PCサポート  

パソブル



Windows 10 を起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

Last update

Windows 10 が正常に起動しない状態からセーフモードで起動させるるには、起動時に「自動修復」機能を立ち上げてからセーフモードで起動させることができます。
もし「回復ドライブ」があるのなら、自動修復と同様に起動させることが可能です。
このページでは、起動しない状態でセーフモードで起動させる方法を紹介しています。
パソコンが起動しないときの詳しい修復方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 が起動しない、起動が途中で止まるときの復旧方法
パソコンが起動しない原因と対処方法


スポンサーリンク


自動修復を立ち上げる


正常に起動しない Windows10 をセーフモードで起動させるには、強制終了を実行して「自動修復」機能の「トラブルシューティング」から操作を行います。
「回復ドライブ」を作成しているのであれば、同様に回復ドライブの「トラブルシューティング」から、セーフモードを起動させることもできます。
回復ドライブの作成方法と使い方

自動修復の起動
最初にパソコンの電源スイッチを入れ、起動画面が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。

※強制終了は二回以上続けて行う必要があります。
強制終了の電源ボタンの押すタイミングは、起動画面または「くるくる回る」画面が表示されたら、電源ボタンんを長押して電源をきります。
※ パソコンによっては、Windows のロゴが表示されず、メーカのロゴや何も表示されない場合もあります。
※ パソコン本体は起動しているけど、Windows の起動画面すら表示されない場合も「強制終了」を試してみてください。

Windows10 自動修復の起動
強制終了を二回以上続けて行い、「自動修復を準備しています」と表示されれば、自動修復の起動は成功です。
自動修復が起動されると、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されますので、そのまま待ちます。
パソコンの環境により、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
ウインドウズ10 自動修復 起動
「自動修復」の画面が表示されるたら「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション


セーフモードで起動する


「回復ドライブ」の利用でも、ここから同じ操作です。
「オプションの選択」で「トラブルシューティング」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング
「トラブルシューティング」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング 詳細オプションを開く
トラブルシューティングの「詳細オプション」の画面で「スタートアップ設定」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定をクリック
「スタートアップ設定」画面が表示されますので「再起動」をクリックします。
自動修復 スタートアップ設定で再起動をクリック
再起動後に、再度「スタートアップ設定」が表示されます。
これでセーフモードでの起動の準備ができました。
キーボードの5を押し、セーフモードを起動する
セーフモードで起動させるのに幾つかのオプションがありますが、通常よく使われるものを説明します。
  • 3)低解像度ビデをを有効にする
    このオプションは、ディスプレイの表示に問題がある場合に使用します。
  • 4)セーフモードを有効にする
    通常のセーフモードでの起動です。
  • 5)セーフモードとネットワークを有効にする
    このオプションがが最も多く使われています。通常のセーフモードでの起動に加えて、ネットワークのドライバーが有効になりインターネットにも接続ができる。

キーボートで「オプション番号」を押せば、直ぐに選択されたオプションにてセーフモードの起動が開始されます。

セーフモードで修復する
セーフモードで起動すると、ドライバーやセキュリティソフトなどの一部のサービス(自動起動)が無効になります。
このことから Windows は正常に起動しないがセーフモードでは起動できるのなら、パソコンの部品やドライバー、自動起動するソフトなどの問題が考えられます。
セーフモードで修復する方法は下記のようにいくつかあります。

スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ