PCサポート  

パソブル



Windows 10 のアップデートが原因で、ネットワーク上のフォルダーやプリンターなどが検出できず、共有ができなくなる場合があります。
この問題の解除方法は、サービス(自動起動)の設定を幾つか修正することで、正常に共有ができるようになる場合があります。


スポンサーリンク

共有に関するサービスの設定を修正


タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

「タスク マネジャー」が開きますので、タブメニューの「サービス」をクリックします。
次に、サービスの画面にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。
タスクマネージャーからサービスの管理を開く

サービスの修正方法


共有に関連する基本的なサービスの修正は、以下の4つの項目です。
  • Function Discovery Provider Host
  • Function Discovery Resource Publication
  • SSDP Discovery
  • UPnP Device Host
これらのすべての項目の設定を確認し、必要があれば修正します。
以下の操作を、上記にある項目すべてに適用します。

目的の項目を右クリックして、メニューの「プロパティ」をクリックします。
共有関連のサービスを右クリックしてプロパティを開く

「全般」の「スタートアップの種類」が自動(遅延開始)になっているか確認します。
手動などが設定されている場合は、自動(遅延開始)を選択します。
※この設定は、起動時に自動で開始させるためのものです。
スタートアップの種類を自動(遅延開始)に設定

「サービスの状態」が「停止」になっているなら「開始」をクリックします。
※この操作は、サービスを開始させ直ぐに有効にするためです。
サービスの「開始」をクリック

全ての項目の修正が完了しましたら、共有ができるようになっているか確認します。

まだ共有がきなない
まだ共有がきなないようであれば、以下の追加の項目を確認し同様に修正します。
全ての項目の修正が完了したらパソコンを再起動した後に、共有ができているか確認します。
  • Network Connections
  • Peer Name Resolution Protocol
  • Peer Networking Grouping
  • Peer Networking Identity Manager

上記の方法でも共有ができない場合は、共有の設定を再度チェックしてみましょう。
Windows 10 共有ができないときに確認すること


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ