PCサポート  

パソブル




スポンサーリンク

Windows 10 のタスクバーのアイコンの大きさを変更するには、タスクバーのサイズを小さくします。
通常タスクバーのアイコンだけの、大きさを変えることは出来ません。
タスクバーにピン止めしたアイコンや、ウインド開いたときに表示される、タイトル付きアイコン(ボタン)を小さくして、多く表示したいなど、タスクバーの設定で「小さいタスク バーボタンを使う」を「オン」にします。
逆に大きくしたい場合、設定の初期値は標準サイズに設定されていまが、アイコンの大きさが小さいと思う場合は、設定が「オフ」になっているか確認してみてください。

タスクバーのサイズを設定して、アイコンの大きさを変更する


1. タスクバーの何もないところを右クリックして、メニューの「タスクバーの設定」をクリックすると、タスク バーの設定画面が開きます。
タスクバーを右クリックして、タスクバーの設定を開く

タスクバーを右クリックして、タスクバーの設定画面

2. 「小さいタスク バーボタンを使う」の「オン」「オフ」で設定します。
「オン」にすると、タスクバーのアイコンが小さくなり、高さも低くなります。
全体のサイズの変化は、だいたい三分の一程度に小さくなります。
「オフ」にするとタスクバーやアイコンの大きさは、標準サイズになります。 タスクバーのサイズのサイズを設定「オン」「オフ」する
タスクバーのサイズの比較画像

タスクバーに、もっとたくさんのアイコンやバッジなどを表示したい。
タスクバーの上部にマウスポインターを移動すると、カーソルが「上下矢印」に変わります。
その状態で、マウスを左クリックしたまま上に移動すれば、タスクバーの太さがが変わり、二段三段と表示領域が増えます。
太さを戻す場合は、同様に「上下矢印」になれば、クリックしたまま下に移動します。 マウスでタスクバーの高さを変える

※この方法は「タスクバーをロックする」が「オフ」に設定されていないと出来ません。
タスクバーの設定、またはタスクバーの右クリック メニューから「オフ」にします。
タスクバーをロックをオフにする

Windows 10 のタスクバー関連の設定は、他にもたくさんカスタマイズができます。
Windows 10 のタスクバーに関する設定やカスタマイズは、こちらをご覧ください。


スポンサーリンク

 

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ