パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 IME 日本語入力が突然できなくなった時の対処法

最新更新日

Windows10 の入力操作でタスクバーのIMEが「あ」に切り替わってるのに、日本語の入力が突然できなくなったときは、ほとんどの場合PCを再起動すれば復旧します。  でも、PCの再起動は作業中のアプリなども中断をしなくてはなりません。日本語入力ができなくなった場合は、PCを再起動しなくとも「IME」の再起動のみで、解決する場合があります。  このページでは、IME 日本語入力が突然できなくなった時の対処法を紹介しています。
IME 入力操作で問題が発生するような場合は、下記のページをご覧ください。
Windows10 入力操作で不具合が発生した時の対処法


スポンサーリンク


日本語入力が突然できなくなった時の対処法


日本語入力が突然できなくなったときは、ほとんど場合パソコンを再起動すれば、日本語入力の不具合は復旧しすまが、  ここでは、パソコンの再起動はしないで、Windows の入力に関するプログラム「テキスト サービス(ctfmon.exe)」の再起動で、日本語入力が正常にできるようにする方法を紹介します。

IME (テキストサービス)を再起動して対処する


テキストサービスの再起動の操作は簡単で、タスクマネージャーまたはコマンドプロンプトで、実行する方法があります。

タスクマネージャーで IME を再起動

タスクマネージャーでの IME の再起動は、タスクの終了で実行できます。  「スタート」ボタンを右クリックして開いたメニューにある、「タスクマネージャー」をクリックします。
スタートボタンでタスクマネージャーを開く  「タスク マネジャー」が開いたら、タブメニューの「詳細」をクリックします。
タスクマネージャーの詳細を開く
※簡易表示になっているなら、左下にある「詳細(D)」をクリックすれば詳細表示になり「詳細」のタブが表示されます。
タスクマネージャー 簡易表示

「名前」のリストで、「ctfmon.exe」を探し、クリックして選択状態にして、「タスクの終了」をクリックします。
タスクマネージャーで IME を再起動
確認画面が表示されるので「プロセスの終了」をクリックします。
タスクマネージャーのプロセスの終了の確認
これで IME の再起動は完了です。
タスクの終了で IME の「終了」はできないので、タスクの終了後すぐに自動で起動されます。その仕組みを利用することで、結果的に再起動したことになります。

テキストサービスの再起動が完了したので、日本語入力ができるか確認します。
タスクの終了(再起動)で、うまくいかない場合は事項の「コマンドプロンプト」で再起動してみてください。

コマンドプロンプトで IME を再起動

コマンドプロンプトで IME を再起動する操作は、3ステップで完了します。
コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く 
コマンドプロンプトに入力する際に、コマンドに空白(スペース)がある場合は、注意して入力してください。
例:tasklist空白/fi空白"imagename空白eq空白ctfmon.exe"
  1. 最初に、テキストサービス(ctfmon.exe)のプロセスID (PID)を、確認します。
コマンドプロンプトに、tasklist /fi "imagename eq ctfmon.exe" と入力して、キーボードの『Enter』を押せば情報が表示されます。
テキストサービス ctfmon のPIDを確認
※コピーしたテキストを、コマンドプロンプト上で右クリックすれば貼付けることができます。  2. 情報に表示されている「PID(ctfmon.exe)」を停止します。
コマンドプロンプトに、taskkill /pid 10332(PID) と入力して、キーボードの『Enter』を押します。
テキストサービス ctfmon を終了
  • 「成功:PID ****** のプロセスに強制終了のシグナルを送信しました」と表示されれば、OKです。
  • エラーメッセージが表示されるようなら、コマンドの空白や、PID を確認して、再度入力し実行してください。
  3. テキストサービス(ctfmon.exe)を起動します。
コマンドプロンプトに、ctfmon.exe と入力して、キーボードの『Enter』を押せば、「テキストサービス」が起動します。
テキストサービス ctfmon を起動
エラーメッセージなど、何も表示されなければ起動はできています。  テキストサービスの再起動が完了したので、日本語入力ができるか確認します。

IME のバージョンのリセットで対処する


IME の互換性の設定で、一時的にバージョンを切換えて日本語入力ができるように対処する。  検索ボックスに「ime」と入力して、「日本語 IME の設定」を探してクリックします。
テキストサービス ctfmon のPIDを確認  「Microsoft IME」が表示されてたら、「全般」をクリックします。
IMEのプロパティの全般を開く  「互換性」の項目で、「オン/オフ」のスイッチボタンをクリックして、バージョンを切り替えた後に、元のバージョンに戻します。
  • 旧バージョンの IME を、新バージョンへ
    IME を、旧バージョンから新バージョンへ
  • 新バージョンの IME を、旧バージョンへ
    IME を、新バージョンから旧バージョンへ
バージョンを切換えたら、再度スイッチボタンをクリックして、利用している元のバージョンに戻します。  これで、バージョンの切り替が完了したので、日本語入力ができるか確認します。
まだ、日本語入力ができない場合は、利用してるバージョンと異なるバージョンを選択して、入力できるか試してみます。
どうしても日本語入力ができない状況なら、作業中のデータを保存し、パソコンを再起動して入力の確認をする必要があります。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト