PCサポート  

パソブル



Windows 10 Cortana を停止して無効化にする

Last update

Cortana の無効化は、Windows 10 pro または home どちらでも、レジストリの編集で可能です。
レジストリの編集により、Cortana の機能である(インターネットやクラウド検索、会話によるやりとりなど)を停止することで、Cortana が無効になります。
Cortana が無効になっても、パソコンのアプリやファイルなどの従来の検索機能は使用できます。
このページでは、Cortanaを無効化して検索は有効にする方法を紹介しています。


スポンサーリンク



Cortana の無効化


Windows 10 pro または home どちらとも、レジストリの編集で Cortana の無効化ができます。
バージョン1903で Cortana と検索が分離しましたが、無効化の方法は同じです。

Cortanaを無効化する為のレジストリの編集

レジストリエディタを開く
レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く



レジストリキー「Windows Search」を開く

レジストリエディタの左側メニューのアイコンをクリックして、展開していきます。
▼ HKEY_LOCAL_MACHINE
▼ SOFTWARE
▼ Policies
▼ Microsoft
Windows と順に展開していきます。
Windows Search」キーがあるか探します。
見つからなければ、Windows Search キーを作成します。
レジストリ エディタ,HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows

★ 新規に「Windows Search」キーを作成する。

「Windows」を右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
サブメニューが表示されますので「キー(k)」をクリックします。
レジストリ、キーを新規に作成する
新規に作成されたキーが「新しいキー #1」という名前で作成されます。 新しいキー #1が作成される
キーの名前を「Windows search」に変更します。
これで「Windows search」のレジストリ キーが作成されました。
新規に作成したキーの名前を Windows search に変更

レジストリキーに、値を追加する。

「Windows search」のレジストリキーに、値を追加します。
「Windows search」のレジストリキーを右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
Windows search キーに、DWORD32を新規に作成
新規に作成された値が「新しい値 #1」という名前で作成されます。 新しい値 #1が作成される
値の名前を「AllowCortana」に変更します。
新規に作成した値の名前を AllowCortana に変更

作成した「AllowCortana」の「値」を確認する。

「AllowCortana」を右クリックして表示されたメニューの「修正」をクリックします。
AllowCortana の値を修正
「AllowCortana」の値の編集画面が表示されますので「値のデーター」が「0」であることを確認します。
値のデーターが「0」でない場合は、「0」に変更します。
値のデーターを「1」にすると、Cortana が有効になります。

これで、Cortana の無効化の為のレジストリの編集作業は完了です。
AllowCortana の値を変更


再起動して Cortana を無効化する

レジストリの操作なので、編集を反映するには再起動が必要です。パソコンを再起動すれば、Cortana の無効化は完成です。

Cortana 無効化の確認

「Windows の設定」画面に「Cortana」が表示されなくなります。
Windows の設定 の Cortana
その他の状態は、バージョン1903と1809まででは無効化の状態が違うので、それぞれ紹介していきます。
バージョン1809までの Cortana 無効化の状態 Cortana の無効前の画面では、メッセージや色々と操作するような画面でしたが、無効化され後は単にパソコンを検索する画面になります。
他にも、無効化前には、Cortana 画面左側の歯車アイコンをクリックすると「Cortana の設定」画面が開いていましたが、無効化後は「Windwos の設定」画面が開くようになります。
Cortana の無効化の状態
バージョン1903以降の Cortana 無効化の状態 タスクバーのコルタナのアイコンと、タスクバーのメニューにある「Cortana のボタンを表示する」の項目が、表示されなくなります。
1903以降の Cortana の無効化の状態
※Cortana の無効化を解除する場合は、上述の「AllowCortana」の値を「1」にして、再起動すると Cortana が有効になります。
その他の Cortana の設定やコルタナの使い方は、こちらをご覧ください。


Cortana の削除や起動停止について

レジストリの編集で Cortana を無効化する方法は、Cortana を自動起動させない、削除するといったものではありません。Cortana の機能を停止して無効化するものですので、Cortana 自体は起動されている状態になっています。
タスクマネージャーのバックグラウンド プロセスを確認すれば、起動していることがわかります。
※ Cortana の設定画面からの、オン/オフ操作による無効化はできません。

スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ