PCサポート  

パソブル



Windows 10 デバイスドライバの自動更新を止めれば、アップデート後に正常に起動しないなどの問題を事前に防ぐこともできます。

更新プログラムの自動更新で、更新できる「デバイスドライバ」があればそれらも自動で更新されます。更新されたドライバとハードウェアの相性問題などで、正常に起動しなくなるなどの問題も出ています。

デバイスドライバの自動更新を止める方法は「システムの詳細設定」より操作します。


スポンサーリンク

自動更新自体を止める方法は、下記のページをご覧ください。
Windows 10 Pro の自動更新を止める方法
Windows 10 Home の自動更新を止める方法

デバイスドライバの自動更新を止めて無効にする


「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネルを開く

コントロールパネルが開きますので「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネルでシステムとセキュリティをクリック

システムとセキュリティにある「システム」をクリックします。
システムをクリック

「システム」画面の「システムの詳細設定」をクリックすると「システムのプロパティ」が開きます。
システムの詳細設定をクリック

システムのプロパティの「ハードウェア」タブをクリックします。
システムのプロパティのハードウェアをクリック

「デバイスのインストール設定」をクリックします。 デバイスのインストール設定をクリック

「いいえ」をクリックして選択状態にし、「変更の保存」をクリックします。
いいえを選択し変更の保存をクリック

システムのプロパティ画面の「OK」クリックします。
システムのプロパティOKをクリック
これで、デバイスドライバの自動更新を止める設定は完了です。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ