パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 壁紙が変更できないときの確認と対処方法

Last update

Windows10 の壁紙が変更できないときは、視覚ディスプレイの設定を確認をします。設定に問題がないけどまだ壁紙が変更できない場合は、レジストリの編集で初期値の壁紙に戻した後に壁紙が変更できる場合があります。  このページでは、壁紙が変更できないときの対処方法を紹介しています。
壁紙の画像の変更や単色にする方法、設定などは下記のページをご覧ください。
Windows10 の壁紙の変更と設定

スポンサーリンク

-広告リンク-

壁紙が変更できないときの確認と対処法

グループポリシーによる規制
企業などの組織で使用しているパソコンであれば、「グループポリシー」Windows の利用ルールの設定により、壁紙を変更できないようにしている可能性もあります。この場合は「グループポリシー」の設定をした管理者に問い合わせてください。
グループポリシーによる壁紙の変更不可の設定
※グループポリシー機能は、標準では「Home版」での利用はできません。

視覚ディスプレイの設定の確認


視覚ディスプレイの最適化の設定で、背景の削除が設定がされている場合があるので確認します。確認はコントロールパネルから行います  コントロールパネルを開く
「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルが開いたら「視覚ディスプレイの最適化」をクリックします。
スライドショーの画像の切り替え間隔を設定する  背景のイメージを削除しますに、チェックマークが入っているなら、クリックしてチェックマークを外し「適用」または「OK」をクリックします。
スライドショーの画像の切り替え間隔を設定する  この問題ではない場合は、次項の「現在の壁紙を削除」または「レジストリーの編集で対処する」を参考にしてください。

現在の壁紙を削除してリセット


現在設定している壁紙に関するファイルを削除して、パソコンを再起動すると壁紙が変更できるようになる場合があります。
壁紙に関するファイルは隠しフォルダになっているので、表示させる設定が必要です。アドレスボックスから開く場合は必要ありません。  アドレスボックスから開く
エクスプローラーのアドレスボックスに、下記パスを入力し「Enter」キーを押します。
%AppData%¥Microsoft¥Windows¥Themes
ユーザーの壁紙の場所をアドレスボックスから開く  エクスプローラーから開く
先に隠しファイルを表示する設定をします。
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
※エクスプローラーを一旦閉じて、再度開けば隠しファイルを表示できます。
隠しファイルの表示設定  名前横の「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • 〉ローカルディスク(C:)
  • 〉ユーザー(Users)
  • 〉ユーザー名
  • 〉AppData
  • 〉Roaming
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
と展開し「Themes」をクリックします。
Windows10 ユーザーの壁紙の場所
  • 「Themes」フォルダ内の「TranscodedWallpaper」を削除します。
    Windows10 ユーザーの壁紙を削除
  • 「Themes」フォルダ内に「CachedFiles」がある場合、フォルダ内の壁紙のキャッシュファイルを削除します。
    Windows10 ユーザーのキャッシュ壁紙を削除
  • パソコンを再起動して、画像の変更ができるようになったか確認します。

レジストリーの編集で壁紙をリセット


レジストリーの編集で、壁紙の画像設定(Path)を初期値に戻した後に、パソコンを再起動すると壁紙が変更できるようになる場合があります。
※「Path」とは、ディスク名(例 C:)からのファイルやフォルダの場所のことです。 
レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
操作に自信がなければ編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元
レジストリーエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く

レジストリーエディターが開いたら、キー名の「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • 〉HKEY_CURRENT_USER
  • 〉Control Pane
と展開し Desktop をクリックします。
壁紙の設定レジストリー  レジストリーの編集
WallPaper」を右クリックしたメニューの「修正」をクリックします。
壁紙のレジストリーを開く 
  • 「文字列の編集」の画面が表示されたら「値のデーター」を変更します。
  • 値のデーターを下記赤文字の初期値の Path に変更します。
    C:¥Windows¥Web¥Wallpaper¥Windows¥img0.jpg
初期値の画像は、ブルーの背景の右側にWindowsマークがあるものです。
レジストリーの編集で壁紙を変更
入力内容を確認して「OK」をクリックすれば、レジストリの編集は完了です。
パソコンを再起動して、画像の変更ができるようになったか確認します。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
このページは、解説部分のみの印刷ができます。