PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


ファイルを開くときに、どのアプリで開くかを決めるのがファイルの関連付けです。
新しいプログラムをインストールしたときなど、そのファイルの種類が対応している場合、自動に関連つけが変更される場合があります。

例えば画像やビデオファイルを開くプログラムが、何時も使っているものと違うプログラムで開いてしまう。またはファイルが開けなくなったなど、関連付けの設定でもとに戻すことができます。

このページでは目的のファイルをクリックして、直接関連付けの変更をするやり方を説明しています。
関連付けの設定管理から変更するには、下記のページをご覧ください。
ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ「関連付けの管理」
関連付けができない場合はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

ファイルの関連付けを変更する


関連付けを変更したいファイルを右クリックし、メニュー欄の「プロパティ」をクリックします。
windows10  ファイルのメニュー

「プロパティ」ウインドが開きます
青枠で囲んでいる名前が、現在設定されているファイルを開くプログラム名です。
windows10 ファイルのプロパティ

「変更」ボタンをクリックし、関連付け変更の画面を開きます。
ファイルを開く、目的のプログラムがあれば、クリックして選択し「OK」をクリックします。
windows10関連付けを変更1

目的のプログラムが無い場合は「その他のアプリ」をクリックして次に進みます。
目的のプログラムが見つかれば、クリックして選択し「OK」をクリックします。
windows10関連付けを変更2

こちらにもまだ目的のプログラムが無い場合は「このPCで別のアプリを探す」をクリックして次に進みます。
目的の実行プログラムをクリックして「開く」をクリックします。
※こちらの変更方法は「フォルダー」をクリックしただけでは設定されません。「フォルダー」内にある実行プログラムをクリックします。
windows10関連付けを変更3

「プロパティ」ウインドの確認
青枠で囲んでいる名前がが目的のプログラムに変更されているか確認し「OK」をクリックして完了です。
windows10 ファイルのプロパティ確認

ファイルの関連付けは、とても重要な役割をはたします。関連付けを間違うと、ファイルをダブルクリックしても、ファイルが開けないなどの問題が生じます。
関連付けを変更するときは、必ずプログラムがファイルに対応していなければなりません。また、ファイルの関連付けは一種類しかできません。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ