PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます



スポンサーリンク
ファイルを開く既定のプログラムの選択 Windows 10 ではファイルを開くときに、どのプログラム(アプリ)で開くか管理する設定がわかりやすく簡単になりました。ファイルを開くプログラムが管理されている設定画面で、ファイルを開くプログラムの変更や選択、問題を解説しています。

Windows 10 ではファイルを開くときに、どのプログラム(アプリ)で開くか管理する設定がわかりやすく簡単になりました。
ここでは、ファイルを開くプログラムが管理されている設定画面で、ファイルを開くプログラムの変更、選択を解説しています。
以前はファイルの関連付けに慣れていなければ、分かりずらい操作が必要でした。
ファイルを開くときに、ファイルが開かなくなった、思っていいたのと違う画面で、ファイルが開かれたので元に戻したいこともあります。
Windwos の設定の「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」の操作画面で直感的に、ファイルを開くアプリの選択ができます。

ファイルを開くときの既定のアプリの管理画面を開く


1.Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く

2.設定ウインドが開きますので「アプリ」をクリックします。
Windwos の設定でアプリをクリック

3.「既定のアプリ」をクリックします。
Windwos の設定 アプリで「既定のアプリ」をクリック

4.スクロールして「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックして、管理画面を開きます。
ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶをクリック

ファイルを開くときの既定のアプリを設定する


ファイルを開く既定のアプリを選択する管理画面

左に表示されているのがファイルの種類です。ファイルの種類は「拡張子」で識別されています。

ファイルの種類「拡張子」とは、ファイル名の最後のピリオド「.」の後にある「文字列」です。
拡張子の説明画像
そのファイルが、どの「拡張子」で識別されているか分かった上で、ファイルを開くときの既定のアプリを選択します。
※ファイル名の拡張子は、通常では非表示になっています。 拡張子が表示されていなければ、ファイルの拡張子を表示する方法をご覧ください。

右に表示されているのが、ファイル(拡張子)を開く既定のアプリが選択されてます。

ファイルの種類「拡張子」を開くアプリのアイコンと、アプリ名が表示されています。
アイコンが「+」の「既定を選ぶ」になっていいるファイルは、開くことができません。

ファイルが開くことができない、アイコンが「+」になって選択されていない?
単にファイルを開くアプリが、選択されていないこともありますが、ほとんどの場合は、ファイルを開くことができるアプリがインストールされていないのが原因です。
ファイルを開くことができるアプリが無ければ、アプリのアイコンが表示されず選択することもできません。

ファイルを開くアプリの選択「変更」方法

目的のファイ(拡張子)の横にある、アイコンをクリックします。
メニューに表示された、アプリのアイコンをクリックして選択します。 ファイルを開くアイコンが変更されていれば完了です。
ファイルを開くプログラムの変更|選択
この他にも、直接ファイルのアイコンをクリックして、開くアプリを変更や、選択することもできます。
操作方法は、ファイルの関連付けを変更をご覧ください。

メニューに、既定のアプリが表示されない

ファイルを開くアプリアイコンが「+」で、クリックしてもメニューには「ストアでアプリを探す」しか表示されない。
この場合は、ファイルを開くことができるアプリが、インストールされていないことになります。
ファイルを開きたい場合は、「ストアでアプリを探す」をクリックしてアプリを探すか、ストアに無い場合は「拡張子」をネットで検索してアプリを探します。
※以前は開くことができたのに今は開くことができない場合は、アプリを削除した可能性があります。
拡張子の説明画像
ファイルを開くアプリはインストールしているが、アプリが表示されない場合は、アプリの再インストールや、レジストリーの編集などで修復できる場合もあります。
詳しい内容は、ファイルの関連付けが登録できないを参考にしてください。


スポンサーリンク

 

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ