PCサポート  

パソブル



Windows 10 でアプリケーションがインターネットに接続できなくて正常に利用できない場合は、ファイヤーウォールの設定でそのアプリの通信が許可されていない可能性があります。
ファイヤーウォールの「許可されたアプリ」の設定で、アプリ毎にネット通信の許可または不許可の設定ができます。

ファイヤーウォールでアプリの通信を許可する設定は、「コントロールパネル」または「Windows の設定」どちらからでも開くことができます。
ファイヤーウォールの有効/無効の切り替えはこちらをご覧ください。


スポンサーリンク


コントロールパネルから、許可されたアプリの設定を開く


「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネル

「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネル システムとセキュリティをクリック

「Windows ファイヤーウォールによるアプリケーションの許可」をクリックすると、アプリの通信を許可する設定画面が開きます。
Windows ファイヤーウォールによるアプリケーションの許可をクリック


Windows の設定から、許可されたアプリの設定を開く


スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windows の設定」が開きますので「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ

「Windows セキュリティ」をクリックします。
Windows セキュリティ画面の「ファイヤーウォールとネットワーク保護」をクリックすると、別ウインドで「セキュリティセンター」が表示されます。
Windows セキュリティをクリックしてファイヤーウォールとネットワーク保護をクリック

「ファイヤーウォールによるアプリケーションの許可」をクリックすると、アプリの通信を許可する設定画面が開きます。
Windows ファイヤーウォールによるアプリケーションの許可をクリック


ファイヤーウォールの設定で、アプリの通信を許可


「許可されたアプリ」の設定画面に、目的のアプリの名前があるか、「パブリック」にチェックマークが入ってるか確認します。
ファイヤーウォールのアプリの設定を確認

チェックマークが入っていない、またはアプリの名前が無い場合は、先に「設定の変更」をクリックして次に進みます。
ファイヤーウォール 設定の変更をクリック

チェックマークが入っていない


目的のアプリの「パブリック」のチェックボックスをクリックします。
ファイヤーウォールのアプリの通信を許可

続いて念のため「プライベート」にもチェックマークを入れておきます。
ファイヤーウォールのアプリのプライベート通信を許可

「パブリック」と「プライベート」にチェックマークが入っていることを確認して、「OK」をクリックします。
これで、アプリのネット通信が許可され正常に利用できるようになります。
ファイヤーウォールのアプリのパブリック通信を許可

設定の項目で「プライベート」と「パブリック」がありますが、
プライベートは、内部の接続(ロカールネットワーク)からの接続を許可する。
パブリックは、外部からの接続を許可する設定です。


ファイヤーウォールの設定にアプリが無い


「別のアプリの許可」をクリックすると「アプリの追加」が表示されます。
ファイヤーウォール別のアプリの許可をクリック

「参照」をクリックすると参照画表示されるので、目的のアプリの実行ファイルを選択し「開く」をクリックします。
許可するアプリを選択

アプリを選択して「ネットワークの種類」をクリックします。
許可するアプリのネットワークの設定を開く

「パブリック」と「プライベート」にチェックマークを入れて「OK」をクリックします。
許可するアプリのネットワークの設定

「追加」をクリックして画面を閉じます。
ファイヤーウォールに許可するアプリを追加
ファイヤーウォールの設定画面で、追加したアプリにチェックマークが入ってるか確認します。
チェックマークが入っていなければ、上述の「チェックマークが入っていない」の操作で設定します。
これでネット通信の許可設定は完了です。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ