PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows パソコンを何も気にせず使い続けていると、「インターネットで観覧したサイトのファイル」「Windows Update に関わる配信の最適化ファイル」「縮小表示するための画像」「ダウンロードされたファイル」など、知らない間に不要なファイルが増え続けていきます。

このようなファイルの削除は、個々に探して削除するのがとても面倒ですが「ディスク クリーンアップ」機能で、安全に簡単に削除できディスクの空き容量を増やせます。
不要なファイルを削除する方法は、「PC」または「Windows の設定」から行うことができます。どちらともだいたい同じ実行結果です。

それでは、不要なファイルを削除する方法を説明していきます。


スポンサーリンク


不要なファイルを削除して空き容量を増やす


エクスプローラーの「PC」からクリーンアップ

ディスクのクリーンアップは、スタートメニューからも開けますが、今回はエクスプローラーの「PC」から開く方法を紹介します。

「PC」の開き方は「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「PC」をクリックします。
エクスプローラー「PC」を開く

「ローカルディスク」を右クリックし現れたメニューの「プロパティ」をクリックします。
ローカルディスク メニュー

「プロパティ」ウインドの「全般」が開きますので「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。
ローカルディスク プロパティウインド

クリーンアップの準備が始まりますので、作業が完了するまでそのまま待ちます。
容量が大きければ、それだけ作業時間がかかります。
ローカルディスク クリーンアップ準備

「ディスクのクリーンアップ」ウインドが開きます。
さらに空き容量を増やしたい場合は「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。
ディスクのクリーンアップ画面

「システムファイルのクリーンアップ」は通常のクリーンアップの項目に加えて、アップグレードの情報やログファイルなどを削除します。
  • システムファイルの削除は内容を確認して、理解した上で削除してください。
  • システムのクリーンアップで削除する内容は使用環境により異なります。
  • ファイルの内容は、削除する項目をクリックすれば説明欄に表示されます。
システムファイルのクリーンアップ画面

「削除するファイル」の項目を選択し「チェックマーク」を入れ「OK」をクリックします。
ディスクのクリーンアップ実行

確認画面がでますので「ファイルの削除」をクリックします。
ディスクのクリーンアップ確認

進行状況画面が表示され、ファイルの削除が開始されます。
削除するファイルの容量が大きければ、それなりに時間がかかります。
クリーンアップが終了すれば、進行状況画面が自動で閉じられて完了です。
ディスクのクリーンアップスタート


「Windows の設定」からクリーンアップ

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windows の設定」画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定から。システムをクリック

メニューの「ストレージ」をクリックすれば、ストレージの設定画面が開きます。
メニューのストレージをクリック

「いますぐ空き容量を増やす」をクリックします。
いますぐ空き容量を増やすをクリック

削除可能なデーターのスキャンが始まります。
削除可能なデーターのスキャン

削除する内容をクリックし選択して指定します。
選択が完了したら「ファイルの削除」をクリックします。
削除する内容を選択

ファイルの削除が完了すれば、選択した内容の容量が「0」になっています。
ファイルの削除の完了


スポンサーリンク

クリーンアップで削除する主なファイルの内容



スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ