パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 で動画に文字入れ-テロップの作成方法「フォト ビデオエディター」

Last update

Windows10 の標準搭載アプリの「フォト」の動画編集機能「ビデオエディター」で、簡単な操作で動画の複数の場面に文字を入れて、テロップを作成することができます。また、編集した動画を別ファイルに保存することができ、プロジェクトファイルにより再度編集することができます。  このページでは標準アプリで、テロップを作成する方法を紹介しています。
その他の動画の編集ができる種類や操作方法は、下記のページでまとめています。
Windows10 標準アプリ「フォト」で動画編集をする

スポンサーリンク

-広告リンク-

動画に文字を入れる「テロップの作成」

動画に文字をいれテロップを作成するには、Windows10 の標準アプリ「フォト」の動画編集機能「ビデオエディター」で簡単に動画編集ができます。 

「ビデオエディター/フォト」を開き方と動画編集の準備


スタートメニューの「ビデオエディター」または「フォト」から、動画編集をすることができます。  スタートメニューを開き「ビデオエディター」または「フォト」をクリックします。
スタートメニューからフォト(ビデオエディター)を開く  「フォト」をクリックして開いた場合
「さらに表示」をクリックして「ビデオエディター」をクリックすれば、「ビデオエディター」が表示されます。
フォトからビデオエディターを開く  「ビデオエディター」動画編集の準備をする
新規に動画を編集するか、編集済みの動画(プロジェクト)を再編集するか、二通りの準備があります。
  • 新規に動画を編集する場合は、「新しいビデオプロジェクト」のタイルをクリックするか、メニューの「新しいビデオ」をクリックし「新しいプロジェクト」をクリックします。
  • 編集済みの動画を追加で編集する場合は、プロジェクトをクリックします。
ビデオエディター新しいビデオ プロジェクトを作成  「新しいビデオプロジェクト」で新規に動画を編集する場合
「新しいビデオ」をクリックした場合、「ビデオの名前の指定」が表示されるので、好きな名前を入力して「OK」をクリックします。
ビデオエディター新しいビデオ プロジェクトの名前
ビデオの名前の指定について
「スキップ」をクリックしても編集はできますが、「名前」を指定していれば、再度編集するときに見つけやすくなります。  プロジェクト(編集ファイルは)自動で作成されます。ここでの「ビデオの名前の指定」は保存ではなく、プロジェクトファイルに名前を付ける操作です。名前の指定は後で行うこともできますが(末尾参照)、複製になるのでプロジェクトが2つできることになります。
「プロジェクトライブラリ」の「追加」をクリックしたメニューの「このPCから」をクリックすると、エクスプローラーが表示されるので、目的の動画ファイルをクリックして開きます。
ビデオエディター動画ファイルの選択  「プロジェクトライブラリ」に表示された動画をクリックしたまま、下のボックスまで移動してコピーします。
ビデオエディター動画編集の準備  「ビデオエディター」が無い、または「フォト」からも「ビデオプロジェクト」が作成できない場合は、「Microsoft フォト」をアップデートする必要があります。 アップデートの方法は、下記の別ページ内の「動画の編集機能が利用できない」をご覧ください。
Windows10 動画の編集を標準搭載アプリでする方法

動画に文字を入れてテロップを作成する


ビデオエディターでは、動画に文字を入れテキストのデザインや効果、表示位置の指定ができます。また、複数の場面に文字を入れることもできます。  ドラッグしたボックス上のメニューの「テキスト」をクリックすると、編集画面が表示されます。
ビデオエディター文字入れの準備  「シーク」をクリックしたまま、文字を入れる場所まで移動します。
ビデオエディター文字入れの場所を指定  文字の入力と編集
テキストの入力とスタイルを設定
「テキスト ボックス」に文字を入力します。
テキストのスタイルは初期設定の簡易で表示されます。 ビデオエディターテキストの入力  「テキストス」に表示されてるスタイル名で、文字のデザインが設定できます。
ビデオエディターテキストの入力
上の画像は「ジョイ」をクリックして選択した状態です。テキストのデザインは以下の種類を選択することができます。
ビデオエディターテキストスタイルの一覧  文字が表示される時間を設定
「ノブ」をクリックしたまま(左「開始」右「終了」)を移動して、表示の長さを設定します。
ビデオエディター文字表示の長さを設定  文字の表示位置を設定
「レイアウト」で、文字の表示位置を指定します。デフォルトは下部です、選択されているレイアウト図には青枠が付いています。
ビデオエディターテキストの表示位置  文字入れが完了したら「完了」をクリックして元の画面に戻ります。
ビデオエディター文字入れの完了
動画の他の場面にも文字を入れる 編集の準備で下部のボックスにドラッグしたように、空いているボックスに再度おなじようにドラックします。
ビデオエディター追加編集の準備  動画サムネイルの(□) をクリックして選択状態にし「テキスト」をクリックします。
編集画面表示されたら、上記の「文字の入力と編集」の方法でテロップを作成します。
ビデオエディター追加編集画面
空いているボックスにドラックして追加すれば、動画内のいろいろ場面に文字を入れることができます。

テロップを作成した動画を保存

複数の場面で文字入れした場合でも、一つの動画ファイルとして作成保存されます。  「ビデオの完了」をクリックします。
デロップ作成の完了  「ビデオの画質」のボックスで、画質を選択して「エクスポート」をクリックします。
※画質の「高」を選択すると、元の画質にもよりますが、サイズがかなり大きくなる場合があります。
文字入れ動画の画質の選択  エクスプローラーが開くので、保存先を開き、名前を確認して「エクスポート」をクリックします。
※保存先の初期値はピクチャーフォルダです。
文字入れ動画のエクスポート  エクスポートが開始されるので、そのまま待ちます。動画の編集状況によってはかなり時間が掛かります。
文字入れ動画をエクスポート中  編集した動画が保存されたら、「フォト」が開き自動再生されます。
編集動画の保存完了  プロジェクト
動画編集の為のデーター「プロジェクト」は自動で作成され保存しています。  「新しいビデオプロジェクト」の作成で、名前を指定していない場合、プロジェクト名が全て「新しいビデオ」の名前で保存されるので、分かりにくくなります。  名前を付けるには「…」メニューボタンをクリックして「プロジェクトの複製」をクリックします。
動画編集プロジェクトファイルの作成  「コピーの名前を選択してください」に、名前を入力して「OK」をクリックします。 動画編集プロジェクトファイルの保存  プロジェクトの開き方
プロジェクトの開き方は、「ビデオエディター」のホーム画面に表示されているので、クリックすると動画の編集画面が表示されます。
動画編集プロジェクトの開き方
プロジェクトとは、動画の編集内容が保存されており、プロジェクトを開くと引き続き編集、または修正をすることができるデータです。
文字入れしたプロジェクトデータを開けば、エフェクト効果を追加したり音楽を挿入するこもできます。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア