PCサポート  

パソブル



Windows 10 で一部のネットワークにアクセスできない、アプリの通信や共有ができないなど、ファイヤーウォールが原因の場合があります。

ファイヤーウォールを一旦無効にして解決できるようなら、ファイヤーウォールの設定に問題があるということがわかるので、トラブルの原因を特定する手掛かりになります。

ファイヤーウォールの無効/有効は「コントロールパネル」または「Windows の設定」どちらからでもできます。
それでは、両方のやり方を説明していきます。


スポンサーリンク


コントロールパネルでファイヤーウォールの無効/有効


「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネル

「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネル システムとセキュリティをクリック

「Windows Defender ファイヤーウォール」をクリックします。
Windows Defender ファイヤーウォールをクリック

「Windows Defender ファイヤーウォールの有効化または無効化」をクリックします。
ファイヤーウォールの有効化または無効化をクリック

ファイヤーウォールを無効にするには、

「プライベートネットワークの設定」と「パブリックネットワークの設定」とも、
「Windows Defender ファイヤーウォールを無効にする」をクリックして選択します。
ファイヤーウォールを無効にするをクリックしてOKをクリック

選択が完了すれば「OK」をクリックします。
下図のように、赤く表示がされていればファイヤーウォールは無効になっています。
画面の端にも、ファイヤーウォールが無効になっていると警告が表示されます。
ファイヤーウォールが無効になっている表示
ファイヤーウォールが無効になっている警告表示


ファイヤーウォールを有効にするには、

「Windows Defender ファイヤーウォールを有効にする」をクリックして選択し「OK」をクリックします。
ファイヤーウォールを有効にするをクリックしてOKをクリック


スポンサーリンク

Windows の設定でファイヤーウォールの無効/有効


スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windows の設定」が開きますので「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ

「Windows セキュリティ」をクリックします。
Windows セキュリティ画面の「ファイヤーウォールとネットワーク保護」をクリックすると、別ウインドで「セキュリティセンター」が表示されます。
Windows セキュリティをクリックしてファイヤーウォールとネットワーク保護をクリック

ファイヤーウォールを無効にするには「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」とも、無効の設定をします。
設定の方法は両方とも同じで「オン オフ」のスイッチボタンより操作します。
Windows の設定でファイアウォールの無効 有効の操作画面

「Windows Defender ファイヤーウォール」にある「オン」ボタンをクリックします。
Windows の設定でファイアウォールの無効

ユーザーアカウント制御の警告が表示されますので「はい」をクリックします。
Windows の設定でファイアウォールの無効でユーザーアカウント制御の警告

下図のように、スイッチボタンが「オフ」になっていればファイヤーウォールは無効になっています。
画面の端にも、ファイヤーウォールが無効になっていると警告が表示されます。
ファイヤーウォールが無効になっている表示
ファイヤーウォールが無効になっている警告表示

このように「Windows の設定」でファイヤーウォールの無効/有効の切り替えは、
「オン オフ」のスイッチボタンより操作します。
オン」の状態のボタンをクリックすると、ファイヤーウォールが無効になる。
オフ」の状態のボタンをクリックすると、ファイヤーウォールが有効になる。

アプリ毎にファイヤーウォールの設定をする方法は、下記のページをご覧ください。
アプリがインターネットに接続できない


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ