PCサポート  

パソブル



Windows 10 アクセスが拒否されたデーターを削除する方法

Last update

Windows 10 で必要のないデーターやフォルダーが「アクセスが拒否されました」と表示され、削除できない場合は、
セキュリティのアクセスの許可に「アカウントの追加」と「所有者の変更」をすることで、削除ができるようになります。


スポンサーリンク



アクセスが拒否され削除できない、対処方法の概要


アクセス許可の操作は、管理者権限のユーザーアカウントで、サインインしていることが必要です。
アクセスが拒否されて削除できないデーターややフォルダーに、アクセスを許可するアカウント(サインインしているアカウント)を追加します。
次に、完全なアクセス権限を持たせるために、所有者の変更して完了です。
削除できなかったフォルダーやデーターを、もういちど削除します。
途中で警告が表示される場合もありますが、警告の全てに「ない」をクリックして削除を続行します。


アクセスを許可するアカウントの追加


目的のフォルダー、またはデーターを右クリックして、メニューの「プロパティ」をクリックします。
フォルダーを右クリックして、メニューのプロパティをクリック
「セキュリティ」タブをクリックし「編集」をクリックします。
セキュリティタブをクリックし、編集をクリック
「アクセス許可」画面が表示されたら「追加」をクリックします。
アクセス許可の画面、追加をクリック
「ユーザーまたはグループの選択」画面で「詳細設定」をクリックします。
アクセス許可の画面、追加をクリック
アカウントを追加する
  • 「検索」をクリックすると「検索結果」のボックスに、アカウントが表示されます。
  • 「検索結果ボックス」内で、現在サインインしているアカウントを探し、クリックして選択します。
  • 選択が完了すれば「OK」をクリックして、この画面を閉じます。
アクセス許可の、アカウントを追加する
「選択するオブジェクト名を入力してください」のボックスを確認
アカウント名が間違っていなければ「OK」をクリックして、この画面を閉じます。
アクセス許可の画面、追加をクリック
追加したアカウントに許可の設定
  • 追加したアカウント名をクリックして選択します。
  • 「許可」の、全てのチェックボックスにチェックマークを入れます。
  • 「適用」をクリックします。
追加したアカウントの許可を全てマークを入れ適用をクリック
これで、アクセスを許可するアカウントの追加は完了です。
次に所有者の変更に進みます。


所有者を変更する


「詳細設定」をクリックします。
詳細設定をクリック
「セキュリティの詳細設定」の画面が開きますので「アクセス許可の変更」をクリックします。
セキュリティタブをクリックし、編集をクリック
「所有者」の名前の後ろにある「変更」をクリックします。
アクセス許可の画面、追加をクリック
変更するアカウントを選択
※この内容は「アカウントを追加する」と同じ操作です。
  • 「検索」をクリックすると「検索結果」のボックスに、アカウントが表示されます。
  • 「検索結果ボックス」内で、現在サインインしているアカウントを探し、クリックして選択します。
  • 選択が完了すれば「OK」をクリックして、この画面を閉じます。
アクセス許可の、アカウントを追加する
「選択するオブジェクト名を入力してください」のボックスを確認
アカウント名が間違っていなければ「OK」をクリックして、この画面を閉じます。
アクセス許可の画面、追加をクリック
所有者変更の実行
  • 「所有者」の名前が変更されていることを確認します。
  • 「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」のチェックボックスにチェックマークをいれます。
  • 「OK」をクリックして実行します。
アクセス許可の画面、追加をクリック
いくつか警告画面が表示されますが、全て「はい」をクリックします。
「所有権の変更」で「キャンセル」をクリックしないでください。
※ 下図は参考用です。環境により、警告の表示内容が違います。
アクセス許可の画面、追加をクリック
これで、削除したいフォルダーデーターなどが「アクセスが拒否されました」と表示されずに、削除できます。
削除を実行した際に、警告画面が表示された場合「はい」をクリックしてください。



スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ