PCサポート  

パソブル



Windows 10 レジストリ キーのバックアップと復元

Last update

レジストリキーのバックアップは、レジストリエディターで作成するこができます。
レジストリの編集を誤ると、パソコンが正常に動作しなくなることがあります。編集前にレジストリキーをバックアップをしていおくことで、問題が起こった場合にでも簡単にレジストリを復元することができます。

このページでは、レジストリのバックアップに関することを紹介しています。





レジストリキーのバックアップ


レジストリキーのバックアップは、レジストリエディターで作成します。

レジストリエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く

バックアップしたいキーを右クリックし、メニューの「エクスポート」クリックすれば、レジストリファイルのエクスポート画面が表示されます。
レジストリキーのバックアップ

保存場所を指定し、名前を入力して「保存」をクリックします。
※ バックアップの名前は、日本語が入っていると復元の環境によっては「パス(場所)」のエラーが出ることもあるので、英数字にしてください。
レジストリキーのバックアップの保存
作成されたレジストリキーのバックアップファイル
作成されたファイルを確認し、レジストリキーのバックアップは完了です。

NOTE:
  • レジストリキーは、メインキー・サブキーと階層になっています。メインキーをバックアップすればサブキーも含まれます。
  • サブキーのバックアップではメインキーは含まれません。
  • レジストリキーの中にある、値のみのバックアップはできません。
    レジストリの値のみをバックアップはできない


スポンサーリンク

レジストリキーの復元


レジストリキーの復元は、レジストリキーが存在しなければ「追加」され、レジストリキーが既にある場合は上書き(復元)されます。

レジストリキーのバックアップファイルを右クリックし、メニューの「結合」をクリックします。
ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックしてください。
レジストリキーの復元

レジストリの追加(復元)に関するメッセージが表示されるので、確認して「はい」をクリックします。
レジストリの追加(復元)に関するメッセージ

レジストリに正常に追加(復元)されましたと表示されれれば復元は成功です。「はい」をクリックします。
レジストリキーの復元完了
これで、レジストリキーの復元は完了です。


その他レジストリのバックアップについて


レジストリを全てバックアップする
ここでは、レジストリキーのバックアップについて紹介しましたが、レジストリを完全にバックアップすることもできます。
方法は、レジストリエディターの「コンピューター」を右クリックし、メニューの「エクスポート」の実行です。
レジストリの完全バックアップ
完全なバックアップファイルの作成には少し時間がかかります。

パソコンが不正常で復元操作ができない
レジストリの編集の失敗で、パソコンが正常に動作または起動しないので復元操作ができない場合、 セーフモードで起動して、レジストリの復元を実行することもできます。
Windows10 を起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

レジストリに問題がでたけどバックアップがない
Windows10 では不定期に自動でレジストリのバックアップを作成しています。
どの日時など指定はできませんが、そのバックアップファイルを使用することでレジストリの修復ができる場合もありあます。
Windows10 レジストリをコマンドプロンプトで修復

これで、レジストリのバックアップについての紹介は終わりです。
※レジストリの編集は慎重に操作してくださいね。


スポンサーリンク


このページのURLをコピーする


その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ