PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます



スポンサーリンク

Windows 10 のデスクトップの壁紙を変更するカスタマイズの方法や、壁紙が表示できないど、壁紙に関する解説です。
デスクトップの壁紙とは、パソコンを使用しているときの画面の背景のことをいいます。
たまに Windows 10 を使っている方から、壁紙が勝手に勝手に変わると聞かされますが、その壁紙は「ロック画面」のものですね。
「ロック画面」と「デスクトップ画面」の壁紙は、個別に設定することになっています。
ロック画面とは、Window のサインイン前の画面、パソコンを定められてた時間なにも操作しない、離席時に手動でパソコンロックするなどで、表示される画面です。
ロック画面の壁紙の変更などは、ロック画面の画像や表示形式を変更をご覧ください。


壁紙のサイズ


壁紙のサイズはサイズが極端に小さくなければ、表示の「調整方法を選ぶ」の設定で、画面のサイズに合わしたり、拡大したりできますで、それほど気にしなくとも使えます。
※「調整方法を選ぶ」の詳細は、「デスクトップの壁紙を変更する」で解説しています。
壁紙を画面いっぱいに表示するのであれば、壁紙のサイズはディスプレイのサイズに近いほうが、より綺麗に表示されます。

ディスプレイのサイズの確認の方法

デスクトップの何もないところを、右クリックします。
メニューの「ディスプレイの設定」をクリックします。
ディスプレイの設定を開く

ディスプレイの設定画面にある「解像度」が、ディスプレイのサイズです。
サイズの単位は、写真などで標準的に使う単位の「ピクセル(pixel)」です。
ディスプレイの設定の解像度がディスプレイのサイズ


壁紙に使えるファイルの種類


壁紙に使えるファイルの種類は、何を使っても良いわけではありません。簡単に言えば、画像データファイルのみ使用できます
動画ファイルや、パワーポイントのファイルなどは使えません。

壁紙に使えるファイル「拡張子」

※拡張子とは、ファイル名の最後の「.」の後にある英字です。
.jpg .jpeg .bmp .dib png .jfif .jpe .gif .tif .tiff .wdp
Windows の初期設定では、拡張子は表示されていません。
拡張子を表示するには、ファイルの拡張子を表示する方法をご覧ください。


壁紙の場所


Window のデフォルトの壁紙が保存されいる場所は「C:\Windows\Web\Wallpaper」です。
「Wallpaper フォルダー」には、更に「Windows」「Windows 10」「花」のフォルダーがあり、それらにデフォルトの壁紙が保存されています。
好きな画像に変更した場合の壁紙の保存場所は、変更時に選択した画像が置いてあった場所です。
例えば、その画像を移動したり削除したりすれば、変更した壁紙は表示できなくなります。 好きな画像に変更しても、Window のデフォルトの壁紙が保存されいる場所には、保存されません。


壁紙の設定画面を開く


Windows の設定の「背景」が壁紙の設定場所になります。
1.Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く

2.設定ウインドが開きますので「個人用設定」をクリックします。
設定ウインド「個人用設定」をクリック

3.左メニューの「背景」をクリックすれば、壁紙の設定画面を開くことができます。
壁紙の設定画面を開く


デスクトップの壁紙を単色に変更する


1.「背景」の選択メニューをクリックし展開し「単色」をクリックします。
デスクトップの壁紙を単色に設定

2.「単色」をクリックすると、上部に表示されている、デスクトップのプレビューが単色に変わり、下部に色の選択ができるように表示されます。
デスクトップの壁紙を単色に設定

3.「背景色の選択」にある色のタイルをクリックすると、選択された色に変更されます。
デスクトップの壁紙を単色の色を変更

自分で色を作る場合は「カスタム色」をクリックして、色の作成画面を開きます。
作成中の色は、左側の長方形のボックスにリアルタイムで表示されます。
色の作成が終了すれば「完了」クリックします。
デスクトップの壁紙を単色の色を自分で作成


デスクトップの壁紙の写真を変更する


1.「背景」の選択メニューをクリックし展開し「画像」をクリックします。
デスクトップの壁紙を画像に設定

2.「画像」をクリックすると、上部に表示されている、デスクトップのプレビューが画像に変わり、下部に画像の選択ができるように表示されます。
デスクトップの壁紙を画像に設定

3.「画像を選んでください」の画像をクリックすると、選択された画像に変更されます。
デスクトップの壁紙の画像を変更

好きな写真や画像をに変更する場合は「参照」をクリックして、予め保存してある場所へ移動して、目的の画像をクリックして選択します。
デスクトップの壁紙を好きな画像に変更

「画像を選ぶ」をクリックすると、画像の選択画面が閉じられ、デスクトップの壁紙とプレビューが選択した画像に変わります。
この方法で、いつでも好きなようにデスクトップの壁紙が、自由に変更ができます。
デスクトップの壁紙を好きな画像に変更した状態

壁紙の表示方法「調整方法を選ぶ」

壁紙のサイズが小さくて拡大すると画質がおちてみづらい、画像の縦横の比率が合わないが、写真の全景を表示したいなどの調整します。
各項目は説明をしていますが、調整を実行しても壁紙の画像が壊れることもありませんので、とりあえず実行してみるほうがわかりやすいでしょう。

ページ幅に合わせる

画像のサイズがディスプレイのサイズとは違う場合、Windows 側が拡大や縮小の調整をして表示します。
表示された際に、画像の中央が、画面の中央にこないなどズレることがありますが、これは仕様なので、画像自体を編集しない限り、自分では調整できません。

画像のサイズに合わせる

画像が横長なら、横方向は画面いっぱいに、拡大または縮小されて表示されるが、画像のサイズにより縦方向は隙間があいたり、切れたりすることがあります。
縦長なら、左右が切れた状態で壁紙が表示されます。

拡大して表示

画像サイズの縦横の比率を保たず、縮小または拡大して、画面に合わせた表示にする。
画像サイズ縦横比とディスプレイ縦横比が違う場合、拡大して表示は比率を保たないので、画像が横や縦に縮んだり、伸びたりした表示になります。

並べて表示

この調整は拡大、縮小しません。
通常、画像が小さいときに使う。画像がディスプレイサイズより大きければ、画面に向って右端と右下のはみ出した部分が表示されません。
小さい画像を使えば、画面に向って上側より左詰めで表示されてディスプレイサイズになるまで、何枚も表示されます。

中央に表示

この調整は拡大、縮小しません。
画像がディスプレイより小さければ、画像サイズのまま中央に表示され、サイズが足りない部分は単色になる。
画像がディスプレイより大きければ、画像は中央に表示されはみ出た部分は表示されない。

スパン

複数のディスプレイ環境で使う設定。
通常は、一つ一つのディスプレイに同じ壁紙を表示しますが、「スパン」では複数のディスプレイを一つとみなして表示させる。
「スパン」を使うには、ディスプレイの環境にあった画像サイズの編集をして使います。


デスクトップの壁紙をスライドショーにする


スライドショーの画像の表示方法は、フォルダーを選択して、その中の画像を順に表示していく仕組みです。 まだ、壁紙のスライドショーに使う、画像ファイルが入っているフォルダーが無い場合は、先に作成しておきます。
※スライドショーに設定したフォルダー内の、フォルダーにある画像は表示されません。

1.「背景」の選択メニューをクリックし展開し「スライドショー」をクリックします。
デスクトップの壁紙をスライドショーに設定

2.「参照」をクリックします。
フォルダーの選択画面が表示されますので、目的のフォルダーをクリックし選択し「このフォルダーを選択」をクリックします。
デスクトップの壁紙のスライドショー フォルダーの選択

フォルダーの選択が完了すれば、プレビュー及びデスクトップには、選択したフォルダー内の1枚の画像が表示されます。
「参照」の上には、選択したフォルダー名が表示されます。
選択したフォルダーを、スライドショーに使わない場合は、再度「参照」からフォルダーを選択します。
※この設定画面から、選択したフォルダーをスライドショーに使わないからといって、削除の操作をすることは出来ません。変更する操作のみです。
デスクトップの壁紙のスライドショー フォルダーの選択後の画面

スライドショーの画像の切り替え間隔を設定

スライドショーの画像が切り替わる時間を設定します。
1日は、設定した時間の24時間後に画像が切り替わります。
スライドショーの画像の切り替え間隔を設定する

※「調整方法を選ぶ」は上述の「壁紙の表示方法」をご覧ください。


デスクトップの壁紙が変更できない


レジストリーの編集で、一度画像のパスをデフォルトに戻しパソコンを再起動すると、壁紙が変更できるようになる場合もあります。
レジストリーの編集に自信がない方は、この作業をしないようにしてください。
1.「Windows」マークを右クリックするとメニュが現れますので「ファイル名を指定して実行」をクリックしウインドを開きます。
「ユーザーアカウント制御」の警告ウインドが現れますので、「はい」をクリックします。
ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合はウインドはでません。(UAC無効にする)
ファイル名を指定して実行に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
Windows10 タスクバー検索フォーム レジストリ エディタ

2.レジストリーエディターで下図のように、フォルダーアイコンの横にあるマークをクリックして、ツリーを展開していき「Desktop」へ進みます。
HKEY_CURRENT_USER
Control Pane
Desktop
「Desktop」の右側に表示されている一覧の「WallPaper」を右クリックして、メニューの「修正」をクリックします。
壁紙が変更できない >レジストリーの編集1

3.文字列の編集の画面が開きますので、「値のデーター」を変更します。
値のデーターを「C:\Windows\Web\Wallpaper\Windows\img0.jpg」に変更します。
赤文字をコピーして値のデーターに張り付けてください。(値はデフォルトの画像のパスです)
壁紙が変更できない >レジストリーの編集1
入力内容を確認して「OK」をクリックし画面を閉じます。
開いている、レジストリーエディターを閉じた後、パソコンを再起動して、画像の変更を試してみます。


スポンサーリンク

 

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ