PCサポート  

パソブル



Windows 10 ディスクの空き容量を定期的に自動で増やす方法

Last update

Windows 10 には標準機能で、容量不足時または定期的に自動でディスクのクリーンアップを実行させる「ストレージセンサー」が搭載されています。
ストレージセンサーで自動で空き容量を増やす設定をしておけば、ディスクの容量不足によるトラブルが軽減できるようになります。
このページでは、自動でディスクの空き容量を増やす方法を紹介しています。
手動でより多くの不要なファイルを削除して空き容量を増やす方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 ディスクのクリーンアップ「不要なファイルを削除」


スポンサーリンク

ディスクのクリーンアップの自動化の設定


ストレージセンサーの自動化の設定は「Windows の設定」から「システム」の「ストレージ」で操作します。

ストレージセンサーの設定画面を開く

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く
Windows の設定画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定から。システムをクリック
メニューの「ストレージ」をクリックして、ストレージの設定画面を開きます。
メニューのストレージをクリック
ストレージの設定画面で「ストレージセンサー」を「オン」にすれば、クリーンアップの自動化は有効になりますが、どのようにクリーンアップされるのか分からないまま実行されます。
定期間隔の選択や、ゴミ箱に対する操作などもできるので確認しながら設定して、設定環境が把握できるようにしておきましょう。

ストレージセンサーの設定
「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックします。
空き領域を自動的に増やす設定


自動クリーンアップの間隔を設定

自動で不要なファイルを削除して空き容量を増やす、定期的な間隔の設定。
設定可能な項目
  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • ディスクの空き領域の不足時


ボックスをクリックして、メニューの項目をクリックすれば設定が反映されます。
ディスクのクリーンアップの自動実行の間隔


一時ファイルのクリーンアップの設定

アプリによっては、使用しているときに一時的にデータを作成し、アプリを終了しても必要のないデータが削除されないものもあります。また、アプリをインストールしたときも、一時ファイルが残る場合もあります。
チェックボックスにチェックマークを入れることで、必要のない一時ファイルは自動的で削除することができます。
一時ファイルの自動削除の設定


ゴミ箱のクリーンアップの設定

ゴミ箱の中身を自動で削除しないか、または自動で削除する間隔の設定。
設定可能な項目
  • 許可しない(削除しない)
  • 1日
  • 14日
  • 30日
  • 60日


「ゴミ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の選択ボックスをクリックして、メニューの項目をクリックすれば設定が反映されます。
ゴミ箱の自動削除の設定


ダウンロードフォルダのクリーンアップの設定


ダウンロードフォルダの中身を自動で削除しないか、または自動で削除する間隔の設定。
設定可能な項目
  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • ディスクの空き領域の不足時


「[ダウンロード]フォルダーに保存してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の選択ボックスをクリックして、メニューの項目をクリックすれば設定されます。
ダウンロードフォルダの自動削除の設定


ストレージセンサーの設定完了

これで、ディスクのクリーンアップの自動化の設定は完了です。
設定画面上部にある「ストレージセンサー」のスイッチボタンを「オン」にすれば、自動化は有効になります。
ストレージセンサーの有効
「←」アイコンをクリックしてストレージ設定画面に戻り、「ストレージセンサー」が「オン」になっていることを確認します。
自動化の有効/無効化は、ここのスイッチボタンからも操作できます。
ストレージセンサーの有効/無効の状況
パソコンを使いつ続けると、自分ではそれほどディスクの容量を使っていないけど、ディスクの空き容量が少ないと感じることもあるでしょう。
Windows やアプリは、操作データーや一時ファイルなどを自動で蓄積するようになっているので、知らないうちに空き容量が不足してしまう事があります。
ディスクのクリーンアップを自動化にしておけば、これらの問題も軽減できるようになります。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ