を紹介しています。
ユーザーファイルや情報を削除し、完全に無効化するには下記のページをご覧ください。
Windows10 ユーザーアカウントを削除する方法



コマンドプロンプトから無効化/有効化の設定


コマンドプロンプトで無効化/有効化するには、net user コマンドの「/active:」の後に「no yes」で指定します。
※無効有効化の設定は管理者権限が必要です。
コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く

最初に、登録されているユーザー名を確認しておきます。
net user」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
ここでは例として、ユーザーアカウントの「ユーザー2」の設定をしていきます。
net user コマンドでユーザーを確認

ユーザーアカウントを無効化する

net user ユーザー名 /active:no
と入力し、キーボードの「Enter」を押すとそのアカウントが無効化されます。
コマンドプロンプトでアカウントの無効化
図上の入力コマンド:
>net user ユーザー2 /active:no

「コマンドは正常に終了しました。」と表示されれば、無効化は成功です。
エラーが出るようであれば入力にミスがないか確認して、再度実行してみてください。
コマンドプロンプトでアカウントの無効化成功
無効化の確認
コマンドプロンプトで確認
net user ユーザー名」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
「アカウントの有効」が「no」になっていればOKです。
コマンドプロンプトで無効化確認
Windows の設定で確認
「Windows の設定」の「アカウント」を開きます。
「家族とその他のユーザー」に無効化したユーザー名が消えていればOKです。
アカウントの無効化確認
サインイン画面
無効化後はサインイン画面にも、ユーザーは表示されないのでサインインできません。
アカウントの無効化後のサインイン画面

ユーザーアカウントを有効化する

net user ユーザー名 /active:yes
と入力し、キーボードの「Enter」を押すとそのアカウントが有効化されます。
コマンドプロンプトでアカウントの有効化
図上の入力コマンド:
>net user ユーザー2 /active:yes

「コマンドは正常に終了しました。」と表示されれば、有効化は成功です。
エラーが出るようであれば入力にミスがないか確認して、再度実行してみてください。
コマンドプロンプトでアカウントの有効化成功
有効化の確認 有効化の確認は、無効化の確認と同様に操作して確認します。
  • コマンドプロンプトの確認で「アカウントの有効」が「yes」
  • Windows の設定で、ユーザー名が表示されている
  • サインイン画面で、ユーザー名がされている

以上で、コマンドプロンプトから無効化/有効化する説明は終わりです。


コンピューターの管理から設定「Pro 版のみ可」


コンピューターの管理からは、簡単な操作でユーザーアカウントの無効化/有効化の切り替えができます。
「Windows」マークを右クリックしたメニューにある「コンピューターの管理」をクリックします。
コンピューターの管理を開く
「ローカルユーザーとグループ」横の「 〉」をクリックして展開し「ユーザー」をクリックします。
コンピューターの管理 ローカルユーザーとグループ
目的のユーザー名を右クリックしたメニューの「プロパティ」をクリックします。
コンピューターの管理 ユーザープロパティ
「全般」タブの「アカウントを無効にする」のチェックマークの有無で設定します。
チェックマークを入れると「無効化」
チェックマークを外すと「有効化」
設定が完了したら「OK」または「適用」をクリックして設定を反映させます。
コンピューターの管理 ユーザーの無効化有効化
無効化/有効化の確認 無効化/有効化の確認は、上述の「コマンドプロンプト」と同様に操作します。
「Windows の設定」の「アカウント」にある「家族とその他のユーザー」で、
「無効化」ならユーザー名が表示されていな
「有効化」ならユーザー名が表示されている
ことを確認します。
コンピューターの管理からの設定でも、無効化にすればサインイン画面にユーザーは表示されないのでサインインできません。
以上で、コンピューターの管理から無効化/有効化する説明は終わりです。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ