PCサポート  

パソブル



Windows 10 キーボードの反応速度を設定する

Last update

Windows 10 キーボードの反応速度の設定は「コントロールパネル」から、キーリピートの間隔及び連続のカーソル移動やバックスペースキーでの削除の速度、カーソルの点滅速度などを設定することができます。
キーボードのプロパティの設定より、もっと反応速度を上げる場合は、レジストリの編集で可能です。


スポンサーリンク


キーボードのプロパティから反応速度を設定する


キーボードのプロパティを開く

「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニューからコントロールパネル
表示方法の「カテゴリ」をクリックして、「大きいアイコン」をクリックします。
コントロールパネルの表示方法を大きいアイコンに
「キーボード」をクリックすると「キーボードのプロパティ」が開きます。
スタートメニューからコントロールパネル
キーボードのプロパティ
キーボードのプロパティ
「このボックス内でキーを押し続けて、文字の入力をしてください」
このボックスに入力することで、設定した反応速度が即座に確認できます。
キーボードのプロパティの反応速度確認ボックス


連続入力が開始されるまでの時間

表示までの待ち時間
「表示までの待ち時間」は、キーボードのキーを押しっぱなしにしたときに、最初の文字は直ぐに入力され、次に連続入力が開始されるまでの時間です。
長く」連続で入力されるまでの開始時間が遅くなります。
短く」連続で入力されるまでの開始時間が早くなります。
この設定は Backspace キーや、方向キーにのように連続で押したまま、使うようなキーにも影響がでます。
キーボードのプロパティ、表示までの待ち時間


連続で入力される速度

表示の間隔
「表示の間隔」は、キーボードのキーを押しっぱなしにしたときに、最初の文字は直ぐに入力され、次の文字が入力されるまでの反応速度です。
遅く」連続で入力されるまでの間隔が「カクカク」といったように遅くなります。
早く」連続で入力されるまでの間隔が早くなります。
この設定も同じく Backspace キーや、方向キーにのように連続で押したまま、使うようなキーにも影響がでます。
キーボードのプロパティ、表示の間隔


カーソルの点滅速度

カーソルの点滅速度の確認は「ボックス」ではできません。
カーソルの確認は、左側に表示されているカーソル()で、即座に確認できます。
なし」にすると点滅せず、カーソル()がずっと表示された状態になります。
速く」カーソルの点滅が早くなります。
この設定も同じく Backspace キーや、方向キーにのように連続で押したまま、使うようなキーにも影響がでます。
キーボードのプロパティ、カーソルの点滅速度


スポンサーリンク

レジストリの編集で更に速度を早める


レジストリエディタを開く

レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く

レジストリで速度を編集

レジストリキー「Keyboard Response」を開く

レジストリエディタの左側メニューのアイコンをクリックして、展開していきます。
▼ HKEY_CURRENT_USER
▼ Control Panel
▼ Accessibility
Keyboard Response と順に展開していきます。
レジストリ ,HKEY_CURRENT_USER¥Control Panel¥Accessibility¥Keyboard Response

編集する値の説明


AutoRepeatDelayキーボードのプロパティの「表示までの待ち時間」
AutoRepeatRate キーボードのプロパティの「表示の間隔」
それぞれ、値のデーターはミリ秒で設定されています。(1秒は1000ミリ秒)
環境により、設定した時間通りにならず誤差がでる場合もあります。
設定例及び初期値:
AutoRepeatDelay:設定例300 初期値1000"
AutoRepeatRate :設定例30 初期値500"

下図は、「AutoRepeatDelay(表示までの待ち時間)」の編集ですが、「AutoRepeatRate」も同じ方法で編集します。
AutoRepeatDelay を右クリックしたメニューの「修正」をクリックします。
表示までの待ち時間の値を開く
「値のデーター」を変更して「OK」をクリックします。
表示までの待ち時間の値を開く
レジストリの編集ですので、反映するには再起動が必要です。
レジストリの編集が完了したら、パソコンを再起動してキーボードの速度を確認します。



スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ