パソブル PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます
ページトップへ移動

Windows10 のセーフモードは再起動で立ち上げる

Last update

Windows10 でセーフモードの起動は、以前の Windows 7 などで操作していた「F8」キーでは起動できません。Windows10 での通常のセーフモードの起動方法は「再起動ボタンと Shitキー」または「Windows の設定の(回復)」から、オプション画面を立上げて、再起動した後にセーフモードを立ち上げます。  セーフモードが起動しない場合は「MSConfig 」から、セーフモードで起動させることもできます。  このページでは、Windows10 をセーフモードで起動する方法を紹介しています。
Windows10 が正常に起動できない状態から、セーフモードを起動させる方法は、下記の別ページをご覧ください。
Windows10 を起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

スポンサーリンク
-広告リンク-

セーフモードで起動させる操作方法


Windows10 をセーフモードで起動させるには、下記のように二通りあり、
  • 設定の更新とセキュリティの「回復」をクリック
  • キーボードの「Shitキー」を押して「再起動ボタン」をクリック
で、オプション画面を立上げて、選択操作をしてから、再起動後にセーフモードで起動させる、手間がかかる仕様になっています。

セーフモード起動のためのオプション画面を起動

セーフモードで起動させるためには、オプション画面を立上げることが必要です。また、オプション画面は三つの方法で立ち上げることができます。 

キーを押して再起動ボタンで起動

「Shit」キーを押したまま「再起動」をクリックします。「お待ちください」と表示された後に、オプション画面が表示されます。
再起動ボタンとキーでオプションを起動 

Windows の設定の回復から起動

Windows の設定の「更新とセキュリティ」を開きます。
「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

Windows の設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ

項目の「回復」をクリックし、回復画面の「PC の起動をカスタイマイズする」にある「今すぐ再起動」をクリックすると、「お待ちください」と表示された後に、オプション画面が表示されます。
設定の回復からオプションを起動  サインイン画面から起動
  • キーボードの『Shift』キーを押したままにします。
  • 「再起動」をクリックします。
    「強制的に再起動」などのメッセージが表示されても『Shift』キーを放さずにクリックして進んでください。
  • 『Shift』キーは押したままで、「お待ちください」表示されたら『Shift』キーを放します。「オプションの選択」の画面が表示されます。
サインイン画面からオプションを起動
オプションからセーフモード起動の操作
オプション画面が表示されたら、次項のオプション画面からセーフモードを起動の操作方法で、再起動した後にセーフモードで起動させます。

オプション画面からセーフモードを起動

セーフモードで立ち上げるには、オプションにて選択操作をした後に再起動し、セーフモードの起動オプションの選択で、ようやく起動することができます。  「オプションの選択」で「トラブルシューティング」をクリックします。
オプションのトラブルシューティングをクリック  「トラブルシューティング」のが表示されたら「詳細オプション」をクリックします。
オプションのトラブルシューティング 詳細オプションを開く  トラブルシューティングの「詳細オプション」の画面で「スタートアップ設定」をクリックします。
オプションのスタートアップ設定をクリック  「スタートアップ設定」画面が表示されるので「再起動」をクリックします。
オプションのスタートアップ設定で再起動をクリック  再起動後に、再度「スタートアップ設定」が表示されます。
これでセーフモードでの起動の準備ができました。
セーフモードの起動
キーボートで「オプション番号」を押せば、直ぐに選択されたオプションでセーフモードが起動します。  セーフモードで起動した画面の背景は真っ黒で、「セーフモード」と表示されています。また、PCの環境により自動で Edgeブラウザが開くこともあります。
セーフモードの画面

セーフモードが起動しない場合


オプションから再起動してセーフモードを起動する、通常の方法で起動しない場合は、「MSConfig のブートの設定」または「パソコンの強制終了」でセーフモードを起動させることもできます。

MSConfig のブートの設定でセーフモードを起動

MSConfig の設定にてセーフモードで起動した場合は、起動オプションは表示されず再起動後すぐにセーフモードが起動します。  MSConfig を開きます。
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「msconfig」と入力し「OK」をクリックします。
Windows10 MSConfigを開く  MSConfig が表示されたら、セーフモードの起動設定をします。
  • 「ブート」タブをクリックします。
  • ブートオプションの「セーフモード」をクリックして、チェックマークを入れます。
  • 「OK」をクリックすると「システム構成」画面が表示されます。
MSConfigセーフモードの起動設定
  • 今すぐ再起動してセーフモードで起動するなら、「再起動」をクリックします。
  • セーフモードの起動を、今すぐでなく次回の起動で立ち上げるなら「再起動しないで終了する」をクリックします。
    ※再起動、またはシャットダウン後の起動が、セーフモードで立ち上がります。
  MSConfig のセーフモードで注意すること
MSConfig の設定にてセーフモードで起動させたば場合、次回から常にセーフモードで起動するようになります。
通常に起動に戻すには、セーフモードで起動中に MSConfig を開いて、セーフモードの設定を解除(チェックマークを外す)必要があります。

パソコンの強制終了でセーフモードを起動

上述の方法で、セーフモードが起動できない場合は、Windows10 を「二回以上」強制終了させて、回復オプションよりセーフモードを立ち上げることもできます。  強制終了からセーフモードを起動する状況は、通常なら Windows10 が正常に起動しないときに実行する方法です。どうしてもセーフモードが起動できないようなら、この方法を試してみてください。  強制終了によるセーフモードを起動させる詳細は、下記のページをご覧ください。
Windows10 を起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法
自動修復 回復オプション
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア