PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 マウスの移動速度などの変更は、コントロールパネルのマウスのプロパティで操作します。
マウスのプロパティでは、カーソル(ポインター)の移動速やクリックの反応速度、カーソルのアイコンや軌跡の有無、マウスホイールの速度などが設定できます。


スポンサーリンク


マウスのプロパティを開く

「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネル

表示方法の「カテゴリ」をクリックして、「大きいアイコン」をクリックします。
コントロールパネルの表示方法を大きいアイコンに

「マウス」をクリックすると「マウスのプロパティ」が開きます。
コントロールパネル、マウスをクリック
マウスのプロパティ画面
マウスのプロパティ画面


クリック操作に関する設定


マウスのプロパティの「ボタン」タブをクリックします。
マウスのプロパティ、ボタンタブをクリック

ボタンの構成

ボタンの構成は左右のクリックを反転します。左ボタンが右クリック、右ボタンが左クリックになる。
反転させるには、チェックボックスをクリックしてマークを入れます。

※チェックマークを入れると即座に変更されるので、戻したい場合はチェックボックスを右クリックじゃなく「左クリック」して戻します。
変更が完了したら「適用」をクリックします。
マウスのプロパティ、ボタンの構成

ダブルクリックの速度

ダブルクリックの反応速度を変更します。
「速度」のスライドバーを「遅く」または「早く」の方に移動させます。

スライドの変更が完了したら、右側のフォルダーアイコンをダブルクリックして、速度の反応をテストし確認します。
変更が完了したら「適用」をクリックします。
マウスのプロパティ、ダブルクリックの速度


クリックロック

画面の移動や文字列を選択は、通常左クリックしたまま操作します。
「クリックロック」は目的の場所で暫くクリックしていれば、クリックを離しても移動や選択が可能になります。

「クリックロックをオンにする」のチェックボックスにマークを入れると有効になります。「設定」は移動前のクリックしている時間を設定します。
変更が完了したら「適用」をクリックします。
マウスのプロパティ、クリックロック


カーソルのアイコンを変更


マウスのプロパティの「ポインター」タブをクリックします。
マウスのプロパティ、ポインタータブをクリック

デザイン

セレクトメニューをクリックすると、Windows の予め用意されたカーソルのセットが表示されます。
メニューを選択すると、直ぐに横や下にあるカーソルのアイコンが変更されます。
「適用」がクリックするまで、変更は反映されません。。
マウスのプロパティ、デザイン

個々にカーソルのアイコンを変更

カスタマイズボックスにある、カーソルを選択して「参照」をクリックします。
マウスのプロパティ、カスタマイズ

好きなカーソルアイコンを選択して「開く」をクリックします。
「適用」がクリックするまで、変更は反映されません。。
マウスのプロパティ、カーソルのアイコンを変更

「既定の設定」をクリックすると、すべてのアイコンが元に戻ります。
「ポインターの影を有効にする」チェックボックスにマークを入れると、カーソルに影がつきます。
マウスのプロパティ、カーソルのアイコンを変更


マウスの速度や動作の変更



スポンサーリンク

マウスのプロパティの「ポインターオプション」タブをクリックします。
マウスのプロパティ、ポインターオプションタブをクリック

マウスの移動速度

スライドバーを「遅く」または「早く」の方に移動させます。
遅くにスライドさせると、マウスを移動したとき後からカーソルがついてくるようになります。

スライドバーを移動した後すぐに、速度の変更が反映されますので調整します。
変更が完了したら「適用」をクリックします。
マウスのプロパティ、マウスの移動速度

カーソルを自動で既定の場所に移動

「ポインターを自動的に既定のボタン上に移動する」
これはショートカットアイコンなどをクリックしたとき、カーソルが「OK」や「開く」など、自動で既定のボタン上に移動する設定です。
チェックボックスにマークを入れると有効になります。
マウスのプロパティ、カーソルの既定位置へ移動


カーソルの表示状態

ポインターの軌跡を表示する

チェックボックスにマークを入れると、カーソルが移動しているときに軌跡を表示します。
スライドバーで軌跡の表示状態を「短く」または「長く」に設定することができます。
マウスのプロパティ、ポインターの軌跡を表示する

文字の入力中にポインターを非表示にする

文字の入力する場合、通常では「|」の形のカーソルアイコンが点滅しています。
チェックボックスにマークを入れると、文字を入力している最中は、カーソルを表示しないようにできます。
マウスのプロパティ、文字の入力中にポインターを非表示にする

Ctrlキーを押すとポインターの位置を表示する

キーボードの「Ctrl」キーを押すと、カーソルに円が表示され縮小しながら消える。
チェックボックスにマークを入れると、カーソルの位置を素早く知ることができます。
マウスのプロパティ、ポインターの位置を表示する


マウスホイールの速度の変更


マウスのプロパティの「ホイール」タブをクリックします。
マウスのプロパティ、ホイールタブをクリック
マウスホイールの速度の変更は、ホイールのスクロール量を設定します。
水平スクロールに対応しているマウスの場合、そちらも設定ができます。
スクロール量が大きいほど、速度が速くなります。



スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ